とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

奈良 飛鳥寺('11.8.7 Sun)

 残暑お見舞い申し上げます。

 毎日、暑い日が続いていますが、皆さま夏バテなどされていませんか?
 私は、完全に夏バテです
 もう、「だるい~」、「しんどい~」が口癖のようになっています。
 でも、夏痩せは全くせず、逆に夏太りしてしまって、更にしんどさが加速されています。
 皆さまは、夏バテなどしないようにお体に気をつけてお過ごしくださいね

 asukadera1.jpg
 ところで、お蕎麦の山帰来さんのすぐ近くに、日本最古の本格的仏教寺院である飛鳥寺(あすかでら)があります。
 前回飛鳥に行った時は(その時の記事はこちら)拝観時間に間に合わず、境内に入っただけでお参りできなかったので、今回はお参りしてきました。

       asukadera2.jpg
 飛鳥寺は、蘇我氏の氏寺で、日本最古の本格的寺院でもある法興寺の後身で、御本尊は「飛鳥大仏」と呼ばれている銅造釈迦如来座像です。
 開基は蘇我馬子で、587年に発願され建立されたようです(建立時期は日本書紀と元興寺縁起に違いあり)。

 大寺院だったみたいで、大化の改新による蘇我氏滅亡以後も内外の信仰を集め、天武天皇の時代には大官大寺・川原寺・薬師寺と並ぶ「四大寺」の1つとされて朝廷の保護を受けるようになっていたようです。
 ですが、都が平城京に移ってからは、法興寺も奈良市に移って現在の元興寺となり、飛鳥の法興寺も存続はしたのですが寂れていき、江戸時代、本居宣長が訪れた時には仮堂一宇を残すのみだったそうです。
 現本堂は、江戸末期に再建されたもので、現在の宗派は真言宗豊山派になっています。

      asukadera3.jpg
 境内は拝観無料ですが、飛鳥大仏さまがいらっしゃる本堂に入るには拝観料350円が必要となります。

 定時か、人が集まった時かはわからないのですが、本堂に入るとお寺の方からお話が聞けるみたいですが、私たちが行った時は丁度そのお話が終わったところでした。
 詳しいお話が聞けずに残念。

 asukadera4.jpg
 御本尊の銅造釈迦如来坐像(重文)は、写真撮影OKとのことだったので、写真を撮らせていただきました。

      asukadera5.jpg
 畏れ多くも、さらにアップの写真もパチリ。

 このお釈迦さまは、法隆寺の金堂本尊釈迦三尊像の作者と同じ鞍作鳥(くらつくりのとり=止利仏師)の作だとされています。
 当初は、釈迦三尊像だったようですが、両脇侍は失われ、このお釈迦さまも鎌倉時代の火事により、当初の部分は顔の上半分、左耳、右手の第2・3・4指に残るのみだといわれています。
 ですが、大陸風の大らかな雰囲気をよく留めているように思います。

 真正面に鎮座されているというよりは、少し横向き加減に座っていらっしゃいます。
 帰る時に、「もう帰るのか?」と引き止めてくださるように感じるのは私だけでしょうか(笑)?
 優しいお釈迦さまでした

 asukadera6.jpg
 本堂の中には、聖徳太子さまもいらっしゃいました。
 こちらの聖徳太子さま、美しいですね~ 
 行かれる方は、ぜひぜひ聖徳太子さまにもお会いしてくださいね。

      asukadera7.jpg
 せっかくですので、御朱印もお願いしました。
 「飛鳥大仏」と書かれています。
 勢いのある美しい字ですね。

 この飛鳥寺の裏手には、蘇我入鹿の首塚もあります。
 前回は夕方だったのでパスしましたが、今回はお参りしてきました。
 でも、やっぱり写真ははばかられたのでパスです(笑)。
 首塚は美しく長閑な風景の場所にありましたよ。

 asukadera8.jpg 
 この法興寺(飛鳥寺)の蹴鞠会で中大兄皇子と中臣(藤原)鎌足が出会い、ここから1つ山を越えたところにある多武峰で「大化の改新」の談合が行われ、蘇我氏が滅ぼされたのですね。
 蘇我氏の造ったお寺が、蘇我氏を滅ぼす2人の出会いの場となったとは皮肉ですよね。
 そんな感情が湧いた飛鳥寺でした

飛鳥寺
 住所:奈良県高市郡明日香村飛鳥682 TEL:0744-54-2126
 拝観時間:4/1~9/30まで9時~17時半、10/1~3/31まで9時~17時(受付は各閉館の15分前まで) 休業日:4/7~4/9
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.08.16 (火) 12:38
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

夏の明日香は暑かったでしょう!なぜって、日陰が少ないですから!

>境内は拝観無料ですが、飛鳥大仏さまがいらっしゃる本堂に入る
 には拝観料350円が必要となります。
 定時か、人が集まった時かはわからないのですが、本堂に入ると
 お寺の方からお話が聞けるみたいですが、私たちが行った時は丁度
 そのお話が終わったところでした。詳しいお話が聞けずに残念。

ここの説法はとっても面白いですよ。ご住職が雄弁にお話しされます。
うんうん、なるほどー!!とうなずくことがたくさん聞けました。

釈迦如来坐像の面長の顔立ちや首のシワは、人間臭いなあ~と思って
しまいます。
聖徳太子像のほうが人間離れしていて、何だかものすごいオーラを放
ってて、近寄りがたさを感じます。
  1. 2011.08.16 (火) 20:20
  2. URL
  3. あめだまジョンテ
  4. [ edit ]

おじゃまします

僕、首塚の写真むっちゃパシャパシャ撮ってたぁ!
僕が行った時も夏で暑かったのを覚えてますけど、みなさんレンタサイクルで頑張ってましたよ。僕は車でスイスイでしたけど☆
  1. 2011.08.16 (火) 21:13
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

なるほど。

もものあきさん、こんばんは。
今年の夏は体力不足で、今回はブログで紹介した明日香村の飛鳥3ヶ所しか行かなかったのですが、暑かったです。
言われてみれば、確かに日陰があまりなかったですね。
あまりに暑いので、飛鳥寺の横の売店で冷たいスイカを食べたのですが、甘くておいしかった!
汗がひきました。

飛鳥寺、ご住職さんの説法、面白いのですか!
聞きそびれて本当に残念。
今回、飛鳥寺は10年ぶりぐらいの再訪でした。
次回は、またそれぐらい間隔が開くかもしれませんが、次回はご縁があったらいいな。

そして、こちらの聖徳太子さま、すごいオーラを放っていますよね。
ちょっとライトを下から当てているからというのもあるかもしれませんが、美しさと神秘さを湛えた太子像でした。
存在感がありましたね~。
  1. 2011.08.16 (火) 21:25
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

いいなぁ。

あめだまジョンテさん、こんばんは。
首塚、他の皆さんもバシャバシャ写真を撮ってらっしゃいました。
でも、もし何か写ってたらコワイじゃないですか(笑)。
うちは基本、あぶない橋は渡らない主義です(笑)。

明日香村散策、あめだまジョンテさんは車でスイスイですか。
羨ましい!
うちはレンタサイクル派なのですが、今回はピンポイント訪問だったので暑さに負けバス利用でした。
でも、1時間に1本しかバスが来ないので、日陰のないところで待ってる間が暑かった~。
夏の明日香はやっぱり車の方が良さそうです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログラム