とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. グルメ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

大阪天満 イタリア肉食堂PERO

 pero1.jpg
 造幣局の通り抜けの時、ランチに行ったお店です
 天満・天六辺りでランチのお店を探していたら、「金・土・日限定 幻のランチ」との黒板が。
 メニューも生パスタ、ハンバーグ、牛肉のひつまぶしの3種類のみ。
 厳選されたメニューに、潔さとお肉に自信ありと感じられたので入ってみました

 「黒毛和牛の本気のハンバーグ」(1000円)も気になったのですが、今回はちょっと奮発して「国産牛のひつまぶし」(1500円)を注文。

 pero2.jpg
 お重とスープが入ったステンレスボトル、バジル風味のポテトサラダが来ました。

 pero3.jpg
 お重を開けるとジャーン!
 きれいな赤身のお肉が並んでいます
 まず最初はそのままで、いただきまーす。

 デミグラス風の洋風味のステーキソースがかかっており、お肉も柔らかいですが噛み応えもあり美味しい
 お肉の下には切り海苔もまぶしてあります。
 ソースとごはんがマッチして、ごはんが進む、進む。
 美味しくて、そのままで半分ぐらい食べたでしょうか。

 pero4.jpg 
 ハッと気付いて、次に薬味を載せていただきました。
 グッと味が締まって、この食べ方も美味しいですね
 和風と洋風の中間的な感じになりました。

 pero5.jpg 
 薬味は葉ワサビの醤油漬けだそうです。
 この薬味がピリッと辛くて、良い仕事をしているのです

 pero6.jpg
 最後に熱々のスープをかけていただきます。
 お肉に付いていた旨味がごはんの方に移って、お肉は肉本来の味がしてこれまた美味しい!
 熱々のスープをかけることにより、お肉に少し火が入り更に柔らかくなります。
 スープは、出汁の利いたお味噌汁のような味噌スープで、これをかけるとお味は和風になりました。

 スープが少し残ったのでそのまま飲み干して、胃も心も満ち足りてほっこり

 週末限定のランチは最近始められたそうで、若いマスターの意欲作の牛肉のひつまぶしは、洋風から和風への味のグラデーションが楽しめ、美味しかったですし、楽しかったです
 ごちそうさまでした~

イタリア肉食堂PERO
 住所:大阪市北区山崎町2-16 TEL:06-6364-2004
 営業時間:17時~24時(L.O.23時。週末のランチ時間は不明) 定休日:月曜日
関連記事
スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブログラム