とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

京都 長岡京市ドライブ②楊谷寺・乗願寺('15.5.1)

 yokokuji1.jpg
 乙訓寺を出発して次に向かったのは、楊谷寺(ようこくじ)です。
 柳谷(やなぎだに)観音さんとも呼ばれています。
 このお寺、以前から一度行きたいと思っていたのですが、電車やバスで行くには交通アクセスが悪く今まで行けなかったのです。
 今回は車で連れて行ってもらいました
 
 お寺に着くと、父が昔私を連れて来たことがあると言うではありませんか
 実は私、子どもの頃、長岡京市に住んでいまして、その時に連れて来てくれたみたいです。
 私は全然覚えてなくて、まだ行ったことがないお寺と認識していました。

 yokokuji2.jpg
 写真ではわかりにくいですが、山門で出迎えてくださるのは、仁王さまではなく風神・雷神さまです。

 楊谷寺は、山号が立願山(りゅうがんざん)、御本尊を十一面千手千眼観世音菩薩像とする西山浄土宗のお寺です。
 開基は京都の清水寺の開祖・延鎮僧都だそうです。
 清水寺の時と同様に、延鎮僧都が夢のお告げによりこの地に来て、柳生い茂る中から観音さまを見つけられ、堂宇を建てられたのが始まりとされています。

 yokokuji3.jpg yokokuji4.jpg
 本堂の前に狛犬さんがいました。
 なかなかかわいい狛犬です。

 yokokuji5.jpg
 本堂は江戸時代江戸時代前期に建立されたものだそうです。
 中には御本尊の十一面千手千眼観世音菩薩さまがいらっしゃるのですが、シールドがありお顔を見ることはできません。
 毎月17日、18日にはご開帳されるようです。

 yokokuji6.jpg yokokuji15.jpg
 木鼻には象と獏が彫られています。
 どちらが象でどちらが獏かはちょっとわかりません。
 でも、夢告により創建されたお寺ですので、獏の彫り物はぴったりかもしれませんね

 yokokuji7.jpg
 こちらは独鈷水(おこうずい)です。
 延鎮僧都が清水寺に戻られた後、乙訓寺の別当をしていた弘法大師空海がこちらのお寺に度々参拝されていたそうです。
 その時に、堂の傍らにある湧き水を独鈷でもって深く掘り下げ、祈祷をもって眼病平癒の霊水にされたそうです。
 江戸時代、霊元天皇がこのお水で眼病を治癒されたとのことで、今でも眼病に、更には癌病にご利益があるとされています。

 少しずつしか溜められないので、横に水道水がひいてあり、コップを洗ったりするのは水道で、独鈷水は自分に必要な分だけを大切にいただくというのが流儀だそうです。 
 せっかくなので私もちょっとお水をいただきましたが、まろやかで美味しいお水でした。

 yokokuji8.jpg
 こちらは心琴窟です。
 いわゆる水琴窟のことですが、こちらでは心琴窟と命名されています。
 傍を通るだけで涼やかな音が聞こえて来ました

 yokokuji9.jpg
 お庭の新緑がきれいです
 奥之院までの回廊の横には紫陽花が植えられ、紫陽花の季節もすごくきれいそうですよ。

 yokokuji10.jpg
 奥之院です。
 中御門天皇が御両親の追善菩提のために造られたのが奥之院の観音様だそうです。
 向かって左側には、小ぶりながら観音様の眷属である二十八武衆がずらりと並んでられました。

 yokokuji11.jpg
 こちらも静かで落ち着いたお寺で、連れて行ってもらえて良かったです。
 毎月17日のご縁日には御開帳されますし、この日だけは阪急西山天王山駅東口、JR長岡京駅西口から送迎バスが出るみたいなので、またいつか17日に行きたいと思います

 今回のドライブに行く前に少し長岡京市観光協会のHPを見ていたら、浄土谷の大仏さんと書かれているお寺があり、見たい!と思ったのですが、地図を見たら山の中にポツンとあり、これは道すらわからないから行けないなと思ってました。
 そしたら楊谷寺から市街に戻りしなに分岐点があり、そこに案内板があるじゃないですか!
 父に頼んで表示の方に行ってもらいました

 yokokuji12.jpg
 乗願寺(じょうがんじ)です。
 西山浄土宗光明寺の末寺だそうです。
 開基は恵心僧都で、この地で修行中に阿弥陀さまの来降を拝み、そのお姿を写して仏像を刻み草庵を結んだのが始まりとされています。

 yokokuji13.jpg
 小さなお堂の中には、像高2.8Mのすごく立派な阿弥陀さまが座っておられました。
 大きいですが、優しそうな阿弥陀さまでしたよ

 yokokuji14.jpg
 車でないと来るのは難しいので、今回お会いできたのは仏縁だと思いました。
 本当に良かったです
 連れて行ってくれた父にも感謝・感謝です
 
楊谷寺
 住所:京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2 TEL:075-956-0017
 入山時間:9時~17時

乗願寺
 住所:京都府長岡京市浄土谷宮ノ谷4 TEL:075-957-4148

長岡京市観光協会のHP

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 長岡京市ドライブ①乙訓寺('15.5.1)

 今年は長期連休となったGWもいよいよ残りわずか。
 あー、終わらないでほしい・・・

 otokuni2.jpg
 GWのはじめの方に、父に長岡京市までドライブに連れて行ってもらいました
 まず最初は乙訓寺(おとくにでら)です。

 乙訓寺は、推古天皇の勅願により聖徳太子が建立したといわれている真言宗豊山派のお寺で、山号は大慈山(だいじざん)、御本尊は八幡神と弘法大師の合体大師像です。
 早良親王が幽閉された場所でもあり、空海が別当を務めたお寺でもあります。
 最澄がこちらに訪ねられ、空海と法論を交わされたという記録もあるそうです。
 織田信長の兵火により一時衰微しましたが、徳川綱吉によって再建されています。

 otokuni1.jpg
 表門は元禄時代のものだそうで、市の指定文化財となっています。
 表門も綱吉によって再建されたと考えて良いでしょうね。

 otokuni4.jpg
 牡丹が有名で、毎年ぼたん祭りがGW辺りで開催されます('15.4.19~5.3まで。入山料500円)。

 このお寺の牡丹は、昭和9年の室戸台風で多大な被害にあった境内を見た奈良の長谷寺のご住職が献木されたのが始まりだそうです。
 はじめは2株だったのが、今では2000株にもなっているそうです。
 倒木して荒れた境内に植えられた2株の牡丹が、どれだけお寺の人や参拝者の心に灯りをともしたことでしょう。
 今では牡丹の寺として有名ですが、現在の2000株の牡丹は復興の証なんでしょうね

 otokuni3.jpg
 本堂です。
 普段は非公開みたいですが、ぼたん祭りに併せて公開されていました。
 御本尊は秘仏なので拝観できませんが、小林静山さんという方の仏画が展示されており見ることができました。
 さっぱりとした仏画でした。

 毘沙門堂(写真なし)には、重文の毘沙門像が安置されています。
 少し遠くて表情までは見えませんでしたが、しっかりとした力強さが感じられました。
 
 otokuni5.jpg
 こちらは鐘楼です。
 江戸時代建立とされていますが年代は不詳だそうです。
 鐘は戦争時に供出されたため昭和41年に鋳造されたものですが、元は元禄時代のものだったそうです。
 日除けの白い傘が風情があります。

 otokuni7.jpg 
 牡丹ですが、今年は急に暑くなったためか5/1の時点でほとんど終わりかけでした。
 乙訓寺のHPを見ると、ぼたん祭りもはじめは5/6までの予定だったのですが、牡丹が全部散ってしまって5/3で終了となっていました。
 今日(5/6)までだと思っていたので、ブログの紹介が遅くなってすみません。

 牡丹は「花中の王」という別名もあるように、艶やかで美しいですね

 otokuni6.jpg
 この白い牡丹は花びらが細く、ちょっと変わっているように思いました。

      otokuni8.jpg
 この木はモチノキです。
 前述した室戸台風の時、幹が折れ、中に水が入り腐食と空洞化が進み、樹勢が衰退していたのですが保全対策によりまた元気になったそうです。
 こういう話を聞くとうれしくなりますね

 otokuni9.jpg
 こちらのお寺は何回も来たことがあるのですが、牡丹の最盛期の時は本当にきれいです。
 落ち着いた良いお寺なので、またいつか行きたいと思います。
 次回は牡丹が満開の時にね

乙訓寺
 住所:長岡京市今里3-14-7 TEL:075-951-5759
 入山時間:8時~17時
 

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

大阪 福島区 のだふじ(野田藤)巡り('15.4.29)

 4/29の昭和の日、夕方TVを何気に見ていたら、大阪福島区ののだふじ(野田藤)が紹介されていました。
 今年はきれいに咲いており、それも2~3日後には散ってしまうと聞き、これは見に行かねばと思い、4時半頃から自転車を走らせて福島区に行ってきました。

 nodafuji1.jpg
 まず最初に訪れたのは了徳院(りょうとくいん)です。
 山号が如意山、御本尊が十一面観音(歓喜天)立像の東寺真言宗のお寺です。

 nodafuji2.jpg 
 地元では浦江聖天さんと呼ばれています。
 創建は不明ですが、江戸時代に再建されたそうです。
 ですが、昭和20年の空襲で山門と稲荷堂以外は焼失したそうです。

 nodafuji3.jpg
 山門には大根の絵の提灯がかかっています。
 大根は聖天さまの好物だからだそうです。

 nodafuji4.jpg
 境内に入るときれいな藤が咲いています。
 時間は5時を過ぎているのに、結構な人でした。
 やっぱりTVの影響でしょうかね?

 nodafuji5.jpg
 藤棚の下には狛犬がいます。
 皆さんこちらの狛犬ばかりを写真を撮るので、片割れの狛犬さんがちょっとかわいそう。
 といいながら、私も写真のアップは藤棚の下の狛犬さんだけなんですけどね(笑)。

 nodafuji6.jpg
 弁天さまをお祀りしている池には剣を掲げている龍がいます。
 この近くには松尾芭蕉の句碑もありました。

 nodafuji7.jpg
 境内にはいろいろなお堂があり、お参りできます。
 お不動さまにご挨拶をして次の場所に移動しました。

 nodafuji8.jpg
 春日神社です。
 小さなお社の前に藤棚があります。

 nodafuji9.jpg
 今年の藤はもう終わりですという断り文と野田阪神前の藤は満開ですという案内が書いてありました。
 すぐ近くに藤の史料館があり、そちらでご朱印もいただけるみたいですが、時間が6時と遅かったせいか、または今年はもう終了したのかはわかりませんが、閉まっていました。

 nodafuji10.jpg 
 せっかくの情報なので野田阪神まで行ってきました。

 nodafuji11.jpg
 nodafuji12.jpg 
 了徳院ほど花の房は長くないですが、情報どおりきれいに咲いていました。
 ですが、暗くなりかけていましたので、写真はあまりきれいには撮れていません。
 わかりにくいですが、ピンクと紫の2種類の藤棚です。

 nodafuji13.jpg 
 この日はお天気も良かったので、もう少し昼間に来たかったなぁ。
 でも、夕方から行ってこれだけ見れたのだから満足です。
 ちょっと疲れていて日中グッタリしていたのですが、やっぱりおでかけは楽しいですね。

了徳院
 住所:大阪市福島区鷺洲2丁目14-1 TEL:06-451-7193


  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

和歌山 高野山開創1200年④大門・霊宝館・奥之院('15.4.18)

 koyasan1.jpg
 壇上伽藍を出た後、バスで大門(だいもん)まで行きました

 koyasan2.jpg
 大門は高野山の総門で、結界のシンボルだそうです。
 開創当時は現在地より少し下がったところに鳥居があり、それを総門にしていたのですが、山火事や落雷で焼失し、江戸時代に現在の地に再建されました。
 弘法大師御入定1150年記念の折、大規模な解体修理が行われて昭和61年に竣工されたのが現在の大門です。

koyasan4.jpg koyasan3.jpg
 金剛力士像は、江戸時代の仏師・康意(写真右)と法橋運長(写真左)によるものだそうです。
 2体とも迫力のある仁王さまです

 海抜約1000Mの高い場所にあり、山々が重なって見え、清冽な気を感じる場所でしたが、車の往来が少し多いのが興醒めですかね(苦笑)。

 koyasan5.jpg
 次は霊宝館に行きました(拝観料600円)。
 こちらでは大法会限定特別公開(2015.4.2~5.21まで)として、高野山三大秘宝の国宝「諸尊仏龕(しょそんぶつがん)」、国宝「聾瞽指帰(ろうこしいき)」、三鈷の松の時にお話した重文「飛行三鈷杵(ひぎょうさんこしょう)」が展示されています。

 「諸尊仏龕」は、白檀の一材を三分にして蝶番で折り返しできるようにしてあります。
 小さいものですが、開くと中にびっしりと如来さまや菩薩さまなどが彫られています
 如来さまのお口には朱塗りが残っていました
 弘法大師が唐から自ら持って帰ったものだとされ国宝です。

 「聾瞽指帰」は弘法大師空海の自筆で、こちらも国宝です。
 全体的にしっかりした字なのですが、力強い字や端整な字など結構いろいろ字体の変化等がありますね

 「飛行三鈷杵」は一つ欠けてる部分があります。
 松に引っかかった時に欠けたのか、はたまた唐から高野山の地に到着するまでに何かに当たったのか?
 重文です。
 
 また、高野山開創1200年記念展として「高野山の御神宝」展('15.3.21~7.5まで)も同時開催されていました

 それから運慶作の八大童子像や快慶作の四天王立像、孔雀明王像など展覧会で人気の仏像がズラリと勢揃いで観れます
 八大童子や孔雀明王像は、以前あべのハルカス美術館で開催されていた「高野山の名宝」展の記事にも書いていますので、よかったら参考になさってくださいね(そのときの記事はこちら

 孔雀明王さま、今回は少し高いところにいらっしゃったのですが、なんか視線が左の方を見られているように見えました。
 その視線の先にはお不動さまがいらっしゃいます。
 何かお不動さまに合図をおくっていらっしゃるのでしょうか(笑)。
 八大童子さまは相変わらず活き活きされています

 「弘法大師・丹生高野両明神像(重文)」の丹生明神さま、美しい~
 
 私は今回初めてお名前を知ったのですが、岩田正巳という画家さんの「高野草創図」も爽やかできれいな日本画でした
 
 こちらの霊宝館、ちょっとした美術館・博物館並みの充実度で見応えがあります
 ご機嫌な気分になりました
 それに私はいただかなかったのですが、ここでも御朱印がいただけます。
 単なる宝物館ではなく、大切な仏さまをお祀りしている神聖な場所ということなのでしょうね。

 霊宝館、良かったです
 とくに高野山の三大秘宝、八大童子像、孔雀明王像、不動明王像、四天王像の全てが一挙に見れる大法会の期間は絶対オススメです!
 京都あたりだったら特別料金を取ってるだろうという内容なのに600円とはさすが高野山ですね
 高野山に行かれる方は お見逃しなく
 
 koyasan6.jpg
 最後にご紹介するのは高野山奥之院です。
 本来なら一の橋から約2kmの道を歩くべきところなのですが、その頃にはもう夕方にさしかかっていたので帰りのことも考えて(日が暮れてからお墓や供養塔でいっぱいの参道を歩くのはちょっとコワイ)、バスでショートカットコースの方に行きました。

 有名な武将の供養塔も多い一方、現代のお墓も建てられており、過去と現在が交差する地ではあると思うのですが、朽ちて荒れているものも少なくなく、諸行無常や奥の細道の序文の言葉が心の中を駆け抜けました。

 koyasan8.jpg
 納経所で御朱印をいただきます。

      koyasan9.jpg
 なんて書いていただいたのかお聞きしたところ「弘法大師」とおっしゃいました。
 達筆すぎて読めません(笑)。

 少し行くと御廟橋があり、そこから先は聖地で写真撮影も禁止されているので写真はありません。
 先に進むと弘法大師御廟があります。
 少し大きめの白い石が敷いてあり、なんか肌が粟立つような感覚がありました。
 弘法大師は即身成仏され、今でもこのお堂の中に肉体をもちながらいらっしゃるという入定信仰があります。
 形あるものが月日により移り変わっていく様を参道で見た後に、1000年以上変わらずお大師さんがいらっしゃるという場所でパワーを感じないわけがないですよね。

 この後、燈籠堂にもお参りして奥之院を出ました。

 koyasan7.jpg
 帰り道には、燈篭に灯りが点りはじめてました。
 
 これにて高野山日帰り旅行の記事は終了です。
 高野山開創1200年法会で人も車も多く町は賑わっていました。
 美味しそうなお店などもありましたので、いろいろ楽しめると思います。
 高野山、オススメですよ

総本山金剛峯寺
 住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132 TEL:0736-56-2011(代表)
 奥之院燈籠堂拝観時間:1200年法会期間8時~18時、通常6時~17時半(受付時間8時半~17時半)
 高野山開創1200年法会:2015.4.2~5.21まで

高野山霊宝館
 住所:和歌山県伊都郡高野町高野山306 TEL:0736-56-2029(代表)
 拝観時間:8時半~17時半(5月~10月)、8時半~17時(11月~4月)、8時半~20時(1200年法会期間) 受付は各閉館時間30分前 休館日:年末年始 

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

和歌山 高野山開創1200年③壇上伽藍その2('15.4.18)

 koyagaran9.jpg
 今回は中門の紹介からです。
 天保14年(1843年)、伽藍は西塔以外は焼失してしまう大火事があったそうです
 この時に焼失した中門はなかなか再建されず、今年(H27年)の大法会を記念して172年ぶりに再建されました。
 門には仁王像ではなく四天王像が安置されています。

koyagaran16.jpg koyagaran17.jpg
 門の外と内では、四天王像の色に大きな違いがあります。
 持国天像(写真右)と多聞天像(写真左)は黒いのです。
 実はこの2体の天王さまは、天保の大火から救い出され、修復後に西塔に仮安置されていた江戸時代の天王さまだったのです。

koyagaran18.jpg koyagaran19.jpg
 広目天像(写真左)と増長天像(写真右)はこの度新しく造られた平成の天王さまです。
 仏師は松本明慶さんで、京都にこの方の仏像彫刻美術館があるのですが、開館日がどうも合わずまだ入館できてません。
 いつか入って見たいと思っているのですけどね。
 四体とも大きく迫力があります。
 これだけの天王さまを彫るのは大変だったのではないかと思いました

 koyagaran10.jpg
 こちらの松は「三鈷(さんこ)の松」といい、弘法大師が真言密教を広めるにふさわしい場所を求めて三鈷杵を投げたらこの松に引っかかっており、この地で広めること決心したというエピソードがある松だそうです。
 この松の葉は、三鈷杵と同じく三葉とのことでしたが、見たら枝についている葉も二葉でしたけどねぇ。
 三葉の葉を見つけると幸運があるとかで、探してられる方も多かったです。
 私も一応探しましたが、松なんてそれほど落葉が激しいものではないですし、囲いもあるので探せる範囲で見つかるものはとっくに誰かの手元に行ってますよね(笑)。

koyagaran11.jpg koyagaran12.jpg
 伽藍の西の方に行きますと、山王院(さんのういん 写真上)と御社(みやしろ 写真下)があります。
 高野山開創の伝承として、先程紹介した三鈷の松の話がありますが、その三鈷杵を探して弘法大師が大和に入ったときに二匹の犬を連れた猟師に逢われたそうです。
 その猟師に導かれて高野の地に入ると三鈷杵が見つかり、その地を治めていた女神に土地を譲っていただき、大師は金剛峯寺を建立したとされています。
 その猟師は実は狩場明神(高野御子神と同一神ともいわれている)で、高野山の地を譲った女神は狩場明神の母神である丹生都比売神(丹生明神)とされています。
 御社はその丹生明神、高野明神、そして総社として十二王子・百二十伴神を祀っているお社です。
 山王院は御社の拝殿として建立されました。
 御社・山王院ともに安土桃山時代に再建された建物です。

 koyagaran13.jpg
 こちらは西塔(さいとう)です。
 大塔の御本尊が胎蔵界大日如来であるのに対し、西塔では金剛界大日如来と胎蔵界四仏が奉安されているようですが中には入れません。

 koyagaran14.jpg 
 木の組み方が大変美しいです
 朱の色が鮮やかな塔も美しいですが、木の色そのままの塔も落ち着いた風情で、私はこちらの塔の方が好きです
 現在の塔は江戸時代に再建されたものです。
 
 御社、西塔の辺は壇上伽藍の西の端にあたり、この辺りまでくると人も少なくなりホッと落ち着けます

 koyagaran15.jpg
 こうやって書いていると、高野山って本当に多くの自然災害に遭っているのだなと思います。
 ほとんどが再建された建物ですものね。
 中門のように、再建に今(平成27年)までかかった建物もあります。
 それでも人々の強い想いがあれば、たとえ何年、何十年、何百年かかろうと復活できるのだということを実感しました。
 願えば夢は必ず実現すると私も思っています

 さて、高野山の記事も次が最終回です。
 もう少しお付き合いくださいね
 
総本山金剛峯寺
 住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132 TEL:0736-56-2011(代表)
 壇上伽藍の拝観時間:8時半~17時(1200年法会期間は8時~18時。閉堂開始17時45分)
 高野山開創1200年法会:'15.4.2~5.21まで


<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。