とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

和歌山 高野山開創1200年①金剛峯寺('15.4.18)

 koyabuji1.jpg
 昨日(4/18)、朝起きたら久しぶりに良いお天気だったのですごくお出掛けしたくなって、急に思い立って高野山に行ってきました

koyabuji2.jpg koyabuji3.jpg
 今年(2015年)は高野山開創1200年ということで、南海電車の難波駅の高野山方面ホームでは大々的に宣伝していました。
 難波駅から極楽橋まで電車で行って、そこから高野山ケーブルに乗ります
 このケーブル、極楽橋辺りは傾斜15度らしいですが、高野山駅に近付くと30度と急傾斜になります。
 極楽橋で下の方に乗っていたら、高野山駅ではかなりきつい階段を登らないといけないので結構しんどいです(苦笑)。

 そこからバスに乗って高野山の中心部の辺りである千手院橋で降りました
 難波駅から急行を乗り継いで千手院橋まで2時間強ぐらいかかったと思います。
 2015年4月2日~5月21日まで法会が執り行われるということで、この期間はバスは臨時でたくさんでているみたいなので混雑は運によるかもしれませんが、便数は気にしなくても大丈夫そうでした。

 koyabuji4.jpg
 1時前頃からの観光ですので、急いで行きます。
 まず最初は、高野山真言宗総本山金剛峯寺(こんごうぶじ)です。
 今は高野山の中にある1つのお寺のような印象ですが、これは明治の廃仏毀釈の影響のようです。
 元来は比叡山延暦寺みたいに、高野山=金剛峯寺だったみたいです。
 開基はもちろん空海です。

 koyabuji5.jpg 
 この辺りではまだ桜がきれいに咲いていたのがうれしかったです

 koyabuji6.jpg
 参道にはなぜか桶が並べてあります。
 水は前日までの雨水でしょうか。

 koyabuji7.jpg
 koyabuji8.jpg
 正門をくぐると主殿です。
 こちらのお寺は、明治2年に金剛峯寺と改称されるまで青巖寺と呼ばれており、豊臣秀吉が亡母の菩提のために1593年に建立し、1863年に再建された建物だそうです。

 ちょっと見えにくいかもしれませんが、屋根の上には大きな桶が置いてありました(2枚のうち上の写真)。
 天水桶といい、雨水を溜めてもしもの火災の際に消火用に使われるそうです。
 
 koyabuji9.jpg
 寺紋は五三の桐と三つ巴紋です。
 こちらもちょっとわかりにくいかもしれませんが、破風に立体的な龍の顔が飾られています。
 高野山の略歴を見ると、この辺は落雷が多いらしく何度も火事に遭ってるみたいなんで、天水桶、龍の飾り、参道の桶は火事除けのお守りなんでしょうね。

 拝観料500円を支払って中に入ると、雲谷等顔の弟子や息子作の襖絵がありました。
 蟠龍庭(ばんりゅうてい)という枯山水のお庭もきれいでした。

 持仏間御本尊御開帳もされていました('15.4.2~5.21まで)
 御本尊は弘法大師坐像です。
 うーん、遠くてあまり見えませんでした

 絵画好きの私としては、別殿の守屋多々志の襖絵が良かったです
 以前に大阪高島屋で開催されていた高野山の展覧会(その時の記事はこちら)の時に、82面中18面を見ています。
 その中でも展覧会には来ていなかった(と思う)睡蓮の襖絵が今回とくに気に入りました
 部屋の外からの鑑賞なので少し遠目なのですが、蓮の花の青がすごくきれいだったのです
 花の形もよくある日本画のふんわりとした蓮ではなく、すこし尖がってるような特徴のある花でした。
 その他の見た覚えのある襖絵でも、寺内で見るのとまた雰囲気が違いますね

 koyabuji10.jpg koyabuji11.jpg
 新別殿では講話とお茶の接待を受けました。
 ふんわりと焼かれたお煎餅の中央部分に薄く蜜のようなものが塗られているのか、ほんのりと甘く上品なお味でした。
 なんかほっこりしました
 
 新別殿は91畳と78畳の2間の大広間で、横には中島千波の桜の屏風が飾ってありましたよ。
 これから行かれる方は、ぜひ屏風も見てみてくださいね

 台所も広くて大きい。
 今でも行事のときに使われるそうです

      koyabuji16.jpg
 御朱印もいただきました。
 「遍照金剛(へんじょうこんごう)」と書かれています。
 すごい人で御朱印も大行列でした

 koyabuji14.jpg
 外には鐘楼もあります。
 袴腰付入母屋造りで県の指定文化財です。

 koyabuji15.jpg
 高野山の紹介、今日はここまで。
 まだもう少し続く予定ですが、すぐに書けなかったらすみません

総本山金剛峯寺
 住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132 TEL:0736-56-2011(代表)
 拝観時間:8時半~17時(1200年法会期間は8時~18時。受付最終17時半)
 高野山開創1200年法会:2015.4.2~5.21まで
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2015.04.22 (水) 09:11
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

行ってきはったんですねえ

土曜日は、お天気良かったでしたでしょうか?もう忘れてしまっています。
ああ~思い立ってすぐに高野山。いいな、いいな。
我が家からだと3時間は見てないとあきませんから。

混雑はいかがでしたか?
金剛峰寺、落ち着きますよね。
私行った時はそれほどの混雑でもなかったですが、やはり世界遺産になってからか外人が多いと思います。
そして町のあちこちのトイレがとてもきれい。外人が写真、たくさん撮るというのもよく分かります。

守屋多々志さんの襖絵きれいですよね。
私、あれにかなり感動してました。
睡蓮=water lilyというのに親子でびっくりしたアホですが。(もしやスペル間違えてるかも)

別殿でお菓子いただきましたね。あれ、おいしかったあ。
私、自宅用と教室お土産に買いましたが。若者もふんわりしててほのかでおいしいって。
又、行きたいなあ。
かなり気合入れて起きないときついかも?
確か朝7時の電車に乗って~新今宮~南海でした。

ケーブルの傾斜もきつかったあ~

大門は行ってないんです。
れでぃさんの次の記事楽しみにしてます。
  1. 2015.04.22 (水) 21:48
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

思ったより遠かった。

土曜日は久々の快晴でした。
高野山、思い立って行ってしまいましたが、うちからも3時間ぐらいかかりました。
電車やケーブル、バスの乗り継ぎにちょっとずつ待ち時間がかさみ、着いたら1時前でしたもの。
もう少し近いイメージを持っていたのですけどね。
ですが、霊宝館など遅くまで開いていたので結構周れましたよ。

混雑具合はすごい人でした。
世界中から人が集まっているみたい。
団体客が多くて、道路に観光バスや車がどんどん走っている横を人が通るものですからこわいこわい。

どこも人がいっぱいでゆっくり見学はできませんでした。
なので見落としもいっぱいです。
もう一度行かなければと思っています。

守屋さんの襖絵、良かったですね。
展覧会で観ているのですが、お堂で見るとまた風情が違います。
気に入った襖絵がhirorinさんと同じでしたね。

お菓子も上品でおいしかったです。
お茶の接待はうれしいですよね。

大門の記事は次の次の次になりそうです(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログラム