とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

伊丹市立美術館 「キース・へリング展」&第4回伊丹盆梅展('12.2.26 Sun)

 keith1.jpg
 今回も終わってしまった展覧会で申し訳ないのですが、この前の日曜に伊丹市立美術館で開催されていた「キース・へリング展―アートはみんなのもの LOVE POP!」展('12.1.21~2.26まで。入館料800円)に行ってきました。

 キース・へリングは、ニューヨークの地下鉄構内の広告の貼られていない広告板の下地の紙に落書きのような絵を描いていたところから人気がでた画家ですが、エイズが発病してしまい、わずか31歳という若さで亡くなっています。

 私がキースの名前を初めて知ったのは、エイズ予防の話を聞いた時だったと思います。
 その頃はまだそんなに絵画に興味はなかったのですが、ポップな色使いのマンガチックなタッチが面白く、その時からアーティストとして頭の中に名前はインプットされていて、もし展覧会があれば一度見てみたいとずっと思っていたのです。
 その願いが叶って行ってみると、すごい人・人・人!
 最終日だったというのもあるのかもしれませんが、この美術館でこんなに人が多いのははじめてです
 キース・へリングって人気があるのですね。

   keith2.jpg keith3.jpg
 今回の展覧会では、初期から晩年まで(といっても22歳頃から描きはじめて31歳で亡くなっているので約10年間)の作品約150点で構成されています。

 キース・へリングの作品の魅力は、やはりシンプルなデザインに効果線を多用することによりキャラに動きが感じられることでしょう。
 この効果線の使い方が上手いので、面白い動きが感じられ、なんだか見ていて楽しくなってきます。
 それとメリハリのきいた原色の色使いは元気がでますね。
(チラシ、本当はショッキングピンクなのに、スキャンするとなぜか薄いピンクになってしまった)

 右のチラシの右端にある「ドッグ」という作品のシリーズを見ていると(ちょっと小さくてわかりにくくてすみません)、太く黒い輪郭線で囲った形の中にいろんなものが閉じ込められています。
 輪郭線で囲った形と色とで外部との調和が取れていますが、中に描かれたものにパッションが感じられます。
 もしかしたら、キースの心の中にあったいろんな想いが描かれているのかなと思いました。
 ただし、この作品は1986年のもので、彼がエイズと診断されたのは1988年なので、ここには病気は含まれていないようですけどね。

 会場にはHIV検査勧奨のパンフなども置いてありましたよ。
 明るく賑やかな中にも、エイズ予防に尽力したキース・へリングの精神が感じ取れる展覧会でした。
 
 keith4.jpg
 同じ敷地内にある伊丹郷町館で開催されている第4回伊丹盆梅展(延長されて'12.1.25~3.4まで。入場無料)は、今年はキースのキャラとのコラボです。

   keith5.jpg keith6.jpg
 なかなか楽しいですよね

keith7.jpg keith8.jpg keith9.jpg 
 この時期、郷町館は毎年お雛様も飾られます

 keith10.jpg
 今年は寒いせいか、まだまだ盆梅は見頃のようです。

 風情のある酒蔵にお雛様と盆梅とキース・へリングのキャラ、なかなか良い取り合わせでした

keith11.jpg keith12.jpg
 そして外には、キースの作品にちなんだ壁画が作成されていました。
 壁画プロジェクト「キースが願った”平和”の実現を願って」ということで、アーティストと一緒に約300人が参加して作ったんですって。
 太い輪郭線の中に詰まっている想いはプラス思考の希望の満ちたものなのですね。

 キース・へリング展、やっぱり楽しかったです

伊丹市立美術館
 住所:伊丹市宮ノ前2-5-20 TEL:072-772-7447
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで)、休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始、展示替期間
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012.03.02 (金) 12:18
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

キースヘリングの描く人物や動物をみていたら、
Eテレ0655・2355に出てくるアニメキャ
ラクターがすごく似ているなあと思いました。
メディアクリエーターの佐藤雅彦さんが企画して
いるとのこと。
少なからずキースヘリングの影響を受けているん
じゃないかと思い、ネットでいろいろ調べてみま
したが何もわかりませんでした。

キースヘリングの描く人物や犬には目がないのに、
ちゃんと表情が読み取れる不思議さというか、
カラダ全体でワーッと語りかけてくるエネルギッ
シュな感じがとっても好きです。
元気がもらえますよね!
  1. 2012.03.02 (金) 22:50
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

もものあきさん、こんばんは。
Eテレ0655・2355って見ていないのです。
今度、見てみますね。

影響を受けてるかどうかはわかりませんが、佐藤さんとキース・へリングはほぼ同世代(佐藤さんの方が4歳上)で、佐藤さんが電通のクリエイターとして仕事を始めるのは1987年。
キースは1986年にNYにポップショップを開店、1988年には東京店も開店していますし、キースとアンディ・ウォーホルは友人なので、広告を手がけるものとして、キースの作品を無視するということはありえないのではないかと思います。

だんご三兄弟などから、佐藤さんはちょっと和風テイストのようなイメージを私は持っていますが、佐藤さんの作品もクスッと笑えて面白いですよね。
そして、もものあきさんのおっしゃるとおり、キースの作品からは元気がもらえますよね。
  1. 2012.03.03 (土) 11:37
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

キース・ヘリング

やってるの知ってたんですけどね。
盆梅展もやってたんですね。
伊丹市立美術館はなかなかいいって友達が言ってました。
伊丹は実家なんですが、私がいなくなってからこの美術館が出来たんですよ。
実家は伊丹ですが武庫之荘い方なんです。
伊丹駅周辺はあんまり行かないんです。
阪急塚口からバスなんで。
高校時代は近いからうろうろしてたんですけどね。
かなり古い話ですね。
キースヘリングは可愛いから好きです。
  1. 2012.03.03 (土) 21:58
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

hirorinさん、こんばんは。
同じ市内でも、いつも使うコース以外のところは行きにくいですよね。
私もこの美術館に行く時は、JRを使うことが多いので、阪急伊丹駅の方はよくわかりません。
阪急付近の方がおいしいお店が多いみたいなのですが、ついでがないのでなかなか足を延ばす気がおこらないのです。
多分、それと同じような感覚でしょうね。

でも、この美術館と同じ敷地内にある旧岡田家住宅(だったと思う)では、手作り雑貨やアクセサリーを売っているお店もあるのですよ。
また機会があれば行ってみてくださいね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。