とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

大阪市立美術館 「岸田劉生展」('11.10.29 Sat)

 reikoosaka1.jpg 
 この日は、天王寺にある大阪市立美術館で開催されている「生誕120周年記念岸田劉生展」('11.9.17~11.23まで。観覧料1300円)に行ってきました。

 岸田劉生は結構好きな画家でして、楽しみにしていた展覧会です。
 麗子像もいろいろありますが、私はだいたいにおいてはかわいいと思っています。

 reikoosaka2.jpg
 今回の展覧会のキャッチコピーは、「お待たせしました 麗子です。」、「麗子、いっぱい」ですからね。
 期待でワクワクします
 
 行ってみたら、麗子もいっぱいでしたが、劉生もいっぱいでした(笑)。
 自画像だけでなく、肖像画が多いのですけどね。

 その自画像も肖像画もすごい!!
 「武者小路実篤像」は、本人によく似ていますね~
 「高須光治君之肖像」は肖像画そのものだけでなく、画面向かって左側にモノグラム、右側に制作年月日などの字が書いてあるところが、デューラーの「1500年の自画像」の影響を受けていることがありありです。

 岸田劉生という人は、マメな人だったのでしょうね。
 作品に制作年だけでなく、月まで書いていることがとが多いのですが、それを見てみると、自画像なら1~2週間で描き上げていることから、速筆の画家であったことがわかります。
 自画像は、1914年1月26日、同じく1914年10月2日の自画像が好きかな。

     reikoosaka6.jpg
 自画像の後は、静物画になり、これも写実的ですごく良いですね!
 そして有名な重文の「道路と土手と塀(切通之写生)」があります。
 道を書いた絵は何枚かあるのですが、やっぱりこの絵が一番ですね。

     reikoosaka3.jpg
 いよいよ麗子さんのお出ましです(笑)。
 麗子像のコーナーは、「麗子の部屋」と書かれています。
 チラシに麗子像がまとまって載っていましたので、載せておきますね。

 reikoosaka4.jpgreikoosaka5.jpg

 一番かわいい「麗子5歳之像」(左のチラシ、下段中央)は、前期出展だったので今回は見れなくて残念。
 でも、他の麗子像も、着物の描き込みなどすごいですよ!
 これは、会場に行ってすぐ傍で見ないと。 

 「麗子坐像」(左のチラシ下段左)はキャプションに、麗子著書の『父岸田劉生』からの抜粋で、麗子は「足の痛さに涙がこぼれそうになったが、父の仕事を中断させまいと必死に我慢した。だが、父はそんなことを知らなかった」というような内容のことが載せてあったのですが、絵にはちゃんと麗子の涙が描かれています。
 劉生は麗子の涙に気付いていたのですね。

 そんな優しい麗子をモデルに劉生は様々な絵を描いていきます。
 あんまりだなと思ったのは、「寒山風麗子像」。
 麗子は実際には美人さんだったみたいなのに、劉生は何を考えたのやらという感じですね

 それでも良い作品をいっぱい描いていたのですが、京都で遊びすぎて鎌倉に戻ってからの作品は、これが劉生か!?と思うほど鈍重な絵になっており、びっくりしました。
 劉生の良い作品は、高い精神性があって描かれていたのだなということがよくわかりました。
 劉生は38歳の若さで亡くなりましたが、もう少し長生きしてもらって、復帰の過程も見てみたかったような気もします。

 図録は2300円です。
 最近は、どこでも会期を数回に分けて展示する展覧会が増えていて辟易していたのですが、今回は多少前・後期に分かれているものの、ほとんど1回で200点前後の作品が一堂に観れて、すごく見応えがあり良かったです

 劉生の生涯をたどるこの大回顧展は、大阪のみの展覧会だそうです。
 劉生の精神性に触れるチャンスで、美術ファンの方ならこれを見逃す手はないですよ
 おススメです

大阪市立美術館
 住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-82 TEL:06-6771-4874
 開館時間:9時半~17時(入館は30分前まで) 休館日:月曜日(月曜が祝日の場合、翌日休館)、年末年始、展示替え期間
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.11.08 (火) 10:02
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

これも

行きたいけど行ってません。
何でか1月は私にしえは予定を入れすぎたのかも?
ピアノの発表会があるので体調管理もしなくては。
仕事も週に数日ですが、一応家事もあるので。息子が帰ってきてからは、自分の時間が減りました。

岸田劉生、こないだ日曜美術館でやってましたね。劉生は自画像と麗子像しか知らなかったけど、崖が有名なんですね。
そして意外に京都での放蕩三昧な生活・・・
うーん、そんなの知って見たら感想も色々でしょうね。
天王寺、ディープなエリアですがあの美術館はいいですよね。大好きです。

麗子ちゃんシール買われましたか?
  1. 2011.11.08 (火) 23:00
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

わかります。

予定って、入る時はいろいろ入りますものね。
ピアノの発表会、頑張ってくださいね。

> 岸田劉生、こないだ日曜美術館でやってましたね。

私も観ました。
でも、TVを見なくても明らかに京都から戻ってからの絵は違うのです。
あれにはびっくりしましたね。
もし時間ができましたら、観に行ってみてくださいね。

> 麗子ちゃんシール買われましたか?

麗子ちゃんシール、気付きませんでした。
買ってもどこで使いましょう(笑)?
図録は買いましたので、時々麗子ちゃんを眺めるだけで満足です(笑)。
  1. 2011.11.14 (月) 08:55
  2. URL
  3. あい
  4. [ edit ]

初めまして

私も観に行きました!

観た感想が、れでぃさんととても似ていたので、思わずコメントです。

寒山風麗子像は、本当に何故に?という絵でしたね。麗子さんはアレを観てキレなかったのでしょうか?…なんて。
一緒に行った6歳児娘は、なぜかその絵がとても気に入ったみたいでしたが。

麗子ちゃんシールもはんこも買ってしまいました。
今回の展覧会は、大阪のみのおかげか?とてもオモロい要素が多くて楽しかったですね^^
  1. 2011.11.15 (火) 21:41
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

あいさん

あいさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。。

麗子展、良かったですよね!

麗子さんの辞書にはきっと「キレる」という文字はなかったのでしょう(笑)。

6歳のお嬢さんと一緒に展覧会に行かれるなんてステキ!
しかも親子の意見一致で、一巡した後もう一度気になる絵を観に行かれるなんて、なかなか「通」ですね。

ハンコもシールも購入されたとのこと、しばらく麗子さんで遊べそうですね。
麗子シールの使い方、もしよければまた教えてくださいね。^
  1. 2011.11.17 (木) 10:00
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

おはようございます。
すっかり寒くなりましたね~。ストーブをつけるほどでは
ないけど足腰が冷えるので、ホットカーペットで坊ちゃん
と転がる毎日です。

「麗子」さんですが、絵はたしかにインパクトありますよ
ね~。「童女図麗子立像」などは、薄暗い部屋のなかで、
麗子の前に明かりを灯して黙々と描き続けたようなイメー
ジがあります。
麗子さんが市松人形に見えます。
この陰影にある種のぶきみさを感じますが、顔立ちも着物
の模様もハッキリ浮かび上がって、存在感を高めてますよ
ね。劉生のテクニックなんでしょうね。
ママ友の子ども(9か月の女の子)が麗子にそっくりなん
ですよ。切れ長の目、通った鼻筋、上唇の厚み…。
将来美人さんになるよ!といつも私はその子に言ってます。
  1. 2011.11.17 (木) 23:32
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

美人さんだと思います。

もものあきさん、コメントありがとうございます。
ほんと、朝夕は冷え込んできましたね。
もものあきさんところは、ホットカーペットですか。
坊ちゃんもニャンコさんたちも喜びそうですね。
うちはこたつです。
うちもニャンコが喜んでいます(笑)。

ところで、
>「童女図麗子立像」などは、薄暗い部屋のなかで、
> 麗子の前に明かりを灯して黙々と描き続けたようなイメー
> ジがあります。

言われてみれば、劉生の肖像画はほとんど背景が描かれていませんね。
特に麗子図は、どれも濃い寒色の塗りつぶしが多くて、確かに暗い部屋の中で麗子だけが浮かび上がっているように見えます。

> 麗子さんが市松人形に見えます。

見えます、見えます(笑)。

> この陰影にある種のぶきみさを感じますが、顔立ちも着物
> の模様もハッキリ浮かび上がって、存在感を高めてますよ
> ね。劉生のテクニックなんでしょうね。

麗子図は、ちょっと見や遠くから見ると不気味に見えますが、よく見るととてもかわいいです(一部除く)。
ある意味、アップに耐えうる顔で、美人さんだと思います。
実際、麗子さんの写真が展示されていましたが、美人でしたよ。

子どもの時は、体に対して頭の比率が大きいので、顔も横伸ばしになりますが、大きくなるにつれ顔も小さくなっていきますので、お友達のお子さんもおっしゃるとおり美人になられると思いますよ。
今でも美人さんなんでしょうけどね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブログラム