京都国立博物館 「王朝文化の華」展

 この週末で終了してしまう展覧会を急いで紹介しましょう。

 yomei1.jpg
 京都国立博物館で開催されている「王朝文化の華 陽明文庫名宝展」('12.4.17~5.27まで。観覧料1300円)です。

 yomei2.jpg
 玄関には、いつものようにその展覧会のパネルが置かれています。

 この展覧会は、藤原鎌足の直系で藤原五摂家の筆頭である近衛家が蔵している宝物庫=陽明文庫の名宝約140点を紹介する展覧会です。
 
 「文庫」という名のとおり、宝物の内容は文書類が多いのか、展示の6~7割程度が古文書の類だったので、もっと観覧者が少ないのかと思っていたら、すごい人です。
 みんな熱心に見てられていて、感心しました。
 私は、あまりわからないのでサラッとです(笑)。

 ですが、今回の見所の一つである藤原道長の日記「御堂関白記」などは、当時の様子や家のしきたりなどが具注暦とともに書かれており、本当に日記という体裁で研究者にとっては貴重な資料だと思います。
 こんなのを見ていると、これらの記録が読めたら面白いだろうなと思いますね。

      yomei4.jpg
内容はわからずとも、見ていて美しいなぁと思う古文書もありました。
 国宝の「大手鑑」は、古筆の断簡を厚手の紙に貼り付けて、帳面みたいに仕立てたものなのですが、その中身がすごい!
 聖徳太子(後期)や聖武天皇(前期)、光明皇后(後期)、中将姫、紀貫之など錚々たるメンバーの古筆が並んでいます。
 こんな貴重な古文書をよく切ったなぁと、そっちの方が気になったのも事実ですが(笑)。

 字が美しいなぁと思ったのは、かな文字で書かれたものですね。
 「歌合」の類や「源氏物語」の写本です。
 漢字もいいのですが、やはりかな文字は優雅で伸びやかな雰囲気を醸し出してます。

 紙が美しいのは「倭漢抄」下巻と孝明天皇の書である「詠糸桜和漢巻」です。
 どちらも紙だけでなく、字も美しいのですけどね。
 「詠糸桜和漢巻」の紙は、チケットの絵にも使われていましたので、見比べてみてくださいね。

 そして、字の美しさを引き立たせているのが表装です。
 字より表装の方がステキだなと思う作品もいくつかありましたが(笑)。
 近衛家21代当主家熈(いえひろ)が歌にあわせて、表装したものが多いそうです。
 結構、表装が目立ちます。

 ちなみに表装は、室町以降、茶の湯の流行とともに観賞用に発展したという側面もあり、傷みが激しくなってくるのでだいたい100年1回ぐらい替えられるそうです。
 陽明文庫の作品もお茶室に合いそうな感じでした。

 後半になると、書以外の宝物の展示がでてきます。
 やっぱり家熈さんは茶の湯が好きだったのか、茶杓を小さな箪笥に入れて大切にされていたみたいです。
 その茶杓が千利休、古田織部、織田有楽斎など、またまた錚々たる人物の手の物です。
 そりゃ、大切にするよねという感じです(笑)。

 この家熈さん、かなりの芸術家だったのか、字も上手ですが絵も上手い。
 「花木真写」という植物図鑑のような絵は、すごく写実的です。
 この美的センスで表装するんだから、目が惹きつけられるのも納得です。
 
 銀細工の雛道具や人形の展示もすごかったですね。
 雛道具は、ミニチュア版なのにすごく精巧に作られています。
 小っちゃな飾り棚に干支の置物全部が載っているものや、茶道具セットなど、かわいくて欲しいと思いました(笑)。

 人形も、小さい木目込み人形などが輪になって展示されていたりしてかわいいです。
 とくに子犬の御所人形がかわいかったので、行かれる方はじっくり見てみてくださいね。

      yomei3.jpg
 そして最後が、お待ちかねの絵画のコーナーです。
 近世・近代の絵画が並んでいます。
 チラシのメインは酒井抱一の「四季花鳥図屏風」です。 
 見てのとおり、金地に花や鳥が描かれた華やかな屏風ですが、この部屋は結構落ち着いた作品が多いので、ちょっと浮いてる感じがしますが、これだけを観ると美しいです。

 そうそう、このチラシは、「紅地蝶文様繍箔連貫」(上部の蝶)、「四季花鳥図屏風」(中央)、「賀茂祭絵巻」(下部)、 という3つの作品の合成ですので、全部が一緒になった作品はありませんのでご注意を(笑)。

 私のイチオシは下村観山の「鷹図」です。
 前期の「嵐山・加茂川」の嵐山の桜も良かったのですが、後期の「鷹図」もすごく良いです。
 木の上に止まっている鷹は、声を発しているように口を開けています。
 そして、鷹の視線の先には鳥の影が。
 真ん中の美しく紅葉した蔦が、更に画面を引き締めています。
 やっぱり、下村観山はすごいです。
 是非是非、注目して観てみてくださいね。

 冨田渓仙の「崑崙山図」は、ゴツゴツとした山々が仙境のイメージをだしています。

 堂本印象の「寒山拾得」は、ほのぼの系のかわいさですよ。
 絶対観てくださいね。

 図録は2300円でした。
 展示品が全部載っているというわけではありませんが、書の部分などは読まれた方がわかりやすいと思います。

 難しい内容だったと思いますが、見応えのある展覧会でした
 
 展覧会の期間中(5/27まで)、この展覧会のチケットの半券を見せると、養源院の拝観料が団体割引に、法住寺は拝観するとお茶とお菓子の接待、新日吉神宮で絵葉書2枚プレゼントなどがありますよ。
 うちは一緒に周って来ました。 
 その時のお話は、また今度ご紹介しますね
 
京都国立博物館
 住所:京都市東山区茶屋町527 TEL:075-525-24738(テレホンサービス)
 開館時間:9時半~18時(金曜は20時まで。入館は各30分前まで) 休館日:月曜(月曜が休日の場合は、翌火曜日休館)、平常展示館が建替工事中のため展覧会開催期間以外は全館休館
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おお

私もこれいいなと思いパンフはもらってきたのですが、結局行けずじまいです。
最近全然展覧会系に行ってないです。
又、一人でゆっくりと回ってみたいです。

それにしても所蔵品の素晴らしさ・点数の多さはさすが近衛家ですね。
やっぱり同じ華族と言っても格が違いますもんね。

そしてこの博物館は建物自体も好きですし、常設展示もいいものが多いんですよね。
やっぱり国立ってすごいって思ってしまいます。

玄人好みの展覧会

コメント、ありがとうございます。
この展覧会は、観れば観るほど味がでるスルメみたいな展覧会でした(笑)。
でも、人が多くてゆっくり鑑賞できないので、なかなか良さがわかりにくい。
マニアックな内容なのに、なぜこんなに人気なのかちょっと不明です。

この陽明文庫は、元総理大臣・近衛文麿が建てたものだそうです。
近衛家は、きっと今もすごいのでしょうね。

京博の昔の常設展示、迫力ある仏像がいっぱいで良かったですよね。
今は建替え工事中で、平成26年に完成予定だそうです。
早く常設展示も見たいですよね。

このサイトを見つけ、興味と魅力を感じています。

高島屋の法隆寺展を見た後で、そのパンフレットがないかとWEB検索をしていたときに見つけました。
「とある婦人・・・」の記事と「とある婦人」にも興味を持っています。
私は展覧会、お寺などを観ることを趣味としています。今まで感想などを書いた事もなかったですが備忘目録になるほどと興味を持ち我もやりたいなと考えています。
・ツタンカーメン展 行きました。
 5/20(日)14::00 整理券配っていました。19:00入場の5時間待ち。それではと、待ち時間の内で、市立科学館のプラネタリウムへ、21日の金環日食関連のイベントに行ったが当日券完売でだめ。日食めがね1500円を買い退散。梅田の映画館回ったが結局タイミング的に会わず。家へ。
 5/22 再挑戦、30分街で本懐を遂げる。
展示物には、思っていたよりもサイズが小さく、精巧に出来ているのには驚いた。今のエジプトとは印象がまったく異なった。またあの青色(エジプシャンブルーというそうだ)には、いままでにない新鮮な印象を得ました。ツタンカーメンの黄金のマスクは展示されておらずがっかりしたが、それにも勝る発見があり満足した。
・王朝文化の華 にいきました。
 5/24(木)ラストチャンスと思い行きました。
思ったよりは人では少なかった。
 近衛文麿首相は藤原道長の直系の子孫だった事を知りました。政治形態がどんどん変わる中、千年の長きにわたり、文化財が保存、伝えられてきたのには敬意を持ちました。
 展示物では、国宝、重文多々ある中、国宝「御堂関白日記」道長の自筆日記14巻はもっとも興味深かった。美しい文化財というではなし、単に毎日の出来事を淡々と飾り気なしで書き綴った14巻、今でもどこにでもありそうな日記。平安のブログでしょうか。
・今日は、イーマのブルグ7に映画版ダビンチ展と長居公園の恐竜の成長展を予定しています。

これからも「とある婦人」さんと情報交換したいと思っています。よろしく。

Antonさん、コメントありがとうございます。

Antonさん、はじめまして。
私のブログに興味を持っていただきまして、ありがとうございます。

Antonさんも展覧会やお寺に興味をお持ちですか。
同好の士ですね。
こちらこそよろしくお願いします。

ツタンカーメン展、私も行ったのですが、会期が延びたのをいいことにまだ書いていません。
もう少し先になるかもしれませんが、会期中には書きますね。
でも、感想はAntonさんと似ています。
5時間待ちと30分待ちとでは、えらい差ですね。
今は平日は空いているのでしょうか?

陽明文庫展は、空いていましたか?
それはラッキーでしたね。
私の時はいっぱいでした。

人の記憶は月日が経つと薄れるものです。
覚えておきたいことは、どんな形であれ記録に残しておくべきものなのだなと御堂関白記を見て思いました。

Antonさんもブログを始めようかなと考えられているとのこと。
是非、始めてください。
千年後に残っているかもしれませんよ(笑)。
始められたら、是非お知らせくださいね。
見に行かせていただきます。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示