とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 映画
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

さよなら京都祇園会館名画座

       gionk1.jpg
 2ヶ月近くも前の話になるのですが、平成24年3月30日をもって京都の祇園会館の2本立映画上映が終了しました

 数ヶ月おちの映画が2本立てで安く観れる(サービス券を使うと2本で1000円!)のでよく利用していたのですが、映画館ではなくお笑いの吉本の劇場になってしまいました。
 今、映画産業は不調ですから、映画より吉本の方が見入りは良いでしょうが、昔からの映画ファンとしては寂しい限りです。

 gionk6.jpg
 祇園会館は昭和33年にオープンしたそうで、当時は貸し館という形態だったそうですが、昭和40年代に入り、映画の3本立て上映をされたそうです。
 京都は学生の街で、当時から映画が格安で観れるということで、大勢の客で賑わったんですって。
 そんな歴史ある会館ですが、映写と音響に関しては徹底した管理をされていたそうで、音も映像も古いと感じずに観れます。

 館内は、昭和の映画館の雰囲気がそのままで、日本人では原節子、外国人ではクラーク・ゲーブルやマリリン・モンローなど、東西の往年のスターの顔写真がずらりと飾ってあります。

 gionk2.jpg
 古い映写機も展示されているんですよ。
 映写機ってあまり見る機会がないのですが、結構大きなものなんですね。

 gionk3.jpg
 壁には、北澤映月の「婦女曼荼羅」という大きな絵も飾ってあります。

 祇園会館でずっと映画を観れると思っていたので、今までは館内の展示も当たり前のように見ていたのですが、もう見れないかもしれないと思うと寂しくなりました。
 館内の内装は吉本になってもそのままなのかもしれませんが、大阪にはなんば花月があるので、吉本を見るために祇園会館には行きませんものねぇ。

   gionk4.jpg gionk5.jpg
 名画座としての最後の上映作品は、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」('12年4本目)と「猿の惑星: 創世記」('12年5本目)です。
 祇園会館での2本立て映画の間には、いつも共通のテーマがあるように思います。
 今回の映画のテーマは「仲間」かな。
 人間の明るく楽しい面と、人間の本質を考えさせる2本でした

 あぁ、やっぱり惜しい
 祇園会館さん、2本立て名画上映の復活、待ってますからね!!
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012.05.25 (金) 19:53
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

行ったことはないけど

外観は知ってますよ。
ちょっと古びた感じもするけど、外壁に印象があります。
あの辺、昔ディスコとかなかったでしょうかね?
何せ古い話ですわねえ。

私も昔の古い映画館とか大好きなんですよ。
渋い映画をやってますもんね。
シネコンもいいんですが、ちょっとレトロな映画館で渋い映画を見るのっていいですよね。
  1. 2012.05.25 (金) 20:52
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

あったような・・・、

hirorinさん、こんばんは。
最近は、シネコンに圧されて、古い映画館はのきなみ閉館してますね。
天六にあった映画館もついこの前閉館になりましたし。
映画、とくに洋画自体がシリーズ物とか昔の映画のリマスター版とかが多くて、観たい!と思う映画が少なくなりましたものね。

ところで、祇園会館の近くにディスコがあったような、なかったような(苦笑)。
なんせ、夕方には家に帰ってるようなお子ちゃまだったもんで(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブログラム