とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

京都市美術館 「上村淳之展―作家の眼―」展

残暑お見舞い申し上げます。

 暑いですね~。
 皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?
 私は暑さと仕事の忙しさで、完全に夏バテです
 休日も遊びに行く体力も気力もなく、家でぐったりしているのですが、仕事でもパソコンを使い、家に帰っても宿題があったりして、ちょっとブログを書く元気がなくお休みしてしまいました。
 遊びに来てくださった皆様、更新がなくて申し訳ありません。
 暑くなる前に行った展覧会の会期が迫ってきてしまったので、ボチボチ更新していこうかと思っております。
 毎日とはいかないかもしれませんが、もしよろしければまたよろしくお付き合いくださいませ。

皆様もお体に気をつけて、お過ごしくださいね。

 ciatushi1.jpg
 今日、ご紹介するのは、京都市美術館で開催されている「上村淳之展ー作家の眼ー」展('12.6.30~8.19まで。観覧料1000円)です。

 この展覧会、すごく良かったですよ~

 ciatushi2.jpg
 今回は、淳之さんの作品の初期から近年の作までの約60点が展示されています。

 昭和30年代の初期の作品は、かたく、心象的で、洋画っぽい作品でした。
 鳥を描いていても、鳥が全面的に出ているだけで、背景との調和が取れていません。
 「モノ」として鳥が存在するだけで、鳥がなぜそこにいるのかが感じ取れないのです。

 それが、昭和53年の「晨Ⅰ・Ⅱ」以降からは、いつもの淳之さんの絵になっていきます。
 自然の中で「生きている」という存在感のある鳥です。
 ここからはもう淳之ワールドです

 ciatushi3.jpg ciatushi4.jpg 
 柔らかく、優しく、美しい色の中で、鳥も動物も草木でさえ生命を謳歌している様子が感じ取れます。
 
 お父さんの松篁さんの鳥も美しいのですが、松篁さんの鳥は少し厳しさが感じられる時があるのですが、淳之さんの鳥はどれも優しく暖かい。
 鳥1羽だけ描かれていても、その背後に家族や仲間が感じられます。
 決して独りではないんですよね。
 たった1羽で一生懸命飛んでゆく目的地は、家族や仲間がいる場所なのでしょう。
 
 本当にどの作品も良く、これらの作品をずっと観ていたいと思う展覧会でした

 作品のキャプションは、淳之さん御自身の言葉だそうです。
 淳之さんといえば、花鳥画のイメージですが、珍しく人間を描いた絵もありましたよ。
 私は淳之さんの展覧会もよく観に行ってますが、人物画を見るのは初めてかも。

 淳之さんは、動物の絵もかわいいんですよ。
 今回は、私の好きな「初めての冬」も出ていてうれしかったです
 「春宵」という作品は、うちのニャンコに似ていてお気に入りの一枚になりました
 でも描かれているのは猫ではないんですけどね(笑)。

 展覧会の図録は1500円です。
 安い!
 これは絶対に買いですね(笑)。

 展覧会の目録に、気に入った作品だけ簡単なメモを書いているのですが、後で見てみるとほとんどの作品に何か書いてました(笑)。
 8/19までなのに紹介が遅くなって申し訳なかったのですが、自信を持ってお薦めする展覧会です
 優しい気持ちになって、癒されますよ。
 
京都市美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内) TEL:075-771-4107
 開館時間:9時~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日〜1月2日)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012.08.13 (月) 22:03
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

がんばってる

展覧会行かれてるんですね。このポスター涼しげで可愛くてなかなか良いです。
私もどこかへ行きたい。でも風邪→気管支炎で咳がなかなか治まらず、このお盆休みも家にずっといます。
ちょっとくらいどこかへ出かけたいけど、買い物行くのが限界です。

動物の絵が可愛いんですね。奈良の松伯美術館で見た時も色々ありましたが、こちらでもたくさん見られるんですね。
行きたいけど多分無理っぽいです。

鳥の絵が温かい感じなんですね。そう言えばこのポスターの絵も絵本に出てきそうです。
仲間・家族がいるんですね。絵からそんなところまで読み取られるれでぃさんもすばらしいです。
  1. 2012.08.14 (火) 00:55
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

大丈夫ですか?

hirorinさん、お体の方、大丈夫ですか?
長引く咳はお辛いですね。
お大事になさってください。

私もこの展覧会に行ったのは、7月の最初の方だったと思います。
今年はなんかしんどくて、最近はどこにも行けてません。
ブログもすぐに感想を書けばよいものを、ぐだぐだしているうちにあっという間に日が経って、毎回会期終了のぎりぎり前になって焦って書いています。
私もお盆休みのような長期休みがあればうれしいのですが。

hirorinさんの体調が良ければ、この展覧会と近代美術館で開催されている「KATAGAMI」展とペアでおすすめするところですが、体調を戻されることの方が大事です。
ゆっくりなさってくださいね。

それから、私のことまでほめてくださってありがとうございます。
私の感性なんて大したことはありません。
淳之さんの絵が素晴らしいのです。
今回、展覧会に行けなくても、淳之さんの展覧会は今後、何回も開催されると思いますから、hirorinさんもいつかきっと見に行ける機会がおありだと思います。
その時はお見逃しなく(笑)。
  1. 2012.08.20 (月) 21:43
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

お久しぶりです

久しぶりにブログにお邪魔しました。
上村淳之さんの展覧会ポスターの絵、ホント涼しげで素敵です。
タペストリーがあったら欲しいくらい。
絵葉書をフォトフレームに入れて飾りたいくらい。
便せんがあったら誰かに手紙を書きたいくらい。
素晴らしいなあって思う絵はたくさんあるけれど、
みて心がウキウキするような絵って、なかなか巡り合えない。
鳥や動物たちととともに生活しているからこそ、描けるもの
なんでしょうね。
  1. 2012.08.21 (火) 07:01
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

もものあきさん、おはようございます。

コメント、ありがとうございます。
坊ちゃん、よくなられましたか?

淳之さんの絵、ホント、暖かくて美しかったです。
おっしゃるとおり、多くの鳥とともに暮らされているからか、鳥の美しさや良いところを熟知されているという感じです。
それだけでなく、鳥であっても親子の愛、仲間を大切にする姿を描かれるところが淳之さんの絵のステキなところだなと思いました。

今回はあまりグッズは売ってなかったように思います。
絵葉書はあったかな。
いつもだったら、便箋もありそうですけどね。
もし便箋があれば、もものあきさんは葉っぱがたくさん生い茂った木のようなお友だちにお手紙を書かれるのでしょうね。
もものあきさんご自身も、まっすぐ伸びる木のような人だと思いますよ。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。