とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

H25.6.30で終了した京都の展覧会

 2週間もブログ更新をお休みしてしまいました
 このままフェードアウトしようかなと思ってしまったのですが、更新してなくても毎日見に来てくださる方々がいらっしゃって、これは頑張れという励ましなんだと思い、続ける方向で考え直しました。
 それでも今日(6/30)終了の展覧会の記事が間に合わずにすみません。
 こんな調子で、今後もあまり更新できないかもしれませんが、またよろしくお願いします。

 もう終わってしまったのすが、せっかく観に行ったので感想を書いておく事にします。

 chs1.jpg
 まず最初は、中信美術館の「京都中央信用金庫所蔵品展 作家が見つめた動物たち」展('13.6.4~6.30まで。観覧料無料)です。

 ポスターになっているのが、山口華楊の「双雀」です。
 あまり華楊らしくないというか、すこし貼り絵のような感じの作品でした。
 華楊の作品は、他に2点展示されていたのですが、少しデザイン的でこんな作品も描いていたのだなと思いました。
 
 猫の作品が何枚か並んでいたのですが、井上覚造さんという画家の猫がめちゃかわいい!
 その絵1枚で、その猫が主人公の本がありそうな、ストーリーが感じられる作品です。
 この画家のお名前は初めて知ったのですが、もっと見てみたいなと思いました

 同じく本の挿絵のように思ったのは、入江酉一郎さんの「初春」です。
 この人の作品は、なんかかわいくて好きなんです
 この「初春」もかわいかったですよ。
 ねずみの行列を描いた作品なんですが、見てるとなんとなく笑みがこぼれてきます。
 今回私が一番気に入った作品です
 
 入江酉一郎氏は、入江波光の息子さんなんだそうです。
 初めて知りましたが、言われると波光の色使いや空間の取り方が似ているように思います。
 入江波光も私の好きな画家の一人なので、酉一郎さんの作品に惹かれたのはある意味必然だったのかなと思いました。

 小山茂さんは昆虫図鑑のような写実できれいなコガネムシの絵を描かれてました。
 絵のタイトルは「お金持ち」です。
 めちゃウケてしまいました(笑)。  
 (コガネムシは金持ちだ~

 この展覧会は昨日(6/29)観に行ってきたので、チラシがもうなくて残念だったのですが、かわいい作品が多くてめちゃ楽しかったです

 chs2.jpg
 次に紹介するのは、龍谷ミュージアムで開催されていた「平山郁夫 悠久のシルクロード」展('13.4.20~6.30まで。入館料1000円)です。

 平山郁夫ということで、やっぱり行って来てしまいました
 平山郁夫が描いた作品は観たことのある作品ばかりでしたが、このミュージアムは展示スペースが広いので、雄大な作品でもちゃんと展示されて見映えがします。
 
 それにこの展覧会では、平山郁夫氏が集めた仏教遺跡の展示に加え、このミュージアムが持っている仏像などの仏教遺跡も展示され、よりシルクロード的な雰囲気を味わえました。

 本来、元々の国にあるべきはずの遺跡が、よその国に持っていかれて保存されなければならない状態というのは悲しいことだと思います。
 平山郁夫さんの平和であってほしいと願う気持ちが伝わってくるような展覧会でした

 chs3.jpg chs4.jpg
 最後に紹介するのは、京都国立近代美術館で開催されていた「芝川照吉コレクション展 青木繁・岸田劉生らを支えたコレクター」展です('13.5.18~6.30まで。観覧料1200円)。

      chs5.jpg
 大阪の淀屋橋に芝川ビルというレトロな建物があるのですが、今回の展覧会のコレクションは、この芝川ビルの施主である芝川又四郎の祖父の異母弟の娘婿にあたる芝川照吉さんという方が集められたものだそうです。
 と書いていても、その関係性はややこしくて私はよくわからないのですが、岸田劉生の「S氏の肖像」(チラシの左下)のモデルが芝川さんだそうです。
 この絵は何回も見ていて、S氏って誰なんだろうと思っていたので、今回やっとわかりました。

 芝川さんはコレクターというだけでなく、若い芸術家たちのパトロンだったみたいです。
 その関係でコレクションが充実していったようです。
 今回の展覧会では、芝川コレクションに加え、関わった芸術家たちの作品も特別出品されていました。
 以前に観たことのある作品も初めて観る作品もある上、絵画だけでなく工芸品もありなかなか楽しかったです。
 とくに岸田劉生と藤井達吉という工芸家の作品が充実していました。

 藤井達吉という人は私は知らなかったのですが、作品を観てみると、七宝・螺鈿・彫刻・刺繍・陶器といろんな作品を作っており、ものすごく器用な人だったんだなと思いました。

 常設展では村上華岳を特集していまして、なんと36点もの作品が展示されていました。
 こんなに一堂に観れるとは思っていなかったので、すごく得した気分です。
 企画展も常設展も充実しており、楽しい展覧会でした

 どの展覧会ももう終了していますので、間違って行かないで下さいね

 chs6.jpg
 春は大きな展覧会が山のようにあったので追い立てられるようで大変でしたが、やっとちょっと落ち着きました。
 これからはもう少しゆっくりと観ていきたいと思います

中信美術館
 住所:京都市上京区下立売通油小路東入西大路町136-3 TEL:075-417-2323
 開館時間:10時~17時(入館は16時45分まで) 休館日:月曜日、展示替期間

龍谷ミュージアム
 住所:京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117 TEL;075-351-2500
 開館時間:10時~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日閉館)、展示替え期間('12.7.17~8.23は休館)、ミュージアムの定める日

京都国立近代美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
 開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)休館日:月曜
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013.07.01 (月) 08:30
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

とうとう

6月も終わっちゃいましたね。
ハイ、毎日見に来てました。
きっとお仕事が忙しいんだろうなあって思ってました。
ボチボチでれでぃさんペースでぜひ続けてくださいね。

色々見に行かれてるんですね。
私は最近は全然で、先日比叡山の国宝殿で仏様を見たくらいです。

芝川コレクション、やっぱりあの芝川ビルのだったんですね。
二回くらい芝川ビル行きました。前だけだったら何度も通ってるんですけどね。
あのビルのトイレもレトロなタイル張りでよかったです。
1階のティカルってチョコレート屋さんもおいしいです。

青木繁の絵、多分福田たねをモデルにしたやつですよね。
振り返った物問いたげな大きな瞳が印象的です。
  1. 2013.07.02 (火) 06:36
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

いつもありがとうございます。

更新が遅れがちですみません。
ブログを書かないと時間的にすごく楽で、アクセス数も丁度10万になりそうだったので、このまま休止・・・と思ってしまったのですが、いやいやそれはアカンやろうと思いとどまりました。
その時に、もちろんhirorinさんも脳裏に浮かびましたよ。
いつも応援してくださって、ありがとうございます。

hirorinさんは芝川ビルの中に入られたのですね。
私はまだです。
私も前だけならよく通るのですが。

青木の「女の顔」、おっしゃるとおり福田たねがモデルと言われています。
目が大きくて美人ですよね。
私が青木繁を知ったのはこの絵が最初なんで、青木の作品の中でもお気に入りの一枚です。

比叡山、厳かですよね。
私もできれば年内に行きたいと思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。