とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 中信美術館 2013年「石本正新作展」

 sho1.jpg
 中信美術館で開かれている「湧きでる対象を求めて-石本正 新作展」('13.11.1~12.19まで。観覧料無料)に行ってきました
 石本正さんの新作展は毎年開催され、今年で5回目となります。

      sho2.jpg 
 今年のタイトルの「湧きでる対象を求めて」は、「とにかく描きたいものが湧いてくる。
描きたいものをとにかく描かんといられない。」という石本さんの言葉からつけられたようです。
 石本さんが描きたい!と思われた世界の一端を垣間見せていただきました

 私も毎年観に行かせてもらっているのですが、今年は植物や鳥が多かったです。
 暗めの背景の中で、ほんのり光が当たっているかのような白が美しかったです

 今回、私が一番惹きつけられたのは「塀」という作品です。
 本当に塀しかないのですが、真ん中がほんの少し明るくなっており、なんか目が離せませんでした。
 塀自身が光を放ってるようで、塀は世界を隔てるものではなく、内からも輝くことができるんじゃないかと思わせるような1枚でした

 「曼珠沙華」も赤が金がかっていて、深い色合いになっており美しかったです

 ここの美術館は、良い絵を無料で観せて下さる本当に素敵な美術館なんですよ。
 心に穏やかさをもたらしてくれます。
 恒例の石本正さんの新作展は、石本さんと中信さんからのギフトですよね。
 来年も楽しみにしています

 あっ、そうそう、この展覧会は明日(12/19)までですので、お近くに行かれた方は寄ってみてくださいね

中信美術館
 住所:京都市上京区下立売通油小路東入西大路町136-3 TEL:075-417-2323
 開館時間:10時~17時(入場は16時45分まで) 休館日:月曜 
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013.12.19 (木) 12:26
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

中信美術館

無料でしかもステキな絵を見せてくださるなんて、ほんまにいいところですね。
名前は知っていても全然行った事がないんですよ。
そんな小さな美術館をひっそりと訪ねるのもいいですね。
「塀」って作品、私も見てみたい。

れでぃさんのブログ、早速美人さんも見られたようですよ。
京都への憧れも強まり、美術館情報もすばらしいけど紅葉がステキとメールに書いてらっしゃいました。

ひっそりとれでぃさんのブログ見てる人もたくさんいると思うので、これからもボチボチ情報を発信し続けてください。
  1. 2013.12.19 (木) 20:39
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

嬉しいです。

hirorinさん、いつも応援ありがとうございます。
こんなマイナーなブログなのに紹介までしていただき嬉しいです。
ありがとうございます。

美人さんのところからだと、関西の展覧会情報はちょっと参考になりませんが、紅葉の写真は喜んでもらったようで良かったです。
京都の紅葉はほんとにきれいですものね。
滋賀の紅葉もオススメですけどね。

私の下手な写真より、本物の紅葉の方が数倍きれいなので、美人さんには関西に遊びに来ていただければいいですね。
もう、紅葉の季節は終わりましたが、来年の紅葉狩りの参考にもう1回紅葉狩りの記事をアップしたいのですが、次の3連休に書けるかなという感じです。

中信美術館は京都府庁のすぐ近所なんですよ。
ギャラリーのようにこじんまりとしていますが、ゆっくり鑑賞できますよ。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。