兵庫県立美術館 「夢見るフランス絵画」展

 dof1.jpg
 先日の神戸展覧会巡りの折に一緒に訪れた兵庫県立美術館の「夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリまで」展('14.4.12~6.1まで。観覧料1300円)、6/1までなので書き忘れないうちに先に紹介させていただきますね

 この展覧会、楽しかった~!
 ご機嫌な気分で観れました

 展覧会は3章で構成されており、第1章は印象派の作品から始まっています。
 いきなりセザンヌ、モネ、ルノワールの作品が並びます。

 dof2.jpg
 とくにルノワールの作品は、7枚も展示されていて、夢見心地でした。
 看板になっている「ド・ガレア夫人の肖像」も良かったのですが、私は「アンリ・ベルンシュタインの肖像」が好きです
 絵の前に立つと、「やぁ!」と話しかけられているような感じがするのですよ。
 温かい雰囲気のある作品でした

 第2章はルオーやヴラマンクの作品が中心です。
 ヴラマンクだけの部屋があったのですが、今回の展覧会ではヴラマンクがすごく良かったです
 黒に近いような深く重い色がメインなのですが、白が入ることでパッと画面に光が差します。
 佐伯祐三の作品にはヴラマンクの影響があるというのは有名な話ですが、今回のヴラマンクの作品を観て、佐伯は白の効果的な使い方をヴラマンクから吸収したのだろうなと思いました。

 第3章はエコール・ド・パリの作品です。
 ユトリロの作品が10枚以上展示されています。 
 定規で線をひいたような白の時代の作品から、明るい色があふれる色彩の時代の作品まで揃っていました。
 建物の線はきついですが、人物もだんだんと大きくなって、観ているこちらの気分も明るくなります。

 エコール・ド・パリといえば、藤田嗣治やマリー・ローランサン、モリディアーニ。
 どれもステキ
 
 藤田の「人魚」はちょっとこわかったですが(笑)、少女の絵はかわいかったです

 dof3.jpg 
 モディリアーニの「バラをつけた若い婦人」は、バラに気付かないほどしっかり描かれた瞳に釘付けです。

 でも、この章で最も良かったのがキスリングです。
 私はもともとキスリングは好きなのですが、今回の展覧会を観て「キスリング好き~!」と心の中で絶叫してしまいました(笑)。
 百合やミモザの花の絵、憂いのある少女の絵など魚の絵以外はどれも良かったのですが、私が最も気に入ったのは「裸婦」です。
 明るく健康的な薔薇色の肌に、少し物思いにふけるような眼差し。
 美しすぎます!
 この絵から受けた幸福感は、とうてい言葉にはできません
 是非、展覧会場で観てくださいね。

 この展覧会は、ある収集家による個人コレクションだそうです。
 有名画家の作品ならどれでも良いというのではなく、本当に気に入った作品だけを蒐集されているのだなということが伝わっててくるような素晴らしいコレクションでした
 あぁ、全部観たい!!

 図録は2200円でした。
 この展覧会、本当に良かったです
 良い展覧会は、疲れを吹っ飛ばすパワーがあるのだなと改めて実感しました。
 オススメですよ

 dof4.jpg
 美術館に行く道に新たなオブジェができてました。
 何の形をしているのかよくわからなかったのですが、下の方は座れるような形だったので椅子好きの私としてはちょっと座ってみたくなりました。
 これは「PEASE CRACKER」というサヤエンドウのオブジェだそうで、下は豆の形をしたベンチで座ってもよいそうですよ

兵庫県立美術館
 住所:神戸市中央区脇坂海岸通1-1-1 TEL:078-262-0901
 開館時間:10時~18時(特別展会期中の金曜、土曜は10時~20時まで。入場は閉館の各30分前まで)
 休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日の火曜)、年末年始(12/31~1/11)、メンテナンス休館
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わぁ~~素敵な展覧会ですね!
あと二週間くらいですが、ぜひ行ってみたいです・・

Ms.れでぃさんの感想は、とても魅力的ですね!
すごかった~とかだと、そうか。で終わってしまいますがw
どんな風に良かったのか、ヒシヒシと伝わってきました(^^♪

トコトコさとこさん

私の良かった!という気持ちを読み取ってくださってありがとうございます。
コメントうれしかったです。
励みになりました。

この展覧会、オススメですのでお時間があるようでしたら行ってみてくださいね。

これは

先日の神戸展覧会巡りの一環で行かれたのですか?
すごいパワフル~
混んでませんでしたか?
友達も行ったのですが、よかったって言ってました。
藤田嗣治も展示されてたのですか?
う~ん、私猫の絵や子供を描いたのが好きなんですよね。
それは!それは!
先日の京都文化博物館の混みようで印象派は混むと刷り込まれてしまったので、悩んでました。

外のオブジェいいですね。
鮮やかな緑が春らしい。
椅子好きなんですね?やっぱりちょこんと座りたいです。
ちなみに私は、お店で引き出し系があると必ずあける習性があります。

hirorinさん

私はちょっと遅めの時間に行ったので、その時はそれほど混んでおらずにゆっくり観れました。
藤田嗣治の絵は、いつもの自画像に猫が1枚、かわいい子どもの絵が1枚、外国の美少女の絵が1枚、裸婦1枚、油彩画1枚、私がコワイといった人魚の絵が1枚計6枚の展示でした。
この中で、子どもの絵と美少女の絵が私のお気に入り。

この展覧会は、個人コレクションなので観たことがない作品もたくさんで、価値があります。
絶対オススメですよ。

そうなんです、椅子、好きです(笑)。
以前、大山崎山荘で椅子の展覧会があったのですが、いろいろ座れて楽しかったです。
今回のオブジェは、イスかな?オブジェかな?と思いながらも、イスと判断してちょこっと座ってみました(笑)。
美術館に、オブジェだけどベンチだから座ってもいいよと書いてあるのを見てホッと安心しました。
ひきだし、開けてみたくなる気持ちもよくわかります。

私も

大山崎山荘の椅子の展覧会行きました。そして、座れるものは全部座りました。
あそこの眺めいいですよねえ。

あの日は、安藤忠雄がらみでその後司馬遼太郎記念館に行ったんだわあ。
今やそのパワーありません。

そうそう。

hirorinさんは、大山崎から司馬遼太郎記念館のある東大阪まで行かれたとおっしゃて、私はすごいですねとコメントをしたような記憶が(笑)。

椅子の展覧会、楽しかったですよね~。
今回の印象派展も楽しかったですよ

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示