とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

兵庫陶芸美術館 「マイセン磁器の300年」展

 だいぶんブログをお休みしてしまいました。
 気が付くと、前回の記事から1ヶ月経っています
 それまでの間、細々と展覧会は行っていたのですが、それでも忙しくて時間が取れず、観たい展覧会をいくつも流してしまいました。
 おかげでストレスがたまる、たまる

 togeimeissen1.jpg 
 観た展覧会の会期はもうほとんど終わっているのですが、このマイセン展はまだ開催中ですのでご紹介しておきますね。

 行ってきたのは、JR福知山線「相野」駅からバスで15分ぐらいのところにある兵庫陶芸美術館です
 こちらでは「マイセン磁器の300年」展('11.9.10~11.27まで。観覧料1000円)が開催されています。
 この展覧会は、以前同じ美術館で開催されていた古伊万里展(その時の記事はこちら)の時から楽しみにしていた展覧会です
 
 マイセンの簡単な歴史は以前別の展覧会の時に書きましたので(その時の記事はこちら)、今回は省かせていただきますが、今回の展覧会は、ベトガーの磁器創成、色を増やしたヘロルト、造形に力を入れたケンドラーといったマイセンの基礎を築いた作品から、市民階級への普及、万国博覧会への出品、アール・ヌーヴォー・アール・デコ、現在のマイセン作品までを通覧できる展覧会となっており、楽しかったです
 展示点数も160点となかなかのものです。

 元々、なぜヨーロッパにおいて磁器に人気があったかというと、それまでの上流階級の食器は銀食器など金属製のものが用いられていました。
 金属食器は長く使うと金属の味がして料理の味を損ねることと、料理の温度を下げてしまう欠点があるのですが、磁器は料理の味を損ねず、かつ保温性にも優れているため、当時の王侯貴族の嗜好品であった、お茶やコーヒー、チョコレート(ココア)といった温かい飲み物を楽しむための器として最適であったからだそうです。
 それでマイセンの作品は、セルヴィス(食器セット)が多いのですね。

     togeimeissen2.jpg
 とはいえ、観賞用の作品も多いです。
 チラシの作品は、ケンドラーの「アオサギ」が原型の作品ですが、ケンドラーの彫刻はリアルですが、あまりかわいくない(苦笑)。
 この作品も「メナージュリ」といって、宮廷の動物園をイメージして実物大を含むたくさんの動物や鳥を作った作品の一つなので、そこそこ大きさもあり、美しいというよりは動物のこわさの方が際立ち、私はちょっと苦手ですね。

     togeimeissen3.jpg
 それに比べ、小型彫刻の「フィギュリン」はかわいいですね
 マイセン人形として親しまれているようです。
 小さく軽快な雰囲気を醸し出しているのであまり内容の方には目が行きませんが、中には結構毒を含んでいる作品もあって面白いです。
 当時の世相を反映しているのでしょうね。

 その彫刻もアール・ヌーヴォーやアール・デコの時代になると、ぐっとシンプルな造形美になり、洗練された芸術的な表現になっていきます。
 そして、現代に入ってくると、軽快さと芸術的な表現力を兼ね備えた作品になり、伝統を受け継ぎながらも現代のエッセンスも取り入れ、やっぱりマイセンはすごいなと感心しました。
 ずら~っと観てきて、当たり前かもしれませんが私が欲しいなと思ったのは現代のマイセンですものね(笑)。

 えっ、どの作品が欲しくなったかですって?
 それは「ファブラ・セルヴィス」です。
 どんな作品かは、実際に観に行って見てくださいね
 とってもおしゃれでモダンですよ 
 この展覧会の図録は2000円です。
 ちょっと小型版ですが、解説も多く楽しく読めます。

 兵庫陶芸美術館の後、大阪の東洋陶磁器美術館('12.4.7~7.22まで)に巡回予定だそうです。
 大阪に来るのはちょっと先になりそうなので、待ちきれない方は兵庫陶芸美術館に行ってくださいね。
 広々と観ることができると思いますよ。
 マイセンの魅力を堪能できる展覧会でした。
 良かったです

兵庫陶芸美術館
 住所:兵庫県篠山市今田町上立杭4 TEL:079-597-3961
 開館時間:4月~10月は10時~19時、11月~3月は10時~18時(7~8月の特別展開催中の金・土、4/29~5/5のGW期間は21時まで開館。いずれも入館は閉館の30分前まで) 休館日:月(月曜日が祝休日の場合は翌平日)、年末年始(12月31日と1月1日)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.10.24 (月) 18:50
  2. URL
  3. hirorin
  4. [ edit ]

お待ちしておりました

秋は展覧会のシーズン。きっとどこかすばらしいところへお出かけのはずと待っておりました。
マイセン、いいですねえ。
うっとりです。
私も何年か前ヨーロッパの陶磁器をたくさん集めた展覧会、京都国立博物館に行ったのですが。
マイセンのみっていうのもいいですね。
私も今行きたい展覧会が二点あるんです。
でも休みの日とか合わせると行けるかどうか?です。
ああ~展覧会巡りだけしてたいですね。
(でもそのためにもお仕事・お仕事)
  1. 2011.10.24 (月) 22:09
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

ありがとうございます。

展覧会の感想をを待っていただいて、ありがとうございます。
今年は忙しくて展覧会に行く時間もあまり取れないのですが、こんな時に限って良い展覧会が目白押しなんですよね(溜息)。
今開催されている展覧会、いくつかチケットは買っているのですが、いつ行けるか見当がつきません。
開館時間を延長してくれると行けるのですが・・・。

でも、観たい展覧会がいっぱいだとワクワクしますよね!
hirorinさんの観たい展覧会は、どれとどれですか?
私は、数が多すぎて書ききれません(笑)。
できたら全部行きたいな~と、現実無視みたいなことを考えています(笑)。

  1. 2011.10.25 (火) 00:46
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

こんにちは。
今回も素敵な展覧会に行かれたのですね。

私の家には高級な磁器はまったくありません。
手の届きやすいミントンもウエッジウッドもジノリも。
マイセンやロイヤルコペンハーゲンなんてもってのほか。
あるのは、信楽焼や美濃焼や小鹿田焼などなど、旅をして
気に入って買った手頃な値段の陶器ばかり。

じつは洋食器にあんまり興味がないんです。
でもそれは、自分が使う食器としてみた場合です。
芸術作品としての磁器は目の保養になります。
絵画のように、磁器の歴史的背景を学びながら鑑賞すると、
一つ一つの作品が心に何かを語りかけてくれますよね。

  1. 2011.10.25 (火) 06:39
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

芸術品でした。

おはようございます。
陶器も温かみがあってステキですよね。
小鹿田焼は地元ですね?

うちは高級食器は、磁器陶器もないです。
そういう食器を使う、料理の腕も優雅な一時も持ててなくて(苦笑)。
高級食器は観るだけで十分です(笑)。
でも、今回観た「ファブラ・セルヴィス」は、ほんと楽しいのです。
マイセンでなくてもあんなのあれば、手にとって見てしまうでしょうね。
それで値段を見て、躊躇するという(笑)。

今回観たマイセンは、日常的なものというよりは芸術品ばかりでした。
たまに、こんな食器なら使えそうというのもありましたが、実際は使えないようなお値段なのでしょうね。
来年4月に大阪中之島の東洋陶磁器美術館に巡回に来ますから、時間と興味がありましたら行ってみて下さいね。
王侯貴族の優雅な生活が垣間見えますよ。
  1. 2011.10.30 (日) 21:13
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。