とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

静岡市 静岡県立美術館&芹沢銈介美術館

 昨年の10月に静岡に遊びに行きましたが、その時に静岡が気に入って、12月にも行ってきましたので、今回はその時に観た展覧会の一部を紹介させていただきます。

 skseri1.jpg skseri2.jpg
 静岡県立美術館で開催されていたのは「再発見!ニッポンの立体 生人形からフィギュアまで」展('16.11.15~'17.1.9まで。観覧料1000円)です。

 この展覧会では、主に近代から現代までの彫刻や工芸を含めたあらゆる立体造形を集めて展示されていました。
 近代からと書きましたが、立体造形ということで縄文時代の土偶や弥生時代の埴輪もありましたよ。
 円空や木喰の仏像や神像もありましたし、招き猫や佐藤製薬のサトちゃんもあったりして本当にいろんな立体造形が揃っていて楽しい!

 どれも良かったのですが、やっぱり平櫛田中の作品は良かったですね。
 品格があります
 円空の「地蔵菩薩立像」は優しげでしたし、木喰の「玉津島大明神」もニッコリされていて良かったです
 宮本理三郎さんの「木彫蜥蜴」はすごくリアルでした
 荒井良さんの「Emergence」は人形風の造形なのですが、すごく美しくてしばらくその場を離れられませんでした
 桜文鳥さんや野口哲哉さんの作品もかわいいですし、面白かったです

 これだけたくさんの立体造形を細かく分類しており、こちらの美術館の学芸員さんはすごいなと思いました
 おかげで2次元から3次元、実体と表現技術などいろいろ思いを馳せることができました

 本当に多彩な作品が揃っており、ワクワクした気分で観てまわれます。
 この展覧会は(1/9)までですがオススメですので、お近くの方は是非行ってみてくださいね

 skseri3.jpg
 もうひとつご紹介するのは、芹沢銈介美術館で開催されている「パリのセリザワ 「Serizawa」展から40年」展('16.12.10~'17.3.20まで。観覧料420円)です。
 この美術館は、染色家芹沢銈介の作品と芹沢が収集したコレクションを年3回の企画展で公開している美術館です。

 skseri6.jpg skseri7.jpg
 今回の展覧会は、画家バルテュスと美術評論家ジャン・レマリーの推薦のもと1976年にパリのグラン・パレで開かれた芹沢の個展で展示された作品と、パリでその展覧会のポスターが掲示されている様子を見せてくれるという内容でした

 作品は多彩で、染色を手段とした芸術家だったのだなということがわかるような内容でした。
 その作風は、民芸運動に参加していたということで、素朴ながら力強く、絵画と書と染色の融合という印象を受けました。
 フランス人にとっては斬新だっただろうなと思いました。
 
 芹沢の作品は、ちょこちょこと見たことはありますが、こんなにまとまって観たのは初めてでしたが、なかなか良かったです

 skseri4.jpg
 この美術館は建物自体も良かったですよ。

 skseri5.jpg
 なんか中世ヨーロッパの城砦というような雰囲気です。
 外観を見ただけでも入ってみたくなるような建物でした

 この美術館は登呂遺跡公園の一隅にありましたので、登呂遺跡も見てきました。

 skseri8.jpg
 登呂遺跡といえば、子供の頃の社会の教科書に載っていた有名な遺跡です。
 弥生時代の集落が再現されています。
 全国にある弥生時代の建物の再現は、こちらをもとにして造られているのですって。

 skseri9.jpg
 登呂遺跡の出土品が展示されている静岡市立登呂博物館です。
 重要文化財指定が775点もあり、展示内容自体も考古学ファンには興味深いのですが、こちらの屋上から見える富士山がきれいなのです。

 skseri10.jpg
 行かれたら是非屋上にも行ってみてくださいね

静岡県立美術館
 住所:静岡市駿河区谷田53-2 TEL:054-273-1515(代表)
 開館時間:10時~17時半(入館は17時まで)休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始、展示替等のための休館日あり

静岡市立芹沢銈介美術館
 住所:静岡市駿河区登呂5-10-5 TEL:054-282-5522
 開館時間:9時~16時半 休館日:月曜日、休日の翌日、年末年始、展示替え期間中

静岡市立登呂博物館
 住所:静岡市駿河区登呂5-10-5 TEL:054-285-0476
 観覧料:300円(特別展開催期400円)、登呂博物館と芹沢銈介美術館の共通券:570円(特別展開催期650円)
 開館時間:9時~16時半 休館日:月曜日、祝日・振替休日の翌日、年末年始
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2017.01.09 (月) 12:50
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

この企画

いいですね。可愛い~
静岡、たくさんいい美術館あるんですね。
市立美術館では、これから「竹久夢二と日本画」展をするようで。
↑ラインのサライ情報で流れてきました。

芹沢銈介美術館もいいですね。この人の作品好きで、我が家は座布団カバーで持ってます。
何ともいえない素朴でそれでいて、垢抜けてしているデザインが大好きです。
美術館自体も本当に中世のお城のようで、騎士が出てきそうですね。

登呂遺跡、そうそう社会の教科書でおなじみですね。
三内丸山遺跡のほうが、今の生徒にはおなじみのようで。
私なんて、そんな遺跡が発見されたこと自体知らなくて。
私達世代には、登呂遺跡です。

静岡、いい美術館がたくさんあるのですね。
ますます、行きたくなります。
今回は、お泊りでいらしたのですか?
  1. 2017.01.09 (月) 15:31
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

そうなんですよ。

うちからだと3時間はかかるので、日帰りはちょっと厳しいから泊りで行きました。
それも2泊3日で。
あいにく2日目が大雨だったのですが、ゆったりと美術館で過ごしました。
いつもはキツキツのスケジュールなので、ゆっくり観る時間は取れないのですが、今回はロダン館の無料オーディオも借りてロダンの作品解説も聞きました(本展覧会のオーディオは借りてません)。
良かったですよ。

登呂遺跡は私達の子どもの頃は社会の教科書に載っていたのですが、一時期外されて今また復活していると博物館のボランティアガイドさんが話されていました。
三内丸山遺跡は有名ですが縄文時代の遺跡です。
登呂遺跡は弥生時代のもので、吉野ヶ里遺跡の流れから文化が伝播されたのですが、復元住居は登呂遺跡の方が古いのです。
なので、全国の弥生時代の建物の再現は登呂遺跡が原型となっているのだそうです。
教科書もどんどん変わるので、今登呂遺跡が載っているのかは私は知らないのですけどね。

「竹久夢二と日本画」展、良さそうですね。
静岡、本当に気に入って、昨年の11月は昨日大河ドラマに出ていた井伊谷と龍潭寺には行ったのですが、井戸を見に行くのを忘れました。
トホホ。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。