スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡市・清水旅行② 静岡浅間神社(’16.10.15~10.16)

 sasama1.jpg
 駿府城公園の後は、駿河国総社 静岡浅間(せんげん)神社に行ってきました。

 ここは入口が2ヶ所あり、神社名も違う名前が書いてあるのであれっ?と思ったのですが、
 神部(かんべ)神社・浅間(あさま)神社(二社同殿)及び大歳御祖(おおとしみおや)神社の三社を総称して、静岡浅間(せんげん)神社だそうです。

 境内にはその三社に加え、麓山(はやま)神社・八千戈(やちほこ)神社・少彦名(すくなひこな)神社・玉鉾(たまぼこ)神社の四社があります。
 なので、見た目は七社なのですが、それぞれ相殿になっていて実際は四十社・56の神々が祀られているそうです。
 たくさんの神さまがいらっしゃってちょっと紹介しきれませんので、建物の写真をちょこっと載せておきます。

 sasama2.jpg
 大歳御祖神社です。
 浅間通りの入口から入って最初に見える神社です。
 
 応神天皇の時代(約1700年前)の創始と伝えられています。
 静岡浅間神社は、H26年からH45年まで20年かけて大改修をされるみたいで、こちらの大歳御祖神社も50年に1度の本殿改修工事中でした。
 ほぼ出来上がっており、H28年12月3日に本殿遷座祭が行われ、神様がお戻りになられるみたいです。

 sasama3.jpg
 八千戈神社です。
 徳川家康の念持仏であった摩利支天像を安置するために造営されたのですが、
明治初年の神仏分離に際して、摩利支天は葵区大岩の臨済寺に遷され、八千戈神社となったそうです。

 sasama4.jpg
 行った日はたまたま例祭の日でして、普段は昇殿することはできないのですが、昇殿してお参りすることができました。
 ひとりひとりこのような黄色の衣装をはおり、お祓いを受け、玉串をお供えして参拝させていただきます。
 ちょっと厳かな気分になれますね。

 写真は撮ることはできませんでしたが、東照宮様式の装飾というか彫刻が見事でした。

 sasama5.jpg
 こちらは浅間・神部神社の舞殿です。

 sasama6.jpg
 そして大拝殿です。
 楼閣造りで、高さ25mあり、殿内は132畳敷きの広さがあるそうです。
 中は入れなかったのですが、天井は十間の格天井となり、その各間に狩野栄信・狩野寛信の「八方睨みの龍」、「迦陵頻伽」、「天人」の天井絵が描かれているそうです。
 狩野派の絵、見たかったなぁ。

 sasama7.jpg sasama8.jpg
 朱・黒・金、派手ですが美しいですよね。
 壁にびっしりの彫刻もすごいです。

 sasama14.jpg
 伝左甚五郎作の神馬もいました。
 この神馬は叶え馬とも呼ばれ、お願いをしたら叶えてくださるそうですよ。
 なかなかかわいい目をしていました。

 sasama9.jpg
 少彦名神社は完全に工事中で、ほろがかぶせられていました。

 sasama10.jpg
 玉鉾神社です。
 本居宣長や平田篤胤など、四大国学者が祀られています。
 珍しいですよね。

 sasama11.jpg
 麓山神社です。
 こちらは階段をのぼって上にあります。
 ちょっと気力が要ります(笑)。

      sasama13.jpg
 御朱印をいただきました。
 わかりやすく、しっかりした字で書いていただきました。

 sasama12.jpg
 境内に静岡市文化財資料館もあります(200円)。
 10月22日から始まる企画展が面白そうですが、残念ながらまだ始まっておらず常設展示でした。
 駿府城公園の家康像をはじめ、iいろんな資料が展示されていました。

 いや~、想像していたのと違って、盛り沢山の神社でした。
 とくに八千戈神社の例祭で、昇殿して参拝できたのはラッキーでしたね。
 蟇股彫刻などがすごかったです。
 
 静岡浅間神社、訪れて良かったです。

駿河国総社 静岡浅間神社
 住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1 TEL:054-245-1820(代)

静岡市文化財資料館
 住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1 TEL:054-245-3500
 開館時間:9時~16時半 休館日:月曜日(祝日の場合は開館)

静岡市・清水旅行① 駿府城(’16.10.15~10.16)

 sunpuc1.jpg
 先月になりますが、静岡市に遊びに行ってきました。
 静岡県って大昔に行ったきりで、最近は行った記憶がなかったので、今回は趣味の展覧会巡りも兼ねて旅行に行ってきたのですが、予想以上に楽しかったです!
 少しずつですが、何回かに分けて紹介しようと思います。

 最初に行ったところは美味しいマグロ丼のお店だったのですがそれはまた後日にして、駿府城から始めます。
 徳川家康は、今川義元の人質時代に12年間、豊臣秀吉から関東に移封されるまでの4年間、将軍を引退してから亡くなるまでの9年間の約25年間駿府に住んでいたそうです。
 その後、駿府城は火事や地震で何回も壊れたり修復されたりしますが、天守閣は寛永12年(1635年)の火事で焼失して以来再建はされていません。
 現在は発掘調査中です。

 sunpuc2.jpg
 こちらは平成26年(2014)に復元された坤櫓(ひつじさるやぐら)です(入場料100円)。
 城の南西に位置する櫓です。
 外見は2階建てに見えますが、内側は3階建てです。
 内部は木組みだけですが、まだ新しくて木の匂いがしてました。
 駿府城についての映像も見せてくれますので、駿府城の基本的なことがわかりますし、係りの人も親切に説明してくださいます。
 櫓の入口のところから振り返ると、富士山がきれいに見えますよ。

 sunpuc3.jpg
 鷹狩りが好きだった家康像です。
 大御所時代の家康の姿を表しているそうです。
 恰幅いいですね。

 sunpuc4.jpg
 こちらは紅葉山庭園の入口です(入園料150円)。

 sunpuc5.jpg
 このお庭、池泉回遊式庭園できれいでしたよ~。

 sunpuc7.jpg
 鴨も気持ち良さそうに日向ぼっこしてました。

 sunpc6.jpg
 ここは富士山を模しているみたいです。
 この日はお天気も良く、本当に落ち着く気持ちの良いお庭でした。

 sunpuc8.jpg
 東御門(ひがしごもん)と巽櫓(たつみやぐら)の入口です(入場料200円)。
 L字型の櫓で、駿府城の中で要の櫓だったみたいです。

 sunpuc9.jpg 
 中は資料館になっています。

 sunpc10.jpg
 これが駿府城の模型です。
 3重の堀に囲まれた堅牢なお城だったのですね。

 sunpc11.jpg
 戦乱時は武器庫であったり城を守るため武士が常駐する櫓や門でしたが、平和になった江戸時代ではあまり用をなさなくなり、城主を置かず城代が城を守っていました。
 江戸幕府終焉後、徳川慶喜の養嗣子の徳川家達(いえさと)が静岡藩主として駿府城に移ります。
 その後、家達が東京に移り、時代が進み戦争により軍基地に改造するため破壊されましたが、現在、櫓や東御門が復元されました。
 静岡県民にとって、駿府城は家康への敬慕を形に表したシンボルなのだと思いました。

駿府城公園
 住所:静岡市葵区駿府城公園1-1
 各施設開館時間:9時~16時半(入園は16時まで) 
 駿府城公園全施設(東御門・巽櫓、坤櫓、紅葉山庭園)共通券:360円
 休館日:月曜日(祝日、休日にあたる場合は休館振替無しで営業)、年末年始(12月29日~1月3日)

京都迎賓館&廬山寺

 懇意にさせていただいているブロガーのhirorinさんが京都迎賓館に行かれたとのことで、そのブログ記事を読んで私も行きたくなり思い立って行ってきました。

 geiro1.jpg
 京都迎賓館は京都御苑の中にあり、以前は事前申し込みのみだったのですが、現在は事前申し込みに加え当日受付でも見学できます。
 当日受付は11時から先着順で整理券配布という形になっています。
 参観方式は自由参観とガイドツアーがあり、時期によって参観方式が違うみたいですが、私が行った日は自由参観(参観料は1000円)でした。
 参観に関しては京都迎賓館のHPを参考にして下さいね。

 中に入るとまず最初に地下の駐車場に行き、手荷物検査をされます。
 そして貴重品以外はロッカーに荷物を入れるように指示されますので、貴重品を入れるミニバッグのようなものを持っていくことをお勧めします。 
 そしていよいよ迎賓館の中に入ります。

 geiro2.jpg
 日本家屋の中は、ロビーとして使われる「聚楽の間」、晩餐会の待合として使われる「夕映えの間」、京都迎賓館で最も大きくメイン会場として使われる「藤の間」、和の晩餐室である「桐の間」があります。
 どこも細部まで凝っています。
 桐の間は和室なのですが、近くに行くだけでイ草の良い香りがしていました。

 geiro3.jpg
 お庭がきれいなのです。
 廊橋を挟んで、池の水深が変わっています。

 geiro4.jpg
 こちらは深い方のお庭です。
 舟も置いてあり、舟遊びもできるようになっていました。

 geiro5.jpg
 廊橋の天井の4隅には虫の透かし彫りがあります。
 ちなみに写真はコオロギです。

 geiro6.jpg
 こちらは五世早川尚古斎の竹工芸です。
 
 調度品はどれも人間国宝か人間国宝級の現代の作家さんの作品でした。

 geiro17.jpg 
 華美ではありませんが、さりげなく細かいところに伝統工芸の技を贅沢にふんだんに使っているところが京都らしく粋でした。
 この迎賓館の良さを感じられる日本人で良かったなぁと思いました。

 geiro8.jpg
 迎賓館を出て出町柳駅までの帰りしな歩いていると、廬山寺(ろざんじ)の前に「桔梗 咲いています」という看板が。
 前はよく通るのですが、拝観はしたことがなかったので入ってみることにしました。
 拝観料は500円です。

 geiro9.jpg
 廬山寺は天台系圓浄宗の大本山で、正式名は廬山天台講寺(ろざんてんだいこうじ)です。
 開基は元三大師・慈恵大師良源で、御本尊は阿弥陀三尊座像です。
 この地は紫式部の邸宅跡として知られています。

 geiro10.jpg
 源氏の庭です。
 白砂と苔のお庭です。

 geiro11.jpg 
 桔梗って向日葵のように太陽に向かって咲くのですね。
 本堂からだと桔梗の花の後ろからしか見えません。
 しかも遠いので、デジカメでは花のアップは難しかったです。
 ここは花だけでなく、お庭と桔梗の調和を楽しむ場所なのですね。

 本堂の中は撮影禁止でしたが、御本尊の阿弥陀三尊像は坐像ですが来迎形で優しげでした。
 紫式部ゆかりの地だけあり、中には源氏物語を描いた御室焼きの小さな茶碗の「源氏語り絵碗」などが展示されていました。
 かわいかったですよ。

 geiro12.jpg
 境内には池田遥邨の筆塚もありました。
 どんな関係でここに筆塚があるのかは不明でしたけれど。

 geiro13.jpg
 御朱印は4種類あったのですが、その内の2種類をいただきました。

 元三大師さまの御朱印は角大師の印です。
 おみくじの元祖である元三大師のおみくじもありましたが、今は迷い事が多くてこわくてひけませんでした。
 元三大師のおみくじは今までに何回かひいたことがあるのですが、よく当たるのです。
 なので元三大師以外のおみくじはひかなくなりましたねぇ。

 大師堂に元三大師像が安置されているそうですが、閉帳されていて残念ながら拝顔することはできませんでした。
 いつかお目にかかりたいものです。

 geiro14.jpg
 この日はものすごく暑くて、迎賓館と廬山寺を拝観しただけでフラフラになりました。
 出町柳のいせはんでかき氷を食べることにしました。

 geiro15.jpg
 あまりに暑くて甘いものも食べる気がおこらなかったので、あっさりとしてそうな季節限定のすだち氷(750円)を注文。
 さっぱりとして美味しい!
 干からびた体内に冷たい氷が行き渡り、生き返ったような気分になりました。

 夏の京都は目眩がしそうなほど暑かったですが、充実した1日になりました。
 でも、やっぱり夏の京都は恐るべし!侮るべからずです(笑)。

京都迎賓館

廬山寺

茶房いせはん

大阪 枚方T-SITE('16.6.25)

 tsite1.jpg
 京阪枚方市駅に隣接していた近鉄百貨店の跡地に、蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設「枚方T-SITE」ができましたので、京阪電車に乗って行ってきました
 実は枚方(ひらかた)市はTSUTAYAさんの創業の地なんです。
 TSUTAYAさんの凱旋というところでしょうか

 tsite2.jpg
 内部はちょっと写真が撮りにくかったので良い写真はないのですが、背の高い大きな本棚は見るだけでもワクワクして本好きにはたまりません
 椅子も用意してあり、座って本を見ることができます。
 もちろん購入可です。
 本だけでなく、雑貨やレストランもあります。

 tsite3.jpg
 食事は8階の「MEAL TOGETHER ROOF TERRACE」というお店が人気なのか並んでました。
 でもあまり並びたくなかったので、私たちは1階の「フジマル食堂」というワイン食堂に入りました。

 主なランチメニューは、パスタランチ1000円(税抜き)、オープンサンド900円(税抜き)、パスタランチのサラダが前菜の盛り合わせになったセット1300円(税抜き)です。
 私たちはパスタランチをチョイス

 tsite4.jpg
 こちらがサラダとパンです。
 グリーンサラダはたっぷりの量で嬉しいですね。

 tsite5.jpg
 パンは、これは1人分ではありません。
 1人1切れなので2人分です。
 でも、有名なル・シュクレクールさんのバゲットです。
 熱々で、外側のパリっと感と内側のモチっと感が美味しい♪
 それに味が濃い。
 酸味と香ばしさのバランスが良いです。
 もっと食べたーい

 tsite6.jpg tsite7.jpg
 メインのパスタは、左が生ハムとモロッコいんげんのクリームパスタ。
 右がサーモンとオリーブのトマトパスタです。
 クリームパスタは結構濃厚です。
 トマトパスタはすっきりいただけます。
 どちらも量は女子好みですけどね。
 プラス200円で大盛りもできます。

 1階には美味しそうなパン屋さんやアイスバーのお店など気になるショップもあったのですが、どこも結構なお値段
 この日は雨も降り、そんなに暑くなかったので、アイスはまたの機会に(笑)。

tsite8.jpg tsite9.jpg
 その代わりではないですが、蔦屋書店限定で売っていた深蒸し煎茶のティーパック1500円(税抜き)を購入。
 煎茶、焙じ茶、白ぶどう茶の試飲をしていたのですが、どれも美味しかったです。
 でも今回は、どんな場面でも美味しくいただける煎茶にしました。
 箱に入っていたので中身はわからなかったのですが、容器も上品でしたよ

 tsite10.jpg
 8階からの景色です。
 ちょっと見えないかもしれませんが、下は京阪枚方駅です。
 枚方も以前は田舎だったのですが、これからおしゃれに変身していくかもしれませんね

 写真はありませんが、お茶のお供にジョフランのシュークリームを買って帰りました。
 ここのシュークリームはクリームたっぷりで美味しいのです
 久々に来たのですが、値段が以前と同じ100円で感動しました。
 さすがはジョフラン、その心意気が素敵です

 雨が強くなってきたからか、すごい人になってきたので帰りましたが、長居したくなるような場所でした。
 楽しかったです

枚方T-SITE

岐阜県 大垣散策('16.4.2)

 ほんと、ブログねたはものすごく溜まっているのに、記事はなかなか書けませんねぇ
 私だけかもしれませんけど

 もう気温は初夏のようになってきましたが、根尾に行った時、大垣観光もしてきましたので記録しておくことにします。
 いつもは多い薀蓄は少なく、写真中心で(笑)。

 今回は、大垣市内の観光名所6ヶ所が無料で入れる「ぷらっと大垣通行手形」(500円)を購入して周ってきました。
 この手形は期間限定の発売みたいですが、観光案内所であるかどうか聞いてみてくださいね。

 ogaki1.jpg 
 まず最初は、大垣城と大垣公園です。
 関ケ原の戦いでは石田三成の本拠地にもなったお城で、4層の天守が珍しいそうです。
 銅像は大垣藩初代藩主の戸田氏鉄公です。
 お城の中も通行手形で無料で入れますよ。

 ogaki2.jpg
 こちらは、大津市郷土館です。
 大垣市の歴史や文化などを紹介されています。
 この時の展覧会は「錦絵と引札展」で、浮世絵好きの私としてはうれしい展示でした

 ogaki3.jpg
 そしてここは中の展示だけでなく、お庭も良かったです。
 とくに春はしだれ桜が美しかったです

 ogaki4.jpg
 今回の大垣観光で、私が一番楽しみにしていたのが「大垣市守屋多々志美術館」です。
 「花を愛でる春を愛す」展('16.3.19~5.15まで)が開催されていましたが、この展覧会ものすごく良かったです
 その場を離れがたくなる作品にも出会うことができましたし、かわいい源氏物語の絵も観ることができました
 花のスケッチも良かったなぁ
 2ヶ月に1回展示替えをされるそうですが、毎回観に行きたいと思うぐらい。
 ちょっと遠いので、実際には頻回に行くのは難しそうですが。
 期待通りの美術館でした

 ogaki5.jpg
 こちらは美濃路大垣宿本陣跡です。
 開館時間に間に合わず、中に入れなかったので外から写真を撮ったのみです。

 ogaki6.jpg
 桜の季節には舟下り、舟下りが終わった後はGWまでの土日祝に予約制で期間限定ですが、たらい舟も乗れるみたいです。
 桜満開の時の舟下り、すごくきれいそうで乗りたかったのですが、もう予約でいっぱいで乗れませんでした。
 残念。

 垣駅前東の錦町愛宕神社から俳聖松尾芭蕉の「奥の細道むすびの地」を終点に総延長2,2kmの水門川遊歩道の「四季の路」は、桜がすごくきれいですし、大人がストレッチできる遊具や芭蕉の句碑があったりして気持ち良く散策できます

 ogaki7.jpg
 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた場所を記念した「奥の細道むすびの地記念館」です。
 芭蕉と親交があった俳人の谷木因(たに ぼくいん)の邸跡に建てられているそうです。
 芭蕉や奥の細道のことだけでなく、大垣の歴史や文化・芸術を築き上げた幕末の先賢について紹介したコーナーもありました。

 ogaki8.jpg
 こちらは大垣藩の藩老小原鉄心の別荘「無何有荘」が移築されています。
 近くにも寄れず、記念館の建物の中から外観を見るだけです。
 和風の建物ですが、中国風な意匠も取り入れられています。

 ogaki9.jpg
 駅までの帰りしな、八幡神社に寄りました。

 ogaki10.jpg
 大垣は地下水が豊富みたいで、湧き水を汲めるところがたくさんあります。
 こちらもその1つで、「大垣の湧水」です。
 飲んでみると、まろやかで柔らかいおいしいお水でした。
 疲れた体に染み渡りました
 
 今回入った施設は、全部ぷらっと大垣通行手形で無料で行けました。
 大垣には初めて行ったのですが、楽しかったです。
 また行きたいと思います

大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」 
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。