fc2ブログ

京都嵐山 福田美術館「大観と春草」展

 sthuku1.jpg
 嵐山の福田美術館と嵯峨嵐山文華館に行ってきました

 sthuku2.jpg
 福田美術館では「大観と春草 東京画壇上洛」展('20.8.1~10.11まで。入館料1300円)が開催されています。
 横山大観展というのは、関西でも開かれますが、菱田春草展はなかなか開かれません。
 なので、春草の作品を楽しみにして行きました。

 春草は、岡倉天心のもと、横山大観や下村観山らと共に活躍した日本画家ですが、わずか36歳で亡くなっています。
 絵を見ていてもまじめそうで、もっと描きたかっただろうなと思いますね。

      sthuku3.jpg
 春草の作品は美しいのですが、儚げですね。
 「夏の朝」「冬の夕」という作品です。
 小さい鳥が飛び立つ姿は可憐でもありますが、淡い寂寥感も感じます。

      sthuku4.jpg
 こちらは「晩渡」です。
 版画のようですね。
 きれいな茜色が胸に迫ってくる感じです。

 春草の作品は、広い風景を掌の中におさめ、丹精を込めて磨き上げた珠玉の作のような印象を受けます。
 掌中の珠を愛でるように描いたのではないかと思うぐらい。
 春草は自分を取り巻く世界を愛していたんだろうなと思いました。

 sthuku5.jpg
 こちらは春草の「波濤図」と大観の「竹林図」です。
 ピンボケ写真で、ちょっとわかりにくいですが、どちらかといえば竹林図の方が春草の作品のように見えます。

 sthuku6.jpg
 大観の「春夏秋冬」です。
 細やかで、春草の作品に似ている感じがします。

 sthuku7.jpg
 大観の自由で、豪気な印象の絵になるのは、春草が亡くなってからですね。

 他の東京画壇の画家の作品も来てましたよ。

 sthuku8.jpg sthuku9.jpg
 左が大観の「桃」で、右が小林古径の「桃実」です。
 古径の方が美味しそうです。
 桃のまだ固い部分を水色で表すところがすごいです。

 sthuku10.jpg
 川合玉堂、横山大観、竹内栖鳳の「雪月花」です。
 春草が大観ぐらい長生きしていれば、春草もこのような共作を描いていたかもしれません。
 春草、惜しい!と思った展覧会でした。

 春草の作品をまとめてみることができ、良かったです。
 
福田美術館
 住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16 TEL:075-863-0606
 開館時間:10時~17時(入館は閉館30分前まで)休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、展示替え期間、年末年始

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる