とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

伊丹市立美術館 「フェリックス・ホフマン展」

 ifelix1.jpg
 神戸のBBプラザ美術館、西宮の大谷美術館をまわって最後にやってきたのは伊丹市立美術館です。
 こちらでは、「生誕100年記念 フェリックス・ホフマン展 うつくしい絵本の贈りもの」展('11.7.16~8.28まで。入館料700円)が開催されています。

ifelix2.jpg ifelix3.jpg
 フェリックス・ホフマン(Felix Hoffman 1911-1975)は、スイス生まれの絵本作家です。
 はじめは美術の先生をしながら画家活動を行っていたみたいですが、はしかに罹った三女スザンヌのために「おおかみと七ひきのこやぎ」の手描き絵本を贈ったのをきっかけに、重い病気に罹りサナトリウムに入った二女クリスティアーネのために「ねむりひめ」を、長女サビーネの9歳の誕生日に「ラプンツェル」を、末っ子で長男ディーターに「七わのからす」をそれぞれ贈り、子どもたちが大喜びしたため、その後も孫たちのために絵本を描いたようです。

 ホフマンのお手製の原画絵本はそれほど美しいとは思わなかったのですが、出版用に描かれた絵の方は美しいですね。
 子ども向けの絵というよりは、大人向けのイラストといった風情で、線と色とキャラクターのバランスが良いのです。
 この人の絵本なら、大人になっても見れるので大事にしたいなと思える絵ですね

 ですが、内容はグリム童話などですので、結構ブラックです(笑)。
 西洋のおとぎ話って、いつも思うのですが設定等が残酷でこわいですよね。

 ifelix4.jpg
 この絵は、「7わのからす」という童話の一部分で、親切な星の精からカラスになった兄たちの家に入る鍵となる鳥の足だったか雛の足だったかをもらうシーンですが、鳥の足って、気持ち悪くないですか?
 それも、大事にもっていたはずのその足がいつのまにかなくなっており、困ったこの子は自分の小指を切り落として鍵に使うんですよ
 それで、兄たちと会い、兄たちの呪いは解けて人間に戻り、みんなで家に帰ってめでたし、めでたしって、これってハッピーエンドなんでしょうか(苦笑)?

 「つぐみのひげの王さま」というお話も、高慢ちきなお姫様を改心させるというお話ですが、改心させるやり方が汚くて、つぐみひげの王の性格矯正もした方がいいのではないかと思ってしまいました(笑)。

 西洋発信の童話絵本って、童話に含まれている毒や脅し、因果応報などの教訓をきれいな絵などでコーティングして読みやすくしているため、絵がものすごく重要な役割をしているのだと思いました。
 やっぱりヨーロッパでは、中世バロックのキリスト教的な視覚にうったえるという手法がそのまま伝統的に受け継がれているのでしょうね。

 こんな感想を持ったのも、きれいな絵に引き込まれてお話の内容まで全部読んだからです(笑)。
 ホフマンの魅力的な絵を堪能できる展覧会でした

       ifelix5.jpg
 この美術館には柿衛文庫という俳句のコーナーもあります。
 上島鬼貫(うえしまおにつら)という伊丹出身の俳人の資料を多く持っているためか、おにつらくんというキャラクターができていました。
 かわいいですね

伊丹市立美術館
 住所:伊丹市宮ノ前2-5-20 TEL:072-772-7447
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで)、休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始、展示替期間
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.08.05 (金) 11:44
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

7わのからすのお話の中で、お星様が出てくるシーンの絵は
幻想的でとっても素敵なんですが、現実目線から見てしまう
とダメですね。人間が星のかぶりものをしてるだけやん!と。
(笑)
目的を達成するためには何かしらの犠牲をはらわなければな
らない、というのがキリスト教の宗教観なんでしょうか?
日本昔話でいうなら、強欲者は地に落ちるみたいな…。
これは仏教的な宗教観?
それにしてもひよこの足を鍵にしなさいという感覚は理解で
きませーん!!
つぐみみたいな顔も想像できませーん!!
現実的な私には、西洋的感覚がなかなか受け入れられないよ
うです。(笑)

>西洋発信の童話絵本って、童話に含まれている毒や脅し、
 因果応報などの教訓をきれいな絵などでコーティングして
 読みやすくしているため、絵がものすごく重要な役割を
 しているのだと思いました。

これはすごく納得です!!

  1. 2011.08.05 (金) 19:48
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

もものあきさん、こんばんは。
>現実目線から見てしまうとダメですね。人間が星のかぶりものをしてるだけやん!と。(笑)

そっち方面に反応されましたか(笑)。
これは仕方ないのです。
実は記事には書かなかったのですが、この絵本には太陽や月も出演していて、太陽や月は人間を餌と思っているらしく、この女の子を食べようとするのです。
人間を見つけるために、鼻で匂いを嗅いだり目で探したりしないといけませんし、食べるのですから胃袋も必要なので、皆さん顔と体が必須なのです(笑)
星もその仲間なんですから、鳥の足を女の子にあげたこと自体が実は偽りだったのではないかと、密かに私は疑っているのですけどね(笑)。

> 目的を達成するためには何かしらの犠牲をはらわなければならない、というのがキリスト教の宗教観なんでしょうか?

等価交換の考え方ですね。
私もキリスト教についてはよく知らないのですが、聖書のお話には代価を払って何かを得るみたいなのがよくでてきますよね。
でも、代価を支払わないと願いを聞いてくれないなら、お願いなんてできませんよ、ねぇ?
やっぱり無条件で願いを叶えてくれてこそ、感謝の気持ちもおこるというもの、と私は考えていますがあつかましいでしょうか(笑)?

> 日本昔話でいうなら、強欲者は地に落ちるみたいな…。
> これは仏教的な宗教観?

そうですね、これは仏教の因果応報という考え方のような(笑)。

> それにしてもひよこの足を鍵にしなさいという感覚は理解できませーん!!

でしょ!
私も、えっ、足だけ!? 本体はどうした?と思って気持ち悪くなりました(笑)。

> つぐみみたいな顔も想像できませーん!!

私もよくわからないのですが、つぐみのような顔ではなく、髭がつぐみみたいって書いてあったような。
絵を見てみると、少しあごが長いのかなぁ。

> 現実的な私には、西洋的感覚がなかなか受け入れられないようです。(笑)

そうなんです。
だいぶん前に「本当は怖いグリム童話」っていう本が流行ったのをご存知ですか?
その本にも書いてありましたが、童話の原著はかなり怖そうです。
子どもの時にグリム童話などをよく読みましたが、日本向けの子ども用の絵本などはかなりオブラートに包んであって良かったと思いますね。
今回のホフマンの絵本だと、子どもに説明するのが難しそうなんですもの(苦笑)。
やっぱり、童話は日本のまったりとしたお話の方がいいかな。
舌切り雀や花咲かじいさんは、ちょっと残酷なところもありますけどね(苦笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。