とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

東大阪市民美術センター 「竹工芸の魅力展」

 先日、東大阪市の花園ラグビー場の近くにある東大阪市民美術センターに自転車で行ってきました
 この日は雪にはなりませんでしたが、途中、小雨がぱらついて寒~い
 美術館の中は暖かくてホッとしました

 takeh1.jpg
 こちらでは、「大分県立芸術会館所蔵 竹工芸の魅力展」('13.2.2~3.3まで。入館料500円)が開催されています。

 竹材のうちで竹細工に使用されるのは主にマダケで、大分県はそのマダケの生産量が全国1位であり、昔から竹材を利用した竹工芸が盛んなのだそうです。

 見てみたら、実用的な工芸品から鑑賞用の美術品まで多彩でびっくりしました。
 これが木の竹からつくられたの?って思うぐらい、剛から柔まで竹のあらゆる良い面を見せつけらたような気がします。
 まさに竹工芸の魅力あふれる展覧会です

     takeh3.jpg
 近代竹工芸を芸術品にまで高めた人たちが何人かいるようですが、初代早川尚古斎(はやかわしょうこさい)という人は、自品に銘を刻むことで、今まで無名であった籠師の存在を示し、竹工芸を美術工芸品としての地位にまで押し上げたそうです。

 小さくてわかりにくいかもしれませんが、チラシの3段目の左の作品が初代尚古斎の作品です。
 端整に編まれた籠は今でも使えそうな実用品ですが美しいです。

 初代田邊竹雲斎(たなべちくうんさい)という人は、多彩な籠を作り出し、関西の竹芸界を牽引されたそうです。

 チラシの最上段2つの作品が初代竹雲斎の作品です。
 この人は、華道や茶道もよくされてたようで、茶室に合いそうなシブイ花籠だなと思いました。
 今回は展示されてなかったのですが、図録を見ると、蝉を模った籠もありました。
 とても竹で作ったとは思えません。
 すごいイマジネーションです。

 関東で活躍された飯塚琅玕斎(いいづかろうかんさい)の作品は、竹本来の良さが伝わるような力強さがあります(チラシ2段目の2作品)

 この人の他の作品は、竹を紐のように結んだのもあれば、竹棒をそのまま活かしたのもあり、竹の素材が自由自在に変化して面白いです。

 生野祥雲斎(しょうのしょううんさい)は、竹細工で最初の重要無形文化財(人間国宝)に認定された人です。
 チラシ4段目1列全部なのですが、繊細な編み込みで美しいですねぇ。

     takeh2.jpg
 こちらは祥雲斎の「陽炎」という作品です。
 ものすごく計算された造形美です。
 いや、計算してもそれを実際に造るとなると、ものすごい技術がいるでしょう。
 さすがは人間国宝だなと思いました

 この他にもたくさんの作家さんの作品が展示されてました。
 私が気に入ったのは、植松竹邑(うえまつちくゆう)という人の作品です。
 すごくきれいだったのです。
 あの5枚組みのお皿(?)欲しい~(笑)。

 そういう人のために、竹工芸品の販売もありましたよ。
 バッグなどもオシャレでしたが、お値段もなかなか(笑)。
 
 会期中の土・日・祝は竹工芸の実演もやってます(12時~13時は休憩)。

 図録はこの展覧会用ではなかったのですが、多数掲載されているので購入しました。
 値段は1200円です。
 写真が大きく美しく良かったですが、もう少し作品解説があれば言うことなしです(笑)。

 竹工芸の展覧会は初めて見ましたが、大変良かったです
 大分県では、日本で唯一の竹工芸科がある職業能力開発校があるそうですが、これからもたくさんの竹工芸の作家さんが誕生されるのでしょう。
 またの展覧会を楽しみにしています
 
東大阪市民美術センター
 住所:東大阪市吉田6-7-22 TEL:072-964-1596
 開館時間:10時~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休館)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013.02.23 (土) 22:50
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

なかなか渋い

展覧会をやってるんですね。
それにしてもこんな渋いのをどこで見つけられたのか?
やはり、マメに美術館紹介サイトなど調べてはるんですか?

竹ってあんなにしっかりしてるのに、きれいな曲線を作れたりしならせることも出来て不思議ですね。
私は、あめ色になったのが好きですね。
いい色合いですよね。写真の。
東大阪かあ。全然普段行かない方なんですけど、何か物価が安くて買い物が楽しそうな。

下記事ですが、京田辺の方は電車で奈良に行く時に通過するか車で奈良方面へ行く時に通過しますね。
降りたことはないのですが。
同志社が出来てお店、おしゃれなのがたくさんありそうです。
  1. 2013.02.24 (日) 07:51
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

駅で。

この展覧会は駅に貼ってあったポスターで知りました。
この美術センターは、いつも企画展が開催されているのではないのですが、開催されると良い展覧会を企画されます。

竹工芸は、はじめから竹材を染めて細工しているものと、年月が経って自然に色が深くなっていくものとがあるような。
その辺は説明がなかったので、私が勝手に思っているだけですけどね。

買い物が楽しいところはまだ見つけていませんが、東大阪市は面積が広いので、そういうところもあるかもしれませんね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。