スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第51回京都非公開文化財特別公開③ 上京区 妙蓮寺

 myorenji1.jpg
 秋の京都非公開文化財特別公開の3ヶ所目は、本門法華宗大本山妙蓮寺(みょうれんじ)です
 
 妙蓮寺は、宗祖日蓮大聖人より京都への法華経弘通の遺命を受けた日像聖人によって、永仁2年(1294)に創建されたお寺です。
 日像聖人が京都に上った折、五条西洞院の柳酒屋に足を止め、その邸内に一宇を建立したのが妙蓮寺のはじまりで、「柳」の一字を「木」と「卯」に分け、山号を「卯木山」としたそうです。
 その後、たびたびの法難等により場所を変えたようですが、豊臣秀吉の聚楽第造営に際し、秀吉の命で現在の地に移転されたそうです。

 myorenji2.jpg
 こちらのお寺の見所は、長谷川等伯一門による障壁画でしょう
 「松桜之図」、「柳之図」、「鉾杉之図」を見ることができます。
 等伯56歳の時の「松桜之図」は、桜の花が白く塗りつぶされる方法で描かれていますが、これは等伯の長男の久蔵が好んだ手法で、早世した久蔵を偲んで等伯がそのように描いたそうです
 伏見城に献上するために描かれたそうですが、献上されずに今もこちらのお寺にあります。

 「鉾杉之図」が看板になっている絵です。
 鋭い山のような杉の配置が斬新です

 等伯の次男の宗宅の作品もありました。
 金箔地に直に桜を描いており、細かくきれいでしたが、劣化が激しかったのが惜しいです。

 宝物庫には、狩野永徳の「羅漢之図」や狩野元信の「鷲之図」などもありました。
 元信の鷲は迫力ありました

 先日、京博の琳派展(その時の記事はこちら)できれいな字だと思った、本阿弥光悦の「立正安国論」はこちらのお寺の所蔵品で、今も展覧会に出品中です。

 「日蓮上人伝」も色が美しい絵巻物でした

 こちらのお寺は、近代日本画家の幸野楳嶺(こうのばいれい 竹内栖鳳の師)のお墓もあるそうで、その関係からか、孫の幸野楳渓(豊一)さんの襖絵などもありました
 どの絵もきれいでしたが、私は蓮の絵が気に入りました

 myorenji3.jpg
 中は撮影禁止なのですが、十六羅漢石庭だけは撮影OKでした。
 臥牛石というのがあり、秀吉により伏見城から移された石だそうです。
 白砂と緑の対比が美しいお庭でした。

 myorenji4.jpg
 こちらの妙蓮寺椿は、早咲きの椿で室町時代から有名だったそうです。

 myorenji5.jpg
 一輪だけ咲いていました。
 ピンクのかわいい椿でした

 見所が多いお寺で、拝観できて良かったです
 京都非公開文化財特別公開での拝観は11/8まででしたが、こちらのお寺は期間以外でも拝観可能みたいです。
 ただし、長谷川等伯の襖絵などは事前予約が必要みたいですし、休観日もあるようですので、行かれる前にはHPで確認してくださいね。

 今回、京都非公開文化財特別公開で行ったお寺は3ヶ所です。
 どこも良かったです
 ただ、チラシや拝観の手引きに最寄の駅やバス停は記載されていますが、正確な住所が書かれていなかったので、わかりにくかったところがありました。
 京都古文化保存協会さんは、次回からはぜひチラシにも正確な住所の記載をお願いしたいです。

妙蓮寺
 住所:京都市上京区寺之内通大宮東入ル妙蓮寺前町875  TEL:075-451-3527
 拝観時間:9時~16時 休観日:水曜日、年末年始(行事などにより臨時で拝観できない日もあり。詳しくはHPの「拝観」参照)

第51回京都非公開文化財特別公開② 上京区 光照院

 信行寺の次は、常盤御所光照院(ときわごしょ こうしょういん)に行きました

 kosyoin2.jpg
 開山は、光厳天皇・光明天皇の妹であり後伏見天皇の皇女進子(ますこ)内親王です。
 南北朝時代の北朝側の方で、幼少期から仏門に入られ、33歳の時には天台・禅・律・浄土の四宗を修められたため、四宗兼学の寺とされています。
 寺院は、はじめ室町一条にあったのですが、応仁・文明の乱で焼失し、その後、後土御門天皇より現在の地である持明院殿跡に寺地を賜ったそうです。
 代々皇女が入寺された尼門跡寺院で、常盤御所という称号をおもちです。
 現在は浄土宗のお寺です。
 (ちなみに写真に写っている女性は私ではありません。笑)

 kosyoin3.jpg
 こちらのお寺も右に見える門の中に入ると写真撮影禁止です。

           kosyoin1.jpg
 本堂は、禅堂風の入母屋造り軒唐破風付きの建物で、内部は折上格天井になっています。
 その格子面の1つ1つに、昭和の画家である田能村直外さんが天井画を描かれています。
 こちらは時代が新しいため、まだそれほど劣化もしておらず、非常にきれいでした

 御本尊は鎌倉時代作の釈迦如来立像です。
 清涼寺式釈迦如来さまで、遠くてよく見えませんでしたが、髪も縄目状で、衣も首の辺りまでしっかり着込んでおられるようです。
 温和な印象でした

 脇壇には、右に恵心僧都作といわれている阿弥陀如来像と左に自本覚公(進子内親王)が安置されていました

 書院は、京都御所内の旧桂宮宮殿の一部を移築した建物だそうです。
 中にはお厨子があり、毘沙門天さまが安置されていました。
 この毘沙門天さまは、東福門院さんとご関係があるというような説明だったような・・・。

 前庭は、樹齢数百年という五葉松を配した枯山水の庭になっています。
 それほど大きなお庭ではありませんが、横に伸びる立派な松と、縦に伸びる若い松の対比が美しかったです

 こちらのお寺は、比較的ゆっくりと拝観できることができました

 kosyoin4.jpg 
 お寺の入口の隣にある町家で写真展をされていましたので見学させていただきました。
 be京都フォトクラブさんという団体の展示会だそうです。
 10/31(土)~11/5(木)までだったようで、偶然だったのですが見学できてラッキーでした。
 どれも美しい作品ばかりで、良い目の保養になりました

光照院
 住所:京都市上京区新町通上立売上ル安楽小路町425 TEL:075-441-2254
 拝観期間:H27.10.30~11.8まで(通常非公開) 拝観時間:9時~16時

第51回京都非公開文化財特別公開① 左京区 信行寺

 今年の秋の京都非公開文化財特別公開('15.10.30~11.8まで。拝観料800円)に行ってきました
 いくつかまわったのですが、最初に紹介するのは信行寺(しんぎょうじ)さんです。
 
         singyo1.jpg
 信行寺は、御本尊が阿弥陀如来立像で、山号を道源山と称する浄土宗総本山知恩院の末寺です。
 御本尊の両脇侍には勢至菩薩立像(右)、観音菩薩立像(左)が安置されており、一茎二花の蓮をもってらっしゃる観音菩薩像は、慈覚大師円仁作だとされているようです。
 三尊ともそれほど大きくはないですが、優しそうな雰囲気でしたよ
 この観音さまについて描かれた、山田道貞作「信行寺大悲尊像縁起絵巻」も展示されていましたが、きれいな絵巻物でした。

 singyo2.jpg
 このお寺の見所は、伊藤若冲最晩年作の天井画「花卉図(かきず)」でしょう。
 外陣の格天井の格子面に、計168枚(うち1枚は銘のみ)の花が描かれているのです。
 格子面は、縦横約38cmの板地に直径33.6cmの円相が施され、その中に花が1種ずつ描かれています。
 円相の外側は群青色に塗られ、内側の167枚の花は、牡丹(一番多く30図以上)、梅、菊、朝顔、蓮、百合など日本画でよく見る花をはじめ、サボテンやひまわり、ハイビスカスなどもあり多彩でした。
 銘のみの最後の一枚は、若冲は84歳で亡くなっているのに、縁起を担いだのか「米斗翁八十八歳画」と書いてあるのが面白いですよね

 168面もあるので本当はじっくりと見たかったのですが、若冲人気はすさまじく、入寺までに1時間ぐらいかかる大行列です
 入ってからも入れ替え制だからとそそくさと出されますので、ざっと見るだけで終わってしまいます
 おまけに、普段非公開のお寺なので、門の中に入るとお庭の写真撮影も一切禁止です
 少し解説をしてくれるので、1時間以上並んで10分程度の拝観というところでしょうか。

 今週末(11/8)までの公開ということで益々の混雑が予想されますので、これから行かれる方は、行列を覚悟で行ってくださいね
 もし見たい花がある場合は、お寺または案内の方にどこにあるのかを教えていただくのがよいと思いますよ

信行寺
 住所:京都市左京区北門前町472 TEL:075-771-1769
 拝観期間:H27.10.30~11.8まで(通常非公開) 拝観時間:9時~16時

京都 長岡京市ドライブ②楊谷寺・乗願寺('15.5.1)

 yokokuji1.jpg
 乙訓寺を出発して次に向かったのは、楊谷寺(ようこくじ)です。
 柳谷(やなぎだに)観音さんとも呼ばれています。
 このお寺、以前から一度行きたいと思っていたのですが、電車やバスで行くには交通アクセスが悪く今まで行けなかったのです。
 今回は車で連れて行ってもらいました
 
 お寺に着くと、父が昔私を連れて来たことがあると言うではありませんか
 実は私、子どもの頃、長岡京市に住んでいまして、その時に連れて来てくれたみたいです。
 私は全然覚えてなくて、まだ行ったことがないお寺と認識していました。

 yokokuji2.jpg
 写真ではわかりにくいですが、山門で出迎えてくださるのは、仁王さまではなく風神・雷神さまです。

 楊谷寺は、山号が立願山(りゅうがんざん)、御本尊を十一面千手千眼観世音菩薩像とする西山浄土宗のお寺です。
 開基は京都の清水寺の開祖・延鎮僧都だそうです。
 清水寺の時と同様に、延鎮僧都が夢のお告げによりこの地に来て、柳生い茂る中から観音さまを見つけられ、堂宇を建てられたのが始まりとされています。

 yokokuji3.jpg yokokuji4.jpg
 本堂の前に狛犬さんがいました。
 なかなかかわいい狛犬です。

 yokokuji5.jpg
 本堂は江戸時代江戸時代前期に建立されたものだそうです。
 中には御本尊の十一面千手千眼観世音菩薩さまがいらっしゃるのですが、シールドがありお顔を見ることはできません。
 毎月17日、18日にはご開帳されるようです。

 yokokuji6.jpg yokokuji15.jpg
 木鼻には象と獏が彫られています。
 どちらが象でどちらが獏かはちょっとわかりません。
 でも、夢告により創建されたお寺ですので、獏の彫り物はぴったりかもしれませんね

 yokokuji7.jpg
 こちらは独鈷水(おこうずい)です。
 延鎮僧都が清水寺に戻られた後、乙訓寺の別当をしていた弘法大師空海がこちらのお寺に度々参拝されていたそうです。
 その時に、堂の傍らにある湧き水を独鈷でもって深く掘り下げ、祈祷をもって眼病平癒の霊水にされたそうです。
 江戸時代、霊元天皇がこのお水で眼病を治癒されたとのことで、今でも眼病に、更には癌病にご利益があるとされています。

 少しずつしか溜められないので、横に水道水がひいてあり、コップを洗ったりするのは水道で、独鈷水は自分に必要な分だけを大切にいただくというのが流儀だそうです。 
 せっかくなので私もちょっとお水をいただきましたが、まろやかで美味しいお水でした。

 yokokuji8.jpg
 こちらは心琴窟です。
 いわゆる水琴窟のことですが、こちらでは心琴窟と命名されています。
 傍を通るだけで涼やかな音が聞こえて来ました

 yokokuji9.jpg
 お庭の新緑がきれいです
 奥之院までの回廊の横には紫陽花が植えられ、紫陽花の季節もすごくきれいそうですよ。

 yokokuji10.jpg
 奥之院です。
 中御門天皇が御両親の追善菩提のために造られたのが奥之院の観音様だそうです。
 向かって左側には、小ぶりながら観音様の眷属である二十八武衆がずらりと並んでられました。

 yokokuji11.jpg
 こちらも静かで落ち着いたお寺で、連れて行ってもらえて良かったです。
 毎月17日のご縁日には御開帳されますし、この日だけは阪急西山天王山駅東口、JR長岡京駅西口から送迎バスが出るみたいなので、またいつか17日に行きたいと思います

 今回のドライブに行く前に少し長岡京市観光協会のHPを見ていたら、浄土谷の大仏さんと書かれているお寺があり、見たい!と思ったのですが、地図を見たら山の中にポツンとあり、これは道すらわからないから行けないなと思ってました。
 そしたら楊谷寺から市街に戻りしなに分岐点があり、そこに案内板があるじゃないですか!
 父に頼んで表示の方に行ってもらいました

 yokokuji12.jpg
 乗願寺(じょうがんじ)です。
 西山浄土宗光明寺の末寺だそうです。
 開基は恵心僧都で、この地で修行中に阿弥陀さまの来降を拝み、そのお姿を写して仏像を刻み草庵を結んだのが始まりとされています。

 yokokuji13.jpg
 小さなお堂の中には、像高2.8Mのすごく立派な阿弥陀さまが座っておられました。
 大きいですが、優しそうな阿弥陀さまでしたよ

 yokokuji14.jpg
 車でないと来るのは難しいので、今回お会いできたのは仏縁だと思いました。
 本当に良かったです
 連れて行ってくれた父にも感謝・感謝です
 
楊谷寺
 住所:京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2 TEL:075-956-0017
 入山時間:9時~17時

乗願寺
 住所:京都府長岡京市浄土谷宮ノ谷4 TEL:075-957-4148

長岡京市観光協会のHP

京都 長岡京市ドライブ①乙訓寺('15.5.1)

 今年は長期連休となったGWもいよいよ残りわずか。
 あー、終わらないでほしい・・・

 otokuni2.jpg
 GWのはじめの方に、父に長岡京市までドライブに連れて行ってもらいました
 まず最初は乙訓寺(おとくにでら)です。

 乙訓寺は、推古天皇の勅願により聖徳太子が建立したといわれている真言宗豊山派のお寺で、山号は大慈山(だいじざん)、御本尊は八幡神と弘法大師の合体大師像です。
 早良親王が幽閉された場所でもあり、空海が別当を務めたお寺でもあります。
 最澄がこちらに訪ねられ、空海と法論を交わされたという記録もあるそうです。
 織田信長の兵火により一時衰微しましたが、徳川綱吉によって再建されています。

 otokuni1.jpg
 表門は元禄時代のものだそうで、市の指定文化財となっています。
 表門も綱吉によって再建されたと考えて良いでしょうね。

 otokuni4.jpg
 牡丹が有名で、毎年ぼたん祭りがGW辺りで開催されます('15.4.19~5.3まで。入山料500円)。

 このお寺の牡丹は、昭和9年の室戸台風で多大な被害にあった境内を見た奈良の長谷寺のご住職が献木されたのが始まりだそうです。
 はじめは2株だったのが、今では2000株にもなっているそうです。
 倒木して荒れた境内に植えられた2株の牡丹が、どれだけお寺の人や参拝者の心に灯りをともしたことでしょう。
 今では牡丹の寺として有名ですが、現在の2000株の牡丹は復興の証なんでしょうね

 otokuni3.jpg
 本堂です。
 普段は非公開みたいですが、ぼたん祭りに併せて公開されていました。
 御本尊は秘仏なので拝観できませんが、小林静山さんという方の仏画が展示されており見ることができました。
 さっぱりとした仏画でした。

 毘沙門堂(写真なし)には、重文の毘沙門像が安置されています。
 少し遠くて表情までは見えませんでしたが、しっかりとした力強さが感じられました。
 
 otokuni5.jpg
 こちらは鐘楼です。
 江戸時代建立とされていますが年代は不詳だそうです。
 鐘は戦争時に供出されたため昭和41年に鋳造されたものですが、元は元禄時代のものだったそうです。
 日除けの白い傘が風情があります。

 otokuni7.jpg 
 牡丹ですが、今年は急に暑くなったためか5/1の時点でほとんど終わりかけでした。
 乙訓寺のHPを見ると、ぼたん祭りもはじめは5/6までの予定だったのですが、牡丹が全部散ってしまって5/3で終了となっていました。
 今日(5/6)までだと思っていたので、ブログの紹介が遅くなってすみません。

 牡丹は「花中の王」という別名もあるように、艶やかで美しいですね

 otokuni6.jpg
 この白い牡丹は花びらが細く、ちょっと変わっているように思いました。

      otokuni8.jpg
 この木はモチノキです。
 前述した室戸台風の時、幹が折れ、中に水が入り腐食と空洞化が進み、樹勢が衰退していたのですが保全対策によりまた元気になったそうです。
 こういう話を聞くとうれしくなりますね

 otokuni9.jpg
 こちらのお寺は何回も来たことがあるのですが、牡丹の最盛期の時は本当にきれいです。
 落ち着いた良いお寺なので、またいつか行きたいと思います。
 次回は牡丹が満開の時にね

乙訓寺
 住所:長岡京市今里3-14-7 TEL:075-951-5759
 入山時間:8時~17時
 
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。