とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 7
  4. [ edit ]

姫路市立美術館 「名画のあった場所」展

 himeiga1.jpg
 GW後半の2日目である5/4に「ひめじの官兵衛1dayパス」を使って姫路に遊びに行ってきました
 「ひめじの官兵衛1dayパス」とは、山陽姫路までの各社局線の1日乗り放題券に加え、大河ドラマ館の入場券が付いているお得なチケットです(使用する電鉄により値段が異なる)。

 himeiga2.jpg
 まず最初に行ったのは大河ドラマ館だったのですが、これは来年1月まで開館しているので、先に姫路市立美術館で開催されている展覧会、「名画のあった場所 酒井抱一、小出楢重からデルヴォー、マグリットまで」展('14.4.12~6/1まで。観覧料800円)を紹介しておきたいと思います。

 この展覧会の作品は、ほとんどがこの美術館の所蔵品なので結構何回も観ているのですが、今回は絵画の見せ方にこだわっていたのが面白かったです
 もともとその作品が飾ってあった部屋や環境に近い状態で見れるようにしてあったのです。
 たとえば、日本画の屏風や掛軸がある場所には畳が置いてあり、私たち鑑賞者は絵の最初の所有者と同じように畳に座って観ることができます

 himeiga3.jpg himeiga4.jpg
 絵画って、画家が好きな絵を描き、客がその絵を気に入って好きなように飾る場合もありますが、客が画家に絵を注文し、画家がそれに応じて描く場合もあります。
 後者の場合は、こんな部屋に飾るからこういった絵を描いて欲しいと具体的に画家に依頼していることも多かったと思います。
 そうやってできた作品をその場所で観ると、画家自身の美意識を共有できる場になったのではないでしょうか。
 画家がこの作品はこういう風に観られるのが一番美しい、画家が観て欲しいと思っているとおりに観客は観ることができる、画家の意思が伝わる空間になるのだと思います。

 今はなくなった航空会社サベナ・ベルギー航空の社長だったジルベール・ペリエ氏が自宅の客間の装飾をポール・デルヴォーに依頼しました。
 デルヴォーは壁面をカンヴァス代わりにして幻想的な世界を創り上げたそうですが、残念ながらこの邸宅は人手に渡ることになり、取り外しのきく扉絵は売却され、6枚のうち3枚が姫路市立美術館、1枚が愛知県のヤマザキマザック美術館に収蔵されました。

 部屋を離れたデルヴォーの扉絵は、構築された世界からも切り離され単独の作品として美術館に展示され、画家の意図とは違う見方をされています。
 はじめから単独作品だと思って観ていると1枚でも十分美しい作品なのですが、今回は久しぶりに4枚揃っての展示になっていました
 それでも、完全形の写真を見ると創られた世界観が全く違っていて、やはり部分ではなく完全形をペリエ邸で観たいと思いました。

 美術館は、広い空間で大勢の人が観て美しいと思えるように作品を展示しているところだと認識しています。
 その公の場所で、まるでプライベートゾーンのように作品を楽しめたのは良かったです。
 (それも人がそんなに多くなく、ゆったりと観れたのがとくに良かったです)
 ほんの少し画家の意思を感じることができました

 himeiga5.jpg
 さて、今回の姫路1day tripのキーワードは、絵画・姫路城・黒田官兵衛です。
 いろんな場所から見た姫路城や、黒田官兵衛ゆかりの地をちょっと時間がかかるかもしれませんが、おいおい紹介したいと思います。

姫路市立美術館
 住所:姫路市本町68-25 TEL:079-222-2288
 開館時間:10時~17時(入場は16時半まで) 休館日:月曜(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始(12月25日~1月5日)、展示替えなどで臨時休館あり
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014.05.08 (木) 11:31
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

実は

私もこれは絶対に行こうと思ってて今朝の朝刊にもこの解説が載ってて。
今、こちらを見て思わず「わあ!」って歓声を。一人歓声・・・
やっぱりいいんですねえ。
そのようにセッティングされてるみたいだし。
畳敷きの場所もあるのですか?
絶対行こうっと。
この美術館は、何年か前にも行った事あるけど落ち着いたいい建物ですよね。
私の場合はJR1dayパスを使いますかな?

JRの黒田官兵衛のラッピング電車、何度か見たことあります。
踏み切りの前で見たけどかなりな迫力でした。
  1. 2014.05.08 (木) 20:26
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

のんびりと。

この展覧会は展示数が約60点とすこし少ないのですが、人も少なくゆっくり観れたのが良かったです。
常設展と合わせてちょうどぐらいの分量ですかね。

ちょっと遠いのですが、姫路文学館の中に望景亭という施設があります。
こちらも良かったですよ。
是非、美術館と共に行っていただきたいです。
その記事も書きたいのですが、すぐには書けないかも。
写真の整理がまだできていないのです。

ところで、JRも官兵衛のラッピング電車があるのですね。
私の写真は山陽電車なんです。
岡田・官兵衛の写真だけではなく、縁の地の写真も載っていましたよ。
  1. 2014.05.08 (木) 21:54
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

姫路文学館

前に行ったことあります。
パパと一泊二日で姫路周辺観光をして。
泊まりは、御津町のシーショアでした。
その時にお城→美術館→文学館。
文学館では「宮尾登美子展」をやってました。
宮尾登美子、割と好きなので私は深く見入ったのですがパパはまったく興味がなくて。
今、改めて思ったのですが文学館、安藤忠雄建築だったんですよね。
コンクリートと地下・・・

翌日は、書写山円教寺で。足がガタガタになりました。

好古園は、行ってないので行きたいなあ。
  1. 2014.05.08 (木) 23:18
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

ステキ。

シーショアに1泊しての姫路観光だなんて、オシャレでいいですね。
姫路文学館にはもう行かれたのですね。
望景亭、良かったでしょ?
文学館の建物、安藤忠雄設計だとは知っていたのですが、なぜか頭から抜け落ちてて、写真を撮っていませんでした(苦笑)。
それに、今回は忍たま乱太郎展で、ちょっと私の趣味ではなかったので本館の方はパスしました。
宮尾登美子展なら絶対に入っていたのですけどね。
私は宮尾登美子さん好きですよ。
宮尾さんの作品で一番最初に読んだのが「序の舞」。
この作品で松園を知り、松園をはじめ、竹内栖鳳や鈴木松年の絵に興味を持ったのです。
若い時は絵画より文学の方が好きで、よく小説を読んでいました。
不思議なことに、小さい時の方が小難しい文芸作品をよく読み、年齢が高くなるにつれ軽い読み物になり、最近ではマンガすら読まなくなってきました(苦笑)。
  1. 2014.05.09 (金) 09:47
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

一緒~

私は宮尾登美子さんの初めて読んだのが「鬼龍院花子の生涯」でした。
それ以前に「櫂」がテレビドラマ化された時見てました。
おばあちゃん子だったので、祖母と一緒に。
「序の舞」読んでそれから、松園→竹内栖鳳や鈴木松年。
序の舞で、松園さんが若い年下の恋人持つところがあるでしょう。
うまくいかなくなって拒絶されてたのに、なんやらかんやらしてた部分。
読んだ当時はよく分からなかったけど、この年になるとしみじみとします。
宮尾登美子展よかったですよ。ご自身のきれいな刺繍のバッグも展示してあったし。きれいで可愛いものが好きなのだなあと思いました。

同じです。段々、ややこしい長編がダメになりました。
しんどいんですわあ。疲れる~それに思い入れ過ぎて疲れる。

忍たま乱太郎は、結構好きかも?子供と一緒に見てたし。原作者の尼子騒兵衛は、伊丹や尼崎地元の尼崎信用金庫(尼信)の通帳キャラクター描いてるから愛着あって。

でも一番好きなのは、「おじゃる丸」。キスケが大好き。関連本もたくさん持ってます。原作者の犬丸りんさんが自殺された時はショックでした。

望景亭、うっすらと覚えてます。自分のブログで確認したら、6年前でした。
シーショアはステキだったけど、何せ同行者が夫ですからねえ。
盛り下がりました。
  1. 2014.05.09 (金) 22:11
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

そうなんですね。

私が序の舞を読んだのは、かなり昔で学生の頃だったと思います。
その時の私はまだおぼこくて、師匠との恋愛に震動を感じ、年下の恋人の方はあまり心に残らなかったみたいです。
でもね、この本で最も沁みたのは母と姉のこと、親子関係だったように思います。
当時の私は、ドロッとした恋愛の話より、子どもの才能を信じる親の心情の方がわかりやすかったのかもしれません。
多分、今読んだらまた違う感じ方をするのかもしれませんね。

思い入れすぎて疲れる、ほんとそのとおりかもしれません。
最近、涙もろくなってすぐ涙がでます。
でも、内心、自分でもなぜここで涙がでるのかわからず、自嘲してるんですけどね(笑)。

忍たま乱太郎、キャラは知ってますよ。
尼信博物館もすごく楽しいところですし。
でも、忍たまの展覧会をみたいというところまではいかなかったのです(笑)。
GWだったので、こどもが多そうでしたしね。

おじゃる丸くんも、たまたまNHKを見たらやってたということは何回かあって、知ってはいます。
かわいいですよね。
作者は自殺なさったのですか。
なぜ、また自殺など・・・。
  1. 2014.05.10 (土) 22:03
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。