とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

国立国際美術館 「コレクションの誘惑」展

 同じ日に行ったわけではないのですが、大阪つながりで中之島の国立国際美術館で開催されている展覧会も紹介いたしましょう。

 「国立国際美術館35周年記念展 コレクションの誘惑」展('12.4.21~6.24まで。観覧料1000円)です。
 この美術館はできてまだそんなに経ってないなずなのに35年!?と思ったら、1970年に大阪万博における万国美術館の建物を譲り受け、現代美術を扱う国立美術館として1977年に開館し、その後2004年に中之島に新築移転したそうです。
 ということで、万博公園時代から通算して今年が35年目というわけだそうです

 kokusaic1.jpg kokusaic2.jpg
 当初の予定通り、コレクションは現代アートが中心で、今回の展覧会ではピカソ、デュシャン、ウォーホル、杉本博司、草間彌生など150作家、約350点の展示となっています。

 感想は、う~ん、正直ちょっと見ててしんどいです
 それは量が多くてではないですよ。
 内容がです。

 元々、現代アートがあまり好みではないということもあるのかもしれませんが、ここのコレクションからはネガティブな印象を受けてしんどいのに、それらにパワーがあるから余計に重苦しい。
 なんか石を持たされ、それがどんどん重くなっていくという感じで、負のパワーにやられてそれ単独で見ればきれいだろうという作品でさえあまりきれいに見えず、負の連鎖反応まで起こしてしまいました。

 機嫌よく見れたのは、本当に最初の方のピカソ、藤田嗣治、パスキン、国吉康雄ぐらいです。
 あとは、映画ではかわいく思えたグレムリンの「ギズモ(モグワイ)」でさえ不気味に見えました(作品はアンディ・ウォーホルの「グレムリン」シリーズ)。
 まぁ、ギズモは水に濡れるとワルワルのグレムリンに変身するので、元々悪の素質を持っているからかもしれませんけどね。

 あっ、そうそう、面白いなと思った作品があったのを思い出しました
 写真家米田知子さんの作品です。
 作品名「フロイトの眼鏡ーユングのテキストを見る」は、フロイトの眼鏡を通してユングの著書を写して、それを写真に撮っています。
 このように歴史的人物の実際の眼鏡を使用して、関係する物を見るというのは発想が面白かったです。
 これはシリーズになっていて、いろんなパターンがあります。
 考えれば奥が深そうなので、行かれる方はチェックしてみてくださいね

 展覧会の図録は1500円でした。
 
 いろいろ書きましたが、これはあくまでも私個人の感想です。
 この展覧会こそ、まさしく350点一挙公開です。
 現代アートがお好きな方なら35周年記念にふさわしく、見応えがあると思いますよ

国立国際美術館
 住所:大阪市北区中之島4-2-55 TEL:06-6447-4680
 開館時間:10時~17時(金曜は19時まで。入館は閉館の各30分前まで) 休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休館)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012.06.13 (水) 22:00
  2. URL
  3. Hokurajin
  4. [ edit ]

現代アートはしんどい。
同感です。
個人的にもそれほど好きでもないのに、また見に行ってしまう。
そして「なんじゃ、こりゃ」と言ってしまう(笑)。

そのうちに現代アートにも開眼するかも知れないけれど、別にそうならなくてもいいのではないか、なんて事も思ってしまう(笑)。
  1. 2012.06.13 (水) 23:23
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

Hokurajinさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

現代アートでも見て楽しいのはいいんですけどね。
私は新しくなくてもいいから、わかりやすい美を素直に愛でたいです。
意味不明の小難しいのは疲れます(笑)。
  1. 2012.06.14 (木) 11:11
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

これ

私もいいなと思ってたんです。
国立国際は好きな美術館だし、でも暑いと肥後橋からですらしんどいかも・・・
ああでも24日までかあ。ちょっと無理かなあ。
現代アートも楽しいもの・可愛いもの・ポップなものは大好きですが、重いものは私も苦手です。
小さくて可愛い物がたくさん並んでるのが好みだけど。なかなかねえ。
  1. 2012.06.15 (金) 20:29
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

とにかくたくさん(笑)

hirorinさん、こんばんは。
今回の展覧会はコレクション展なので、この美術館が好きなhirorinさんなら見たことがある作品が多いかもしれませんね。
今までの常設展示でお好きな作品があるのでしたら、今回は多分展示されているので見れると思いますよ。
  1. 2012.06.20 (水) 19:23
  2. URL
  3. さやか
  4. [ edit ]

突然のコメント失礼します。
私は今大学一回生で
このコレクションの誘惑 
を見に行き美術のレポートを作成しようと考えています。
そこで質問なのですが
一人の作家さんにつき
何枚くらいの絵画が展示されていたか
しりたいです。
よかったら教えていただけないでしょうか。
よろしくおねがいします。
  1. 2012.06.20 (水) 21:08
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

さやかさん、はじめまして。
楽しそうなレポートですね。

この展覧会は個展ではないので、例外もありますが基本1作家1~2点です。
展覧会の中に入りますと、目録が置いてあります。
目録には作家名と作品名が全部書いてありますから参考になると思いますよ。

感想も解釈も人によって全然違いますので、是非ご自分の目で観てくださいね。
またさやかさんの感想を聞かせていただければ、うれしいです。
楽しみにしていますね。
それでは、レポート頑張ってください。
  1. 2012.06.23 (土) 17:53
  2. URL
  3. さやか
  4. [ edit ]

こんにちは!
先日はお返事ありがとうございました。
今日「コレクションの誘惑」見に行ってきました!
れでぃさんのおっしゃっていた通り
すごく重くとてもネガティブな絵が多かったです。
現代アートというものをみるのはほとんどはじめてでしたが
いろんなパワーを感じました。
ひとつひとつはとてもすばらしいのですが
やはりすべてのものを
見ていくとだんだんしんどくなってきました(笑)
美術館でこんなに負のパワーを感じたのは初めてです(笑)
しかし新しい美術にふれることができ
とてもいい経験になりました。
レポートがんばってみます!!
  1. 2012.06.23 (土) 20:09
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

さやかさん、こんばんは。
さやかさんが観に行かれての感想を書いてくださって、ありがとうございます。
すごくうれしいです。

現代アートは、今回がほぼ初めてでしたか。
こんなにたくさんの作品を一挙に見れる機会はそう多くはないので、観に行かれて良かったと思いますよ。
でも、今回の展覧会は、いわば国立国際美術館のセンスなので、現代アート全てがネガティブというわけではありません。
もっと楽しい作品ばかりを集めている美術館や展覧会もあると思います。
現に、この前この美術館で開催されていた草間彌生展は楽しかったですしね。

今回の展覧会で、いろいろ感じられたご様子。
良い感受性をお持ちのようですね。
これからもたくさんの美術品を観て、そのステキな感受性を更に磨いていってください。
そして、また展覧会や美術について語り合えるのを楽しみにしています。

レポート、頑張ってくださいね。
  1. 2012.08.21 (火) 11:26
  2. URL
  3. 黒究
  4. [ edit ]

No title

現代アートはまだ一度も見にいたことがありませんが、日曜美術館などで見ていると、「現代社会における・・・」みたいな、確かにあまりポジティブなコンセプトの作品は少ないようですね。美大では、真っ先に作品の「コンセプト」を聞かれるという話が森村泰昌のエッセイに書いてあったような。。。「松井冬子」の作品が好きという人なら平気かもしれませんね 苦笑)))

「目で見る江戸のファッション」と題して浮世絵の記事を上げました。よろしければ、また遊びに来てください。http://blogs.yahoo.co.jp/mishima_doo/15792749.html
  1. 2012.08.21 (火) 23:26
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

No title

黒究さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

現代アートは、見て何を意味しているのかわからない作品が多いので、美大では何を表現したいのかを明確にさせるのはいいことだと思います。
でも、一般の観覧者はコンセプトを直接聞くことはできませんものね。
正より負の方がイメージさせやすいのかもしれませんが、作品の意味がわからないのに加え、負のイメージまで押し付けられると正直しんどくなります。

松井冬子さんの作品は、実はまだ直接は観たことないのです。
興味はあるのですけどね。

黒究さんのブログは見に行かせていただきました。
参考になりました。
  1. 2012.09.09 (日) 15:40
  2. URL
  3. 黒究
  4. [ edit ]

No title

先日はお越しいただきまして、誠にありがとうございました。
「KATAGAMI」展はノーチェックでした。新しい発見もあっただろうに観に行かなかったのは残念です。
「六弥太格子」に伊勢海老を配した型紙も展示されていたようですね。伊勢海老のモチーフも市川家にちなんだもです。
  1. 2012.09.09 (日) 18:40
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

黒究さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

「KATAGAMI」展で六弥太格子に伊勢海老、見たように思います。
この展覧会は浮世絵もあったので、黒究さんに是非観ていただきたかった展覧会でした。
三重県立美術館に巡回しており、10/14まで開催されていますが、ちょっと遠いですね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログラム