奈良県立美術館「日本伝統絵画」展

 nadento1.jpg
 今日は奈良県立美術館で開催されている「館蔵品展 日本の伝統絵画-材質、形態、画題」展('12.9.1~10.8まで。観覧料400円)を紹介させていただきます。

 この展覧会、勉強になりますね~。
 ここの美術館はいつもわかりやすい展示なのですが、今回は更に美術の授業のようで、館蔵品を面白く(興味深く)見せているなぁと思いました。


 詳しい内容は、サブタイトルにもあるように、材質・形態・画題について作品を通して解説しています。
 
 まず材質ですが、絵画が描かれる素地の材料である素底材または支持体は、絹や紙、板、土、石などがあるよという紹介です。
 紙が多いですが、昔の掛軸などは絹も多いですし、板絵や壁画などは板や土が材質になります。
 絹本、紙本、板地の作品が並べて展示されており、見比べられるようになっていました。

      nadento2.jpg
 もう1つの材質は絵具です。
 ここは絵具のそのものの紹介ではなく、墨画、墨と淡彩or濃彩(着色)、金地着色などの彩色作品の展示になっています。
 ここでは、呉春、長沢芦雪、魚屋北渓の作品が展示されてました。
 チラシの「元信印 洛中洛外図帖」(部分)もこのコーナーにあります。

 形態は、掛軸、巻物、襖、屏風、画帳、扇面、団扇などがあるよという内容です。
 鳥文斎栄之の「伏見城落城・関ヶ原合戦絵巻」は、合戦の図でありながらさっぱりとしています。
 伏見城落城なのになんとなく西軍の方が勢いがあるような(笑)。

      nadento3.jpg
 吉村孝敬の「十二ヶ月花鳥図屏風」(は端整で美しかったですね。
 作者不明の同じく「十二ヶ月花鳥図屏風」も色がカントリー調でかわいかったですよ。

 画題のコーナーは、人物画、説話画、山水画、吉祥画、風俗画、美人画、名所風景画など様々な画題がありますよという紹介です。
 ここで日本ではこういう画題が好まれ、望まれたのだなということを見てほしいとの
ことでした。
 私はそんなことお構いなしに、「この絵いいわ~」とか好きなように見てしまいましたけどね(笑)。

 事前予約が必要みたいですが、最終日の10月8日(月・祝)には、伝統の膠(にかわ)絵具で彩色し、絵馬を作る初心者向け体験講座もあるみたいです。

 美しい作品が楽しめて、美術の勉強にもなる一石二鳥の展覧会でした。
 楽しかったですよ。

奈良県立美術館
 住所:奈良市登大路町10-6 TEL:0742-23-3968 
 開館時間:9時~17時(金・土は19時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/28~1/4)、展示替え期間
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

へええ

こういう展覧会いいですね。
よくよく考えれば分かってるようで全く分かってないことが多いですし。
勝手に日本画は紙か絹布の上に描かれてると思い込んでたし。
解説してくれるのありがたいです。

こういうのゆっくりかみしめながら見るのがいいですね。
れでぃさんとこは、趣味が合うご夫婦でうらやましいです。
私はもうそんなこと諦めましたが。

そうなんです。

hirorinさん、こんばんは。
なんとなくわかっているけど、ちゃんとは知らないことってたくさんありますもんね。
私も絵を観るのは好きですが、まったく我流の見方ですし、解説とかがしっかりしていると展覧会も面白く感じます。

夫は、私の趣味に付き合わないと私がコワイから仕方なく付き合っているうちに、自分も興味を持ってきたというところでしょうか(笑)。
やはり最初が肝心かと(笑)。

hirorinさんのご主人も優しいなといつも思っていますよ。
明るいhirorinさんの家庭は楽しそうです。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示