滋賀県 長浜観光('16.3.5)

 毎回言ってますが、ほんと月日が経つのが早い。
 時間の早さについていけない・・・
 
 てな、いつもの言い訳は置いといて、この前、父に車で長浜に連れて行ってもらったのでその時のレポートをしたいと思います

 lbs1.jpg
 まず最初に訪れたのは、長浜盆梅展が開催されている慶雲館です。
 慶雲館は、明治天皇の京都御幸に際しての休憩場所として建てられた建物で、「慶雲館」という名前は伊藤博文が命名したそうです。
 昭和26年からは、盆梅展が毎年開催され今年は65回目です('16.1.9~3.13まで)。
 入館料は500円なのですが、盆梅展+指定観光スポット4か所入館できて1000円という盆梅展の期間のみ有効のお得なパスポートがあったのでそれを購入しました

 lbs2.jpg
 建物の中に入ると、梅の花の良い香りがします

 lbs3.jpg
 ここは掛軸と合わせたりして、盆梅だけでなく盆梅が置いてある空間自体を見せるようにしているところが良いですね

 lbs4.jpg
 お庭も良いです。
 写真には載っていませんが、大灯籠など結構大きな石がいくつか配置されており、ダイナミックな印象のお庭になっていました

 lbs5.jpg
 樹齢400年や150年など立派な盆梅だけでなく、ミニチュアワールドのような盆梅もあり、かわいかったです

 lbs6.jpg
 かわいい梅の花を堪能し、春も近いなぁと思いました

 lbs7.jpg
 慶雲館を出た後は、ぶらぶらと歩きながら海洋堂フィギュアミュージアムに行きました。

 海洋堂の展覧会は今までにも何回も行っていますが、黒壁店は初めてです。
 通常入館料は800円ですが、盆梅パスポートで入れます。
 ただし通常付いているガチャポンはできません。
 
 lbs8.jpg
 海洋堂といえば、北斗の拳(笑)。
 ここにも等身大に近いものがありましたが、今回私の目を惹いたのは、ハート様VSケンシロウの戦い。
 足を透明にすることで、高速の蹴りを連発しているところを表現するなんてすごい!

 lbs9.jpg
 帰りは三女神が宙に浮いてお見送りしてくれます。
 大きすぎて三体一緒には撮れなかったので、ウルドのみをパチリ。

 lbs10.jpg 
 次に曳山博物館に行きました。
 長浜は盛大な曳山祭りが4月にあり、その曳山祭りに関する展示をしている博物館です。
 曳山というのは山車のことで、祇園祭の山鉾みたいな大きな山車が展示されていました。

 lbs11.jpg lbs12.jpg 
 京都の山鉾同様、長浜の曳山の装飾品も豪華で、行った時には「百花繚乱」展('16.1.25~3.6まで。入館料600円)というミニ企画展示をしていました。
 きれいでしたよ

 「浜仏壇(浜壇)」というこの曳山を模したお仏壇が長浜で作られていて有名なんだそうです。
 曳山みたいな装飾のお仏壇なら、それはそれは豪華でしょうね。

 lbs13.jpg
 長浜アートセンターでは、「アール・ヌーヴォーのガラス展」('16.1.1~4.17まで。観覧料500円)が開催されていました。

 ガレ、ドーム兄弟、ルイス・C・ティファニーの作品が32点展示されており、う・つ・く・し・い~
 どの作品も良かったのですが、今回私の好みはティファニーの作品でした。
 メタリック色ですが温かみがあり、非常に色がきれいでした

 同時開催で「五節句のしつらえとテーブルコーディネート」という展示もされていたのですが、犬筥の雛壇や赤檜町の雛膳の器など、欲しいと思うようなかわいさです
 良かったです。

 lbs14.jpg
 最後に訪れたのは安藤家(入館料300円)です。
 安藤家は、秀吉に協力し、長浜の自治を委ねられた十人衆の中でも三年寄の一家でもあった旧家です。
 明治以降、商人になり呉服問屋として事業を展開されたそうです。

 北大路魯山人に制作の場を提供した関係で、魯山人の作品を多数所有されています。
 魯山人は安藤家の離れを「小蘭亭」を名付け、襖絵や天井画を描いたそうです。
 小蘭亭は通常は非公開で、私が行った時も公開されておらず中は見れなかったのですが、写真が置いてあり、大きな赤丸など非常に大胆なデザインでした。
 一度、中を見てみたいな~。
 
 魯山人が篆刻した「呉服」の看板は実際に見たのですが、3m弱の1枚板に「呉服」と筆が走っていると思えるような大胆な字が篆刻されており、剛毅な印象でした

 お庭には入れなかったのですが良さそうでした。
 外から見ると少し大きな商家という印象ですが、中に入ると凝ったお庭や離れがあり、武家の重厚さも感じる趣のある家でした。
 良かったです
 
 lbs15.jpg
 長浜駅の前には、今、長浜イチオシの石田三成と秀吉が出会った頃の銅像が建ってました。

 大阪からは、高速を使って行くとはいえども結構遠い。
 往復運転してくれた父に感謝・感謝です
 楽しい1Day tripになりました。

 今年の盆梅展は明日(3/13)までです
 長浜観光楽しいですよ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

盆梅展

見事な樹齢百年以上とかのもありますよね。
とっても大きいの。
そうかと思えば、小さい可愛いの。
慶雲館は、お庭も見事です。
でも冬場は冷える~

黒壁通り、最近は行ってないけど。あのあたりを通ってスイーツデコの教室に行ってたので。ちょっとなつかしいですね。
駅前の秀吉と三成の像は、観光の方は皆さん写真撮ってはりますね。

大阪からだと遠いでしょう。
うちからだと電車のほうが、速いのでいつも電車ですかね。
仕事も長浜は同じブロックなんですよ。

行った日は

気温18度ぐらいのポカポカ陽気だったので冷えは感じませんでしたが、冬の気温だったら寒いでしょうね。
お庭の松に雪吊りがされていましたものね。

hirorinさんのところから、長浜はそんなに遠くないのですね?
それなら是非長浜アートセンターに行ってもらいたいです。
展示品にすっごくかわいいお膳セットがあったのです。
hirorinさんにも見ていただきたいな~。
きっと気に入ってくださると思います。

行ってきましたよお

れでぃさんのオススメだし、近いので今日行って来ました。
3月14日から年末までのパスポート千円(5ヶ所のチケットと色々特典クーポン)があったので、それ買って。
珍しくパパと行って来ました。

私もティファニーのが良かったです。
一番良かったのは、青のです。きれいですよね。
うっとりしました。
琥珀色のものもいいけど、あのティファニーのが一番好きです。
そして、テーブルコーディネートも良かったです。
品があって、可愛くて。お雛様のは、可愛いお菓子がたくさんあったし。あれ、フェイクかしら?創作意欲が刺激されました。
あの会場の壁にたくさん陶器で出来た丸い円状の飾り、あれいいですねえ。そこへ結ばれていた組みひももきれいだし。

安藤家も行きました。魯山人の額、立派。思わずおおっと声が出ました。
安藤家、奥行きあって立派なお宅ですね。
ちょっと、金沢の武家屋敷にも似てたような。
私、帰る時襖違うところ開けて、小さい家に住んでると豪邸に行くと迷います。

年末までパスポート使えるので、今回は二箇所だけ。
私は貝細工のペンダントがあまりにもきれいなので買いましたが、なぜかパパは駅前の荒物屋さんで孫の手を買ってました。後、お餅と。よう分からん人ですわ。

行かれましたか!

うれしい♪
長浜アートセンターの展示は、hirorinさんなら絶対気に入って下さると思ってました。
ティファニーのブルーの「虹彩花器」、きれいだったでしょ?
私もあれが一番気に入りました。
テーブルコーディネートの方は、大きな梅をデザインした朱塗りお膳がオシャレで欲しいなと思いました。
お店の方もかわいい物がいっぱいありましたね。
私も買いたかったのですが、ちょっと時間がなかったので今回は断念。
でも、壁の装飾を含め、お店全体がオシャレでしたよね。

安藤家にも行かれたのですね。
あの看板、すごい迫力でしたでしょ?
呉服の柔らかさとは対照的な骨太の字でした。
それに、やっぱり元士族のお家柄なので、外から見た印象と、内から見た印象は違いましたね。
おっしゃるとおり内側は武家風でしたね。

パパさんは、痒いところに手がとどくようにと、孫の手を購入されたのでしょうね。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示