とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

美術館「えき」KYOTO 「久保修 切り絵の世界展」

 京都駅伊勢丹の中にある美術館「えき」では、「画業40周年記念 久保修 切り絵の世界展-紙のジャポニスム-」展('12.6.21~7.16まで。入館料700円)が開催されています。

       kubosyu2.jpg
 細かい作業そうですね~
 手法は、この前奈良で観た影絵の藤城清治さんに似ていると思うのですが(その時の記事はこちら)、藤城さんが人物や動物などが多いのに比べ、久保さんは建物など風景が多かったです。

 建物の屋根や格子戸など、直線の連続が印象的です。
 見た感じは版画に近い印象をうけますが、屋根などは、版画や普通に筆で描いた絵より立体的に見えます。
 その反面、パステルカラーを使った作品「うろこの家」などは、美しいのですがわざわざ切り絵にする意味があるのかなと思うぐらい水彩画に近い作品もありました。

       kubosyu3.jpg
 風景は、京都をはじめ大阪や兵庫など関西が多かったです。
 それは京都で開催されている展覧会だからか、元々なのかはわかりませんが、京都の古い家並みは久保さんの切り絵の雰囲気によく合っていると思いました。

 あと、食べ物の作品が多いというのも、久保さんの特徴でしょうか。
 チラシの下側に載っている鯛もおいしそうですが、ぐじ(甘鯛)はもっとおいしそうでしたよ(笑)。

 図録は2625円とちょっと高いです。

 この展覧会は今日(7/16)までです。
 混雑していますので大変かもしれませんが、ちょっと離れてみるとより立体的に見えますので、行かれる方は遠近両方で見てみてくださいね
 
美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(最終日17時まで。入館各30分前まで)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012.07.16 (月) 08:15
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

涼しげですね

切り絵って黒い線やらで向こうが透けてる状態?だからか涼しい・夏向けな感じがします。
朝顔のが涼やか~こんなに暑いとあまりに重苦しい油絵より切り絵のほうがいいかも。

ポスターの裏側の鯛のが気になります。
これも切り絵ですか?京都はこの週末祇園祭宵山で、いつも以上の人出。
恐くて近寄れないです。
  1. 2012.07.16 (月) 09:51
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

あわせるものによるかも。

おはようございます。
朝早くからコメントありがとうございます。

朝顔との組み合わせは涼しげな感じがしますね。
黒の輪郭線が濃いので、場合によっては冬向きにもなります。

鯛も切り絵なんですよ。
ちょっと記憶があやふやなのですが、貼り絵みたいだったかも。

ちょこっとですが、祇園祭の山鉾も見てきましたよ。
京都文化博物館の受付のおねーさんたちは、浴衣姿でした。
観覧者はほぼ全員普通の服を着ているのに、なんでスタッフだけ浴衣姿で涼しそうにしてるんだとやっかんでしまいましたが(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログラム