とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

京都国立博物館 「禅-心をかたちに-」展

 一昨日、ノートパソコンで普通に調べ物をしている最中に少し席をはずしていたら、許可もなく勝手にWindows10のアップロードを始めていてびっくり!
 それまでに何度もアップロード勧奨の知らせが来ていたのですが、うちのPCは古いので新バージョンにしたら逆に不具合が生じると思って「しない」をクリックしていたのに業を煮やしたのか、今度は有無を言わさずの強制で始められてしまいました。
 初めなんのアップロードがわからず何か変なとこをクリックしたのか?と思ったのですが、大掛かりなアップロードだったしWindowsマークがでていたので、バージョン10のアップロードだと気付きました。
 どこも操作できず強制終了しても切れないし、どんどんアップロードが進んでいくし、どうしていいかわからず急いで寝ている夫に助けを求めたら、電源を切ってバッテリーも抜いての強制終了でやっと止めることができました。
 再度立ち上げたら旧バージョンを復元してくれたから良かったものの、復元されなかったら大変!
 ユーザーの許可なく勝手にこんなことをしていいのか!とマイクロソフト社に対して強い憤りを覚えました。
 皆さんも気をつけてくださいね。

 zen1.jpg
 ところで、今日(5/22)で終わってしまう京都国立博物館で開催されている「禅-心をかたちに-」展('16.4.12~5.22まで。観覧料1500円)を観てきました。

 達磨大師によってインドから中国へ伝えられたとされる禅は、臨済宗・黄檗宗の宗祖の臨済義玄(りんざいぎげん)によって広がり、日本には鎌倉時代に伝えられました。
 日本の禅宗は、臨済宗、黄檗宗、曹洞宗がありますが、この展覧会は臨済義玄の没後1150年、日本における臨済宗の中興の祖である白隠慧覚(はくいんえかく)の没後250年(実際は2018年)の遠諱(おんき)を記念しての展覧会ですので、臨済宗、黄檗宗を中心に紹介されていました。

 私は詳しくは知りませんが、禅宗は、自分の内面に備わっている仏性を見つけるため座禅を修行の基本として、文字や言葉で教えることを避け自分自身で考え認識するという考え方のようで、禅問答などはその人の思うことによって変化するので、答えがわかるようでわからなかったのはこういう理由だったのかと得心がいきました。
 思索的なので学問好きの人に向いていそうですね。
 
 zen2.jpg
 禅宗の特徴のため経典や礼拝のための仏像が少なく、展示の内容は禅僧の肖像画である頂相や禅の教えに通じるようなエピソードを表した展示が多かったです。
 実は前期・後期の2回観に行ったのですが、前期は禅僧のことなど全然知らなかったのでスッと流していたのですが、後期に観に行った時に、これらの頂相は京都の有名な禅寺の開祖がほとんど揃っているということに気付いて、一気に興味が湧きました。
 穏やかそうな僧もいらっしゃれば、厳しそうな僧も

 一休さん(一休宗純)はクセがありそうでしたね(笑)。
 皆さん靴を脱いで椅子の上で座禅を組んでらっしゃるだろうに、靴を履いての半跏姿であったり。
 「自分(一休宗純)は弟子の誰にも印可を渡していないので、もし自分の死後一休の教えとして人に説くとその人は自分の怨敵である」という内容を書いたものを残したり。
 そういう宗派なので戒めるのはわかるのですが、怨敵とまでいうのはすごいですよね(苦笑)。

 zen3.jpg zen4.jpg
 慧可という人が達磨大師が座禅している時に一緒に座禅させてほしいと頼んで認められなかったため、自分の左手を切り取って決意を表し弟子として許されたというエピソードを描いた雪舟の「慧可断臂図」(写真左)、切られた左手の断面は少し赤くてこわかったです。
 修行中なので断ったらその人が左手を切り落とすなんて、達磨さんもびっくりされたでしょう
 それが全てではないのですが、ちょっと激烈なパッションを持った人が少なくなかったのかなと思いました。
 そういう人だからこそ、内観することが必要だったのかもと思ったりもして。

 展示を見るだけでなく、日によりけりですが狂言鑑賞やイスに座っての座禅体験、短い禅語を写すなど、実体験を通して自分の心に目を向けるようなイベントもされていました。
 禅とは関係ないかもしれませんが、玉眼の入れ方の説明も勉強になりました

 特別拝観などがあるといそいそと出かける禅寺の開祖のお顔を拝顔するというミーハーな好奇心と、自分の内面を見つめる心のゆとりについて少し考えることができる面白い(興味深い)展覧会でした

京都国立博物館
 住所:京都市東山区茶屋町527 TEL:075-525-2473(テレホンサービス)
 開館時間:9時半~18時(金曜は20時まで。入館は各30分前まで) 休館日:月曜(月曜が休日の場合は、翌火曜日休館)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2016.05.22 (日) 13:56
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

10問題

もう少しで、れでぃさんも危ない目に会いそうだったのですね。
うちの夫のPCも10に勝手に変わったの。
それで息子が7に直して、でも直しても色々不具合が出るから、言語バーが消えるとか。
昨日は、私が直しました。

で、自動アップデートしない設定にしときました。

http://freesoft.tvbok.com/cat97/2016/to_force_windows10_2016_02.html

↑このブログを参考にしたりして、とりあえずは自動アップデートできないようにしときました。

勝手に変えるのやめて欲しいですよね。
私、8でも使いにくいんです。
職場は、8で。

禅の。前テレビでやってませんでしたかね?
なかなか面白いし形もユニークですよね。
JTBの雑誌でも取り上げられてたような。

今日で終わりなんですね。
ああ~色々終わってしまいますね。

今日の読売新聞日曜版に弥生美術館の谷崎潤一郎の作品を着物で解説みたいな展覧会記事がありました。

ああ~行きたい~
東京~

森田りえ子さんも行きたいけど、京都駅で降りる勇気がありません。人がいっぱいで~
  1. 2016.05.22 (日) 19:47
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

だんなさんのPCも

やられましたか。
ほんと強引ですよね。
対処法のブログも教えてくださってありがとうございます。
私も自分で調べた時に参考にしたブログと同じでした(笑)。
でも、復元しても不具合が生じるって困りますよね。
かといって、マックPCも使いにくそうだし。
ライバル社が少ないからといっての強引なやり方、ほんと腹立たしいです。

禅展、日曜美術館で放送してましたね。
自分の中に仏性があるとして、胸の中の仏を見せている像や雪舟の「慧可断臂図」などが紹介されていました。
禅宗は、開祖が中国から来たり、中国に勉強しにいったりしていたので、中国の文化の影響を強く受けたようです。
でも、山水画の世界を禅寺のお庭に体現させるなど、日本の文化とうまく融合していったのではないかと思いました。
日本の仏像では通常はあまり飾らない釈迦如来像ですが、今回展示されていた宝冠釈迦如来像はめちゃ美しかったですしね。
1回目観た時はうーんと思ったのですが、2回目に観ると理解も深まっていき、なかなか面白い展覧会だなと思いました。

東京の展覧会巡り、私も若冲展を観に行くつもりでいたのですが、なんかめちゃ混んでいると聞いて戦意喪失しました。
わざわざ遠くまで行って、混み混みの中で観る元気はもうなくなってきました(苦笑)。
でも、弥生美術館なら適度混み具合で観れそうですね。

森田りえ子展は、今はそれほど元気がないので多分行かないと思います。
夏の太陽のような明るさに、ちょっと耐えられそうにないので(笑)。

なんか今書いていて気付いたのですが、私、ちょっと疲れている状態かも^^;
少しリフレッシュしないと、展覧会に行くのにも影響しますね。
  1. 2016.05.22 (日) 22:44
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

ええ~

若冲展は、ブロ友さんも関東の方なので行かれたようですが、大変だったようです。かなり並んで、実況中継のようにブログアップされていました。

http://blog.goo.ne.jp/singingkerorin

調べてみたら5時間待ちの日もあるようですね。
それは、もう私無理ですわ。
めまい起こしそうです。
暑いし。

弥生美術館なら、ほどほどでよいかも。
最近、ほどほど美術展を求める私です。

森田りえ子さんは、鮮やかで南国の強烈なカラーのお花、菊も華やかだし。←私は菊のが一番好き。
森田りえ子さん自体が、パワーにあふれてますものね。
うん、ちょっとしんどい時には食傷するかも。

禅・・・そうなんですね。
私、よく分からなくて。
ただ、これからお経上げてもらったり私達も入る予定の永代供養のお寺は、曹洞宗なんです。
ちゃんと勉強しなくては。

今日も暑かったですもんね。
れでぃさんもお体気をつけてくださいね。
教室では、クーラー入れてますもん。

少しでも口当たりのよいもの食べて、気をつけてくださいね。
  1. 2016.05.23 (月) 21:51
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

観る前に疲れそう。

若冲展、やっぱりすごい人だったのですね。
ブロ友さんのブログ記事も紹介してくださってありがとうございます。
その記事を読んで、そんなに長い間、外でも中でも待ってられないわと私も思いました。
それでもまだ観たことがなければ無理してでも行ったでしょうが、釈迦三尊像と30幅の動植綵絵が揃っているのを京都で観ましたし、プライスコレクションも観たので、今回は無理せずにあきらめることにしました。
実は、カラヴァッジョ展も行きたかったのですが、ここも混んでそうで二の足を踏んでいます。

森田りえ子さんは、あと100年ぐらい経てば金地が落ち着いて、素直にきれいだと感じられるようになるような気がします。
ですが、今はまだ眩しすぎます(笑)。

禅に限らず、宗教は難しいですよね。
私もよく知りません。
今回の展覧会は主に臨済宗、黄檗宗のお坊さんの講話だったのですが、2人いらっしゃって1人のお坊さんはものすごく優しい方でしたよ。
お話もわかりやすかったですし。
というか、好印象のお坊さんのお話は入りやすいですよね(笑)。

私の体調まで気遣って下さってありがとうございます。
そうですか。
気付きませんでしたが、もしかしたら夏バテしてるかもしれないですね。
ありがとうございます。
少し気をつけますね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブログラム