とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

京都 京都大学総合博物館('11.12.17 Sat)

 kyodai1.jpg
 久しぶりの更新になります。
 昨日(12/17)、えき美術館の「ガレとドーム」展、清水三年坂美術館、京大総合博物館、大阪中之島のイルミネーションを見てきました。
とりあえず、京大博物館の展覧会が今日(12/18)で終了しますので、先に紹介させていただきます。

 kyodai2.jpg kyodai3.jpg
 今回のお目当ては、「埃及(エジプト)考古 ペトリーと濱田が京大エジプト資料に託した夢」展('11.10.19~12.18まで。観覧料400円)です。

 私はエジプト美術が大好きで、前にも書いたかもしれませんが、新婚旅行にはエジプトに行ったぐらいです。
 展示室に入ると、ベルリンにある「ネフェルティティの胸像」の模造品があって、ベルリンに行きたい!と思いました(笑)。

 今回の展覧会は、京大のエジプト考古資料を展示したものですが、主なものは、約100年前にイギリスのエジプト学者であるフリンダース・ペトリーから京大の考古学者・濱田耕作の下に寄贈された資料だそうです。
 濱田耕作は、京大の考古学研究室の初代教授になり、後に京大の総長にもなった人ですが、若い時にペトリーの下で学んだんですって。
 
 ペトリーがエジプトで発掘することになった頃、それまでは粗い雑な方法での発掘だったため、大切な遺跡やミイラが破壊されてしまっていたことも多かったそうです。
 それを丁寧に発掘するようにペトリーが指導するようになってから、今までの方法では見つけられなかったような小さいですが重要な遺物が多数発見され、ペトリーはそういった資料の価値を説いていたみたいです。
 濱田耕作はペトリーのそういった薫陶を受けたようです。
 
 今回の展示品も小品が多かったのですが、多分学術的には価値の高いものなんだと思われます。
 エジプトとキリスト教が合体したコプトの織物や、きれいに包まれた鳥のミイラなどちょっと珍しいものもありました。

 図録は1000円でした。
 美術展のような派手さはないので、ちょっと地味めではありましたが、小さなことからコツコツと、というような展覧会でした

 kyodai4.jpg kyodai5.jpg
 博物館では「ジョルジョ・ヴァザーリのウフィツィ:建築とその表現」展('11.12.7~'12.2.5まで)も開催されてました。

 イタリアのルネサンス期に活躍した芸術家ヴァザーリの建築家としての側面にスポットを当てた内容で、彼が設計したフレンツェのウフィツィやヴァザーリの回廊などの模型とパネルを中心にした展示になっていました。
 
 ヴァザーリといえば、私は画家という印象だったのですが、建築の方の才能もすごかったのですね。
 フィレンツェにはまだ行ったことがなくて、前から行きたかったのですが、今回の展示を見て実際に見たい!と思いました。
 でも、今はウフィツィ美術館もヴァザーリの回廊も予約がいるとかで、大阪弁しか話せない私としては予約のことを考えるとめんどくさいなと思って躊躇してしまいます(苦笑)。
 でも、たっぷり時間をかけて好きなように観て周りたい私たちは、短時間で自由に見れないツアーはちょっと・・・なんですよね。
 やっぱりせっかく遠くまで行くのですから、美術館などでは自分のペースで観たいじゃないですか、ねぇ?
 ヴァザーリの回廊は、個人では予約もできないそうですが

 と、話は逸れてしまいましたが、これまた玄人好みの展示でしたが、ウフィツィからピッティ宮までの模型が見れたのは良かったです。
 エジプト展は12/18までですが、こちらは来年の2/5までです。
 京大博物館は、この他にも日本の考古学資料や自然史などの展示もありますので、機会がありましたら寄ってみてくださいね

 kyodai6.jpg
 京大の近くにある関西日仏学館では、今日(12/18)まで「ル・マルシェ・ド・ノエル」という手作り市みたいなのもやっていました。
 外国の方もお店をだされ、ヨーロッパの市場の雰囲気が出ていましたよ

 kyodai7.jpg kyodai8.jpg
 日仏学館の建物の中には、藤田嗣治の絵も飾ってありますので機会があれば観てくださいね

京都大学総合博物館
 住所:京都市左京区吉田本町京都大学総合博物館 TEL::075-753-3272
 開館時間:9時半~16時半(入館16時まで) 休館日:月・火・年末年始(12/28~1/4まで)

関西日仏学館
 住所:京都市左京区吉田泉殿町8 TEL:075-761-2105
 開館時間:火~金は9時半から19時、土は9時半から18時、日は9時半から11時半、12時から15時まで 
 休館日:月・祝
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.12.18 (日) 21:52
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

又又ステキなところへいらしたんですね。
京大博物館は知っていたのですが、行ったことがないんです。
一度行ってみたいです。
ウフィッツイが興味あります。
昔、あそこの美術館へ行ったことがあるんですが、もう四半世紀以上前です。
歳月の流れって恐ろしいです。

本当に精力的に色々回られたんですね。
やっぱり若い方は違うなって感心します。
日仏学館のイベントも楽しそうでしたね。

私は今日「夢二とともに」に行ってきたんですよ。
閉幕が近いせいか人がいっぱいでした。
膨大な量の展示物でした。
でも可愛いのをたくさん見られて幸せでした。
  1. 2011.12.19 (月) 01:43
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

いいなぁ。

hirorinさん、早速のコメントありがとうございます。
更新が滞ってますのに、いつも見に来てくださってありがとうございます。

京大博物館は今年で10周年だそうで、私も今回で2回目です。
常設展はわかりやすい内容になっていますが、企画展はやっぱり通好みになってますね。
私の知識不足だけかもしれませんが(苦笑)。

hirorinさんは、ウフィツィに行かれたのですか!
羨ましい!!
四半世紀以上前でもいいですよ。
展示作品は変わってないのですから。
私も、今みたいに入りにくくなる前に行っといたら良かったと後悔しています。

でも、年月が経つのはあっという間で嫌になりますね。
こんなとこで年をばらしたくないのですが、私はhirorinさんより少し下ぐらいでそんなに離れていないと思いますよ。
なんせ八甲田山の曲が頭に残っているぐらいですから(笑)。

夢二展は私も観に行きました。
この展覧会、良かったですよね!
そんなに混んでましたか。
私は始まって間なしで行ったので、まだそんなに混んでなかったのですが、それはラッキーだったんですね。
夢二の中でもかわいい作品が揃ってて、楽しかったですね。
展覧会が終わる前にブログ記事を書こうとは思っているのですが。
  1. 2011.12.20 (火) 00:25
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

こんばんは。素敵なテンプレートですね!
私は元の方が見やすいので、戻しちゃいました。
今回はハードスケジュールでいろんなところをまわられたんですね~。
京大総合博物館とはなかなか渋いところにも行かれたのですね。
私も仕事がらみで一度だけ行ったことがありますが、何を展示していたのか
まったく思い出せません^_^;
京大正門で講師のリストラ反対!とかいってやぐらをたてて立てこもっている
人がいて、今どき珍しいなあとビックリしたのは強烈に覚えているんですけど
ね。でもその時に、関西日仏会館で手作りパンを販売してて、買って食べた
のもよく覚えています。

>でも、たっぷり時間をかけて好きなように観て周りたい私たちは、短時間で
 自由に見れないツアーはちょっと・・・なんですよね。
 やっぱりせっかく遠くまで行くのですから、美術館などでは自分のペースで
 観たいじゃないですか、ねぇ?

まったくもって同感です。美術館や博物館に2日も3日も時間をとることはでき
なくても、絶対に1日は欲しいものです。
私たち夫婦もツアーで海外旅行に行くことはまずないです。
ダンナはエジプト旅行とイタリア旅行をいまかなり望んでいます。
行けたとしたら、たっぷり美術館・博物館の時間を確保した行程を組みたがる
はずです。まあ、坊ちゃんが小学生になるくらいまでは無理でしょうが。

フィレンツェのウフィツィ美術館やその回廊はすばらしいでしょうねえ。
ドーリア式の建築様式に魅かれるんです…私。あの柱だけ見てても飽きない
かも(笑)でもでもイオニア式はもっと最高!何のこっちゃですよね。

ものすごく巨石に魅かれる私ですので、絵画そっちのけになりそうでこわい
です。


  1. 2011.12.20 (火) 06:32
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

巨石

もものあきさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

もうそろそろ紅葉の季節ではなくなったので、新しいテンプレートを借りてきました。
今年は結局紅葉狩りには一回も行けなかった(>_<)。

この日は、出かけた時間も少し遅かったので、京大博物館ではちょっと時間が足りなくて、常設をゆっくり見て回る時間がなかったのが残念です。
京大、今回はやぐらでの立てこもりなどはありませんでしたが、いつ通っても思想たっぷりの立て看板が並べられていますね(笑)。
もものあきさんが行かれた時も、日仏学館でマルシェが開かれていたんですね。
手作りパン、おいしそう。

>美術館や博物館に2日も3日も時間をとることはできなくても、絶対に1日は欲しいものです。

そうですよね!
うちは、ガイドツアーもいいので、それであらかじめ見所だけ押さえて、フリーの時にもう一度自分たちだけで回るということをする時もありますけどね。

>私たち夫婦もツアーで海外旅行に行くことはまずないです。

完全フリーができるとは羨ましい!
うちは、言葉ができないので、ヨーロッパ圏では飛行機とホテルだけ日本で手配してもらうフリー旅行が多いですが、中国やイスラム圏など、ちょっと個人では行きにくいところはツアーを使います。
それでも、必ず自由行動が多いツアーを選びますけどね。
エジプトに行った時もツアーでした。
エジプトも昔に行っといて良かったです。
もう一度行きたいと思ってますが、今は政情不安定で行きにくいです。

>ドーリア式の建築様式に魅かれるんです…私。あの柱だけ見てても飽きないかも(笑)でもでもイオニア式はもっと最高!何のこっちゃですよね。
>ものすごく巨石に魅かれる私ですので、絵画そっちのけになりそうでこわいです。

いや、わかりますよ。
パルテノン神殿を見るために、ギリシアに行ったぐらいですから(笑)。
ギリシアも今は国内は落ち着いているのかどうかわかりませんが、良かったですよ!
神殿も列柱もいっぱい(笑)。

装飾のない巨石でもいいなら、ストーンヘンジも行きましたよ。
ストーンヘンジは、現地ツアーを予約したのにバスが来なくて、結局自分たちで電車とバスを乗り継いで行ったのを覚えています。
でも、それ以降変な自信がついて、結構辺鄙なところでも自分たちで行けるようになりました。

海外旅行、坊ちゃんと3人で行かれるのが楽しみですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。