とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

美術館「えき」KYOTO 「アンリ・ル・シダネル展」

 henri1.jpg
 京都伊勢丹の美術館「えき」では、「アンリ・ル・シダネル展-薔薇と静寂な風景-」」展('12.3.1~4.1まで。入館料900円)が開催されています。

 アンリ・ル・シダネルって、私は今回初めて知った画家なのですが、モネやピサロ、スーラなどと同時代の人で、印象派、新印象派、象徴主義の影響を受けながら独自の作風を築いたそうです。
 ヨーロッパでは有名らしく、頻回に展覧会が開かれているようですが、日本では初めての回顧展だそうです。
 油彩を中心に、初期から晩年までの約70点の作品が展示されていました。

      henri3.jpg
 この画家の描く絵は穏やかですね。

 印象派や新印象派に学んだというように、色彩は印象派風で、描き方は点描画に近いです。
 太陽の光も月の光も美しく捉えて表現しています。

 今回の展覧会で私が気に入った作品は、「月下の川沿いの家」と「月明かりのテラス」です。
 昼間の光を描いている作品が多かったのですが、点描画風の描き方では昼の光は少し眩しくて、私は紺に近い青や緑が美しい夜の作品の方が落ち着きました。

 ただ点描画って、像を鮮明に結ぶには少し距離が必要です。
 この画家の作品は、描き方と朦朧とした色の使い方の両方で余計に像が結びつきにくく、近距離で見ると少し目が疲れました。
 もう少し広い展覧会場の方が良かったのではないかと思います。
 と贅沢なことを言いましたが、京都で観れたこと自体を喜ばないといけませんね

      henri2.jpg
 展覧会の外では、アンリ・ル・シダネルがパリ北方のジェルブロワという中世の面影が残っているのですが荒れていた小さな村に移り住み、村全体を薔薇の村にすることを提案し、村民と一緒にそれを成し遂げたという内容のVTRが流れていました。
 そのおかげで、ジェルブロワはフランスで最も美しい村の1つに選ばれ、村は6月になると薔薇の香りに包まれ、観光客が多く訪れるそうです。
 多分、本当に上の絵のような風景に出会えるのでしょうね
 村の再生を薔薇で行おうという発想がステキですよね。
 この画家は、二次元空間だけでなく三次元空間でも絵を描くことができる人なのだなと思いました。

 それにしても、この村が荒れた原因というのがフランス対イギリスの百年戦争の舞台になったからだそうです。
 15世紀の当時、ジェルブロワはイングランドの領主に支配されていたので、フランス軍によって村は破壊されたのですって。
 その影響が20世紀まで続いていたのに、シダネルのおかげでフランスの中でも最も美しい村の1つと言われるほどまでに再生したのですよ。
 シダネルと薔薇の功績は大きいですよね


 この展覧会は、4/1まで京都で開催されていますが、その後、損保ジャパン東郷青児美術館(4/14~7/1まで)、ひろしま美術館(7/7~9/2まで)に巡回する予定です。

 図録は、ちょっと本物とは受ける印象が違いますが2100円でした。

 明るく穏やかな色彩に落ち着いた構図で、安心して観れます。
 シダネルの人柄がうかがえるような回顧展でした

美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(最終日17時まで。入館各30分前まで)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012.03.24 (土) 16:03
  2. URL
  3. ぽみえ
  4. [ edit ]

はじめまして^^
時々ブログ拝見させてもらってます。
私も絵を観るのは好きなんですがアンリルシダネルって今まで知りませんでした。
淡い色使いにどこか惹かれるものがあったのですがそのまま行く事もなく^^;
最終日まで1週間ですね・・・
期間中に行けるかどうか^^;
見に行けなくても、れでぃさんのアップした写真と説明でとても参考になりました。
また色々観に行かれたら紹介してくださいね!
  1. 2012.03.24 (土) 17:40
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

ぽみえさん、ありがとうございます。

ぽみえさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます!
私もぽみえさんのブログに時々遊びに行かせてもらってまして、ぽみえさんのおいしそうなお菓子を食べたいなと、いつもとろけそうになっていました(笑)。

展覧会の記事、参考になったと言っていただいて、すごくうれしいです。
アンリ・ル・シダネルは私も今回はじめて知った画家です。
やや朦朧としすぎる感もありますが、優しい絵でしたよ。
私もたいてい行く時は、展覧会終了間際になってしまうので、紹介が遅くなってすみません。

私は展覧会も縁のものだと思っています。
もし今回行けなくても、縁があればまたどこかでこの画家の絵を観る機会があると思いますよ。
たくさんの良いご縁がありますようにe-446
  1. 2012.03.24 (土) 22:00
  2. URL
  3. yama
  4. [ edit ]

いつも展覧会のリポートを楽しみにしております。今回のシダネル展もあまり期待していなかった分、温かみを感じる絵で良かったです。
シャガール展のブログを参考にさせていただき、京都高島屋での展覧会をに見に行く予定です。
ミュージアムえきも最近は受付で云えば、目録をくれますが、普通の展覧会のように置いておいてほしいと思うのは私だけでしょうか?高島屋は目録は一切作らない!
あと、私は展覧会に行けば必ずチラシと目録をいただいて帰り、A4ファイルに保存しているのですが、
れでぃ様は如何されてます?ファイルもたまってきて結構なスペースをとりますが、みなさんはどうされているのでしょうか?
変な質問してすみません。よろしくお願いいたします。
  1. 2012.03.25 (日) 00:12
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

yamaさん、ありがとうございます。

yamaさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
「えき」美術館では、展覧会の目録を作られているのですか!
知りませんでした。
それは是非、すぐ手に取れるところに置いてほしいです。
目録があるとメモしやすいので、助かるのですよ。
立ったまま雑に書いているので、自分の字なのに読めないことが多々あります(笑)。

チラシと目録は、あれば私も必ずいただきます。
そして、yamaさん同様ファイルに保存して、同様に溜まってきています(笑)。
チラシファイルをたまに見てみると、結構きれいなので、幅を取りますが捨てれません。
図録も増えていますし、保存スペースは私も悩みの種です。

ところで、失礼ですが、もしかして以前麻生三郎展を勧めていただいた方でしょうか?
同じ方でしたら、今回コメントいただいてうれしかったものですから。
もし違っていましたら、申し訳ありません。お許しくださいね。
  1. 2012.03.25 (日) 22:35
  2. URL
  3. yama
  4. [ edit ]

れでぃ様
こんばんは yamaです。
もしかして麻生三郎展をお勧めしました。
その節はお勧めして大変申し訳なく思っています。
重過ぎて・・・
ここにあらためまして深くお詫び申し上げます。
ミュージアムえきは入口の受付で云えば目録をいただけます。
しかし本来は机に置いておくか、そうでないなら入口で配るのが普通と思いますが、どうでしょう?
今後もブログ楽しみにしています。

  1. 2012.03.25 (日) 23:58
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

yamaさん、お久しぶりです!

yamaさん、こんばんは。
やっぱりあの時のyamaさんでしたか!
少しブログネームが違ってましたので、同じ方か確信がもてなかったのです。

去年はあまりブログを更新できなかったのに、忘れずに遊びに来てくださって、本当にありがとうございます。
そのお礼が言いたくて、確認させていただきました。
またコメントいただいて、更にうれしかったです。

麻生三郎展の件は、何も詫びられることはありません。
迫力のある展覧会でしたね。
私には少々重かったですが、あの画家の絵は、自分の心と向き合える強さをもっている人に向いているのかもしれませんね。
これに懲りずに、またおススメの展覧会などがありましたら、是非是非教えてくださいね。
お待ちしております。

目録の件は、yamaさんのご意見に賛成です。
せっかく作られているのですから、皆に配ってほしいですよね。
目録があると、その展覧会に対する主催者側の熱意みたいなものも伝わりますのにね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブログラム