とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 冬の展覧会めぐり①('17.2.4)

 昨日、京都に行って計5つの展覧会と映画「バイオハザード ザ・ファイナル」を観てきました。
 バイオハザード、もうそろそろ上映終了(既に終わっているところもあり)なので、ちょっと記事が間に合いませんが、ミラ・ジョヴォヴィッチのタフネスさがかっこよくて面白かったです。
 詳しくはまた記事に書くかもしれません。

 で、本題の展覧会ですが、2回に分けて簡単に紹介したいと思います。
 khj1.jpg
 まず最初は、京都国立近代美術館で開催されている「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」展('16.12.17~'17.2.12まで。観覧料1400円)です。

 私は茶道をたしなんでいないせいか茶碗の良さがわからず、この展覧会はそんなに混んでいないだろうと勝手に思っていたのですが、なんのなんの結構盛況でした。
 一子相伝で継承されてきた楽焼の作品を、初代から現在の15代吉左衛門、更には次期16代の作品まで揃えてある上、交流のあった本阿弥光悦の作品まで展示されていました。

 khj2.jpg khj3.jpg
 楽焼ってしぶいですね。
 装飾が少なく、見て楽しむというよりは手で楽しむもの、実際に手に取ってこそ良さがわかるのではないかという気がしました。

 見る分に関しては、歴代の楽焼の中では、私は12代目以降が見やすかったのですが、吉左衛門さんの作品はちょっと重すぎてしんどかったです。
 吉左衛門さんの作品は佐川美術館でも何回か見ているのですが、力強いのです。
 その力強さが私には重く感じられるのです。
 でも、見る人が見たらすばらしいのでしょうね。

 茶碗に関してはずぶの素人の私は本阿弥光悦の茶碗が好みでした。
 数ある楽焼の中で、ちょっとホッと一息つけるような軽ろやかさがありました。

 図録は2300円です。
 皆さん熱心に見てらっしゃったので、茶道をされている方には楽焼が一堂に見れる絶好の展覧会なんだと思います。
 
 khj4.jpg khj5.jpg
 細見美術館では「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展('17.1.3~2.19まで。入館料1300円)が開催されています。
 この展覧会は良かったです。
 実はこの展覧会、姫路市立美術館でも開催されていて、昨年観に行った展覧会なのですが、その時も展示替えがあって前半が観れなかったので今回も観に行ったというわけです。
 こちらの会場でも展示替えがあり、前期・中期は終了して2月7日からは後期の展示になります。

 やっぱり絵画って、色鮮やかで華やかでいいですね~。
 観ていて楽しい。

 右のチラシの右下の「夏宵月に水鶏図」は、描表装といって表装部分まで絵画として描いています。
 凝っていて美しいですよね。

 図録は2800円です。
 どの作品も美しいので、オススメです。

 khj6.jpg
 前半最後に紹介するのは、承天閣美術館で開催されている「生誕300年記念 伊藤若冲展(後期)」展('16.12.15~'17.5.21まで。拝観料800円)です。

 昨日(2/4)はお天気も良く、暖かかったです。

 この展覧会も結構人が集まっていました。
 相国寺は若冲と縁の深いお寺なので、若冲の作品をたくさん所蔵されています。
 今回は酉年ということもあり、初公開の「鸚鵡牡丹図」をはじめ鳥を主題にした作品が多数展示されていました。
 
 khj7.jpg khj8.jpg
 今回の作品は墨絵が多かったですが、若冲の鳥たちはポーズも面白い。
 見飽きませんね。

 こちらの美術館では何回も若冲展を開催されていますが、いまだに初公開の作品を持っているとはいったいどれぐらい若冲の作品を所蔵されているのでしょうね。

 この展覧会は5/21までとまだまだ時間がありますので、若冲ファンの方は必見ですよ。

京都国立近代美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
 開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)休館日:月曜(月曜日が休日にあたる場合は、翌日が休館)、年末・年始、展示替え期間

細見美術館
 住所:京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 TEL:075-752-5555
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合、翌火曜日)

承天閣美術館
 住所:京都市上京区今出川通烏丸東入上ル相国寺門前町701 TEL:075-241-0423
 開館時間:10時~17時(入館16時半まで) 休館日:展示替え期間、年末年始

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

姫路文学館 「宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」展

 himebunten1.jpg
 明石文化博物館に行った同じ日に、姫路文学館にも行きました。
 こちらは安藤忠雄設計の建物です。

 himebunten2.jpg
 建物はそのままでH28年7月に全館リニューアルされていました。
 展示室は北館と南館に分かれており、北館には常設展示室の姫路城に関する歴史や物語をドラマ仕立てで紹介する「姫路城史ものがたり回廊」や播磨文人の言葉やその人となりにふれる「ことばの森展示室、企画展示室、特別展示室があります。
 南館は無料で、司馬遼太郎記念室やカフェがあります。

 今回は特別展示室で開催されている、姫路文学館リニューアルオープン記念「天守物語」成立100年記念特別展「宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」展('17.1.5~2.19まで。観覧料500円)を目的に観に行きました。

 himebunten3.jpg himebunten4.jpg
 「天守物語」は泉鏡花の戯曲で、今回はイラストレーターの宇野亞喜良さんと山本タカトさんが天守物語の挿絵を描いておられて、その挿絵原画の展示です。

 宇野亞喜良さんのイラストは何度か見たことがあり、きゃしゃな体つきに大きな目、長い下まつげはどこか竹久夢二を連想させます。
 アンニュイさとキュートさの両方を持ち合わせた不思議な魅力を放っています

 山本タカトさんは、私は今回はじめて知ったのですが、美しい~
 とくに細くて端麗な線が美しいです
 その美しさで妖しの世界を描くと、幽遠に情念をも含んでまさしく幽艶です。

 himebunten6.jpg
 山本さんの作品を彦十さんが蒔絵にした作品も展示されていました。
 美しさと怖さが同居したこれぞ日本の妖しの世界ですよね。

 いや~、この展覧会良かったです
 ちょっと大人向けの展覧会でしたけどね(笑)。

 常設展示も面白かったですよ。
 番町皿屋敷など、私が知っていた話と少し違っていて、姫路ではこのように伝わっていたのだなと思ったり、この先はどうなったの?と思うようなお話がアニメやドラマ仕立て、講談仕立てで紹介されており楽しめました。
 とくに播州風土記に記されていた、姫路の語源についての話である大汝命(大国主)と火明命(天火明命)の話は、その後どうなったかが知りたくて家に帰ってネットで調べまくりましたよ(笑)。
 天守物語のあらすじ映像もこのコーナーで見れますので、イラスト展の前に見ておくとより楽しめると思いますよ
 
 himebunten5.jpg
 姫路の文学をわかりやすく展示した文学館、楽しかったです
 
姫路文学館
 住所:姫路市山野井町84番地  TEL:079-293-8228  開館時間:10時~17時(入館は16時半まで)休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)・年末年始

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

明石市立文化博物館 「艶美の競演」展

 この頃、急に寒くなったり暖かくなったりして、気温の変化が激しいですね。
 ちょっとこの頃展覧会には行けてなかったのですが、昨日(1/28)久々に行ってきたのでそのご報告を

     akaen1.jpg
 明石文化博物館で開催されている「新春特別展 艶美の競演-東西の美しき女性 木原文庫より-」展('17.1,4~2.5まで。入館料1000円)に行ってきました。

 この展覧会は、埼玉県在住の木原眞人さんという方が蒐集された日本画のコレクション81点を紹介しています。
 第一部と第二部に分かれており、一部は美人画、二部は風景画となっていますが、どちらも名画揃いでテンション上がりっぱなしになりました

 美人画の方は、サブタイトルの「東西の美しき女性」は、東西の画家による美人画という意味で、東の代表として鏑木清方、西の代表として島成園の作品が多かったです。
 どちらも美しいのですが方向性が全然違っていて、鏑木清方は絵としての見ためやまとまりが良く、島成園は女性の外見だけにとどまらず内面をも描こうとしており、女性のより複雑な美しさが醸し出されているように思いました。
 ですが、鏑木清方の方が島成園より14歳年上ということもあり同列での比較はできず、また時代背景もあり、この違いは描き方の「進化」と見た方がいいかもしれません。
 美人画の進化(あるいは変化)は、鏑木清方→上村松園→島成園の順で新しいという感じですかね。

 第二部の風景画は、東京画壇、京都画壇両方の日本画が展示されていました。
 どれも良かったのですが、私は榊原紫峰の絵を観れたのが嬉しかったです

 榊原紫峰の「赤松山鳩」と土田麦僊の「老松山鳩図」が並べて展示されていたのですが、赤松に山鳩という同じ題材でも麦僊は山鳩が主役、紫峰は赤松が主役なんですよね。
 紫峰の絵は、赤松の生命力がいきいきと描かれていてすごい!と思いました
 それに「雪中柳鷺図」。
 美しいですよ~
 2枚とも以前に観たことがあるのですが、どこで観たのかが思い出せない・・・。
 でも、また観ることができて感激でした
 
 冨田渓仙の絵は5枚展示されていたのですが、かわいかったですよ。

 図録は小ぶりで2000円。
 値段はお手頃で良かったのですが、画像が小さいのがちょっと残念。

     akaen2.jpg
 関東のコレクターの展覧会は関西ではあまり開催されないので、観ることができて本当に良かったです。
 どの作品も良くて、日本画好きにはたまらない展覧会でした。
 オススメですよ

明石市立文化博物館
 住所:明石市上ノ丸2-13-1 TEL:078-918-5400
 開館時間:9時半~18時半(入館は閉館の30分前まで) 休館日:今会期中無休(通常月曜、年末年始12/29~1/3)

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

あべのハルカス美術館&京都国立博物館

 itosiko1.jpg
 大阪のあべのハルカス美術館では「わだばゴッホになる 世界の棟方志功」展('16.11.19~'17.1.15まで。観覧料1300円)が開催されています。

 itosiko2.jpg itosiko3.jpg
 この展覧会は、棟方志功の作品を初期から晩年まで紹介したものです。

 主には、字と絵と黒の世界なのですが、色のついている絵もありその色が美しい。
 チラシの「門世の柵」も色がきれいですものね。
 ですが、そんな「きれい」という言葉で表現するより、なにかアニミズム的なパッションが強く押し寄せてくるという感じがします。
 「大世界の柵」なんて、175.4×1284cmが2枚の大作ですからね。
 もうその強さに圧倒されます

 棟方志功は「わだばゴッホになる」と言ってましたが、ゴッホというよりはピカソの方が近いような。
 そして、同じ民芸運動をしていたこともあるからか、先日見た芹沢銈介の作品と非常に似た印象を受けました。

 この展覧会の図録は2200円です。

 棟方志功の作品をまとまって観ることのできる良い機会だと思います。
 強烈なパッションを受けてみたいという方は見に行ってみてくださいね

 itosiko4.jpg itosiko5.jpg
 もう一つ紹介したい展覧会は、京都国立博物館で開催されている「生誕300年 伊藤若冲」展('16.12.13~'17.1.15まで。観覧料520円)です。
 この展覧会は常設展の企画展示と同じ扱いなので、同時開催として「京博のお正月 とりづくし-干支を愛でる-」も一緒に観れます。

 この若冲展、有名な「果蔬涅槃図」(チラシの絵)や「百犬図」も展示されています。
 「果蔬涅槃図」も「百犬図」も、昨年の京都市美術館での若冲展では人だかりができていたぐらい人気のある作品ですからね。
 これが常設展示でじっくり観れるなんて、すごく幸せな気分になれました

 「石燈籠図屏風」は、燈籠の部分が点描で描かれているのですが、ちょっと距離をとって見ると点描の部分が燈籠の薄明かりが当たっているように見えて良い感じなのです。
 近くで見るだけでなく、ちょっと離れても見てくださいね

 「果蔬涅槃図」も「百犬図」も「石燈籠図屏風」も、市美の若冲展に展示されていましたが、今回はそこで展示されていなかった作品も展示されています
 「蝦蟇河豚相撲図」はユーモラスです。
 「大根に鶏図」は薄墨で描かれた大根の葉をついばむ色鮮やかな鶏、すごい!
 パッと見て両足院の「雪梅雄鶏図」の鶏に色使いが似ているなと思いました。

 この若冲展、有名どころと今まで展示されていなかった作品と揃っていたので、この展覧会だけの図録(650円)を購入。
 図録自体は冊子といえるぐらいシンプルな作りですが、作品解説のタイトルは少しユルく、解説自体はしっかり書かれていて楽しく読めました

 若冲展だけでなく、「とりづくし」展、その上「皇室の御寺 泉涌寺」展('16.12.13~'17.2.5まで)も観れます。
 泉涌寺展では展示替えがあり、私たちが行った時はまだでしたが、1/11からは有名な楊貴妃観音も展示されますよ

 この内容の展示が常設展の値段で観れるなんて、さすが京博!
 まさしくお年玉という感じですので、お見逃しなく!

あべのハルカス美術館
 住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階 TEL:06-4399-9050
 開館時間:火~金10時~20時、月・土・日・祝10時~18時(入館は各閉館30分前まで) 休館日:一部の月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始、展示替期間中

京都国立博物館
 住所:京都市東山区茶屋町527 TEL:075-525-2473(テレホンサービス)
 開館時間:9時半~18時(金曜は20時まで。入館は各30分前まで) 休館日:月曜(月曜が休日の場合は、翌火曜日休館)

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

静岡市 静岡県立美術館&芹沢銈介美術館

 昨年の10月に静岡に遊びに行きましたが、その時に静岡が気に入って、12月にも行ってきましたので、今回はその時に観た展覧会の一部を紹介させていただきます。

 skseri1.jpg skseri2.jpg
 静岡県立美術館で開催されていたのは「再発見!ニッポンの立体 生人形からフィギュアまで」展('16.11.15~'17.1.9まで。観覧料1000円)です。

 この展覧会では、主に近代から現代までの彫刻や工芸を含めたあらゆる立体造形を集めて展示されていました。
 近代からと書きましたが、立体造形ということで縄文時代の土偶や弥生時代の埴輪もありましたよ。
 円空や木喰の仏像や神像もありましたし、招き猫や佐藤製薬のサトちゃんもあったりして本当にいろんな立体造形が揃っていて楽しい!

 どれも良かったのですが、やっぱり平櫛田中の作品は良かったですね。
 品格があります
 円空の「地蔵菩薩立像」は優しげでしたし、木喰の「玉津島大明神」もニッコリされていて良かったです
 宮本理三郎さんの「木彫蜥蜴」はすごくリアルでした
 荒井良さんの「Emergence」は人形風の造形なのですが、すごく美しくてしばらくその場を離れられませんでした
 桜文鳥さんや野口哲哉さんの作品もかわいいですし、面白かったです

 これだけたくさんの立体造形を細かく分類しており、こちらの美術館の学芸員さんはすごいなと思いました
 おかげで2次元から3次元、実体と表現技術などいろいろ思いを馳せることができました

 本当に多彩な作品が揃っており、ワクワクした気分で観てまわれます。
 この展覧会は(1/9)までですがオススメですので、お近くの方は是非行ってみてくださいね

 skseri3.jpg
 もうひとつご紹介するのは、芹沢銈介美術館で開催されている「パリのセリザワ 「Serizawa」展から40年」展('16.12.10~'17.3.20まで。観覧料420円)です。
 この美術館は、染色家芹沢銈介の作品と芹沢が収集したコレクションを年3回の企画展で公開している美術館です。

 skseri6.jpg skseri7.jpg
 今回の展覧会は、画家バルテュスと美術評論家ジャン・レマリーの推薦のもと1976年にパリのグラン・パレで開かれた芹沢の個展で展示された作品と、パリでその展覧会のポスターが掲示されている様子を見せてくれるという内容でした

 作品は多彩で、染色を手段とした芸術家だったのだなということがわかるような内容でした。
 その作風は、民芸運動に参加していたということで、素朴ながら力強く、絵画と書と染色の融合という印象を受けました。
 フランス人にとっては斬新だっただろうなと思いました。
 
 芹沢の作品は、ちょこちょこと見たことはありますが、こんなにまとまって観たのは初めてでしたが、なかなか良かったです

 skseri4.jpg
 この美術館は建物自体も良かったですよ。

 skseri5.jpg
 なんか中世ヨーロッパの城砦というような雰囲気です。
 外観を見ただけでも入ってみたくなるような建物でした

 この美術館は登呂遺跡公園の一隅にありましたので、登呂遺跡も見てきました。

 skseri8.jpg
 登呂遺跡といえば、子供の頃の社会の教科書に載っていた有名な遺跡です。
 弥生時代の集落が再現されています。
 全国にある弥生時代の建物の再現は、こちらをもとにして造られているのですって。

 skseri9.jpg
 登呂遺跡の出土品が展示されている静岡市立登呂博物館です。
 重要文化財指定が775点もあり、展示内容自体も考古学ファンには興味深いのですが、こちらの屋上から見える富士山がきれいなのです。

 skseri10.jpg
 行かれたら是非屋上にも行ってみてくださいね

静岡県立美術館
 住所:静岡市駿河区谷田53-2 TEL:054-273-1515(代表)
 開館時間:10時~17時半(入館は17時まで)休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始、展示替等のための休館日あり

静岡市立芹沢銈介美術館
 住所:静岡市駿河区登呂5-10-5 TEL:054-282-5522
 開館時間:9時~16時半 休館日:月曜日、休日の翌日、年末年始、展示替え期間中

静岡市立登呂博物館
 住所:静岡市駿河区登呂5-10-5 TEL:054-285-0476
 観覧料:300円(特別展開催期400円)、登呂博物館と芹沢銈介美術館の共通券:570円(特別展開催期650円)
 開館時間:9時~16時半 休館日:月曜日、祝日・振替休日の翌日、年末年始


<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。