とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都文化博物館 「日本画きのう京あす」&「ドールシンフォニー」('11.7.24 Sun)

 bunpaku1.jpg
 リニューアルした京都文化博物館にも行ってきました。

      bunpaku2.jpg
 この時、日本画の展覧会を目当てに行ったのですが、ちょうど「ドールシンフォニーin京都 Vol.3」('11.7.20~7.24まで)という展覧会が5階の会場で無料で開催されていたので、観てきました。
 私は、結構人形って好きなんですが、この世界、美しい、妖しい、アブナカシイ。
 でも、魅せられますね
 
 今回来ていた人形は、ほとんどが少女です。
 それに、少し健やかな老婆の人形がいました。
 老婆は明るい逞しさを感じましたが、少女の方はダークで耽美的。
 人形って、人間の形をしていますが、生命力の薄いどこか虚ろな感じがします。
 それが大人になっていない未完成な少女と重なり合うから、少女の人形が多いのでしょうか。
 こういう世界って好きなんですが、少女の人形はどの子も幸せそうに見えなかったのが少し残念。
 美しいけれど、空虚でどこか欠けてるイメージの少女もいいですが、老婆ではなく、意志の強さを感じるパワフルな大人の美しい女性の人形も数体でいいからいて欲しかったな。
 
 この展覧会は、私が行った日(7/24)が最終日だったのでもう終わりましたが、照明や展示方法にもこだわり、独特の世界を構築していました。
 良かったです~
 妖しい美の世界、ハマりそうになりました(笑)。
 次の機会があれば是非観に行きたいところですが、名前を記帳するのを忘れました
 もし、またこういう展覧会がありましたら、皆さま教えてくださいね。
 お待ちしております

 bunpaku3.jpg
 4階からは、当初の目的の展覧会「京都日本画家協会創立70周年記念特別展 日本画きのう京あす」展('11.7.9~8.21まで。観覧料通し券1200円、半期券800円)です。
 この展覧会は、京都文化博物館のリニューアルオープン記念の展覧会として、前期(~7/31)、後期(8/3~8/21)で、近代の京都画壇の大御所の作品23点と現代の日本画家の作品約430点が勢揃いするという贅沢な展覧会になっています。

bunpaku6.jpg bunpaku5.jpg
 大御所の作品は、竹内栖鳳、菊池契月、橋本関雪、小野竹喬、福田平八郎、堂本印象、山口華楊、秋野不矩などの作品が展示されていましたが、ほとんどが京都にある作品ばかりなので、私も観たことがあるものばかりでしたが、好きな作品ばかりだったので良かったです。

 そして、現代の作品は、逆に知らない画家の作品ばかりです。
 上村淳之さん以外は、ほとんど名前は知らなかったかな。
 でも、これだけずらりと並んでいるのを見ると、見応えがありますね。
 同時に、この中から飛び抜けて輝ることの難しさも感じました。
 飛び抜けることさえ難しいのに、1枚を見てこの人の作品だとわかるぐらい独自の特徴をもつ絵を描けるのは、すごいことだと再認識しました。

 図録は2000円でした。
 通し券を買いましたので、後期も観に行く予定にしてます。
 心に留まる作品がたくさん見つかるといいな
 
京都文化博物館
 住所:京都市中京区三条高倉  TEL:075-222-0888
 開館時間:10時~18時(金曜19時半まで。入場は各30分前まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日休館)、8/2は展示替えのため休館
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.07.28 (木) 10:02
  2. URL
  3. もものあき
  4. [ edit ]

こんにちは

京都文化博物館は最近リニューアルされたんですよね。観やすくなりましたか?
昨年はオルメカ文明展を、一昨年は源氏物語絵巻展を観に行きました。
オルメカ展では本物のオルメカヘッドが展示室内に入らないということで、
1階のエントランスに展示してあったのにはびっくりしました。
展示室にはレプリカが置いてあって、
「タダで本物を観れて、お金を払ってレプリカってどうなん?」
とツッコミを入れたくなりました。

>この中から飛び抜けて輝ることの難しさも感じました。飛び抜けることさえ
 難しいのに、1枚を見てこの人の作品だとわかるぐらい独自の特徴をもつ絵を
 描けるのは、すごいことだと再認識しました。

ほんとそうですよね。人の感性はそれぞれだし、年齢や性別を超えて万人の心に
留まる作品を作るって、本当にすごいことだと思います。
 
私にとって日本画は暑い夏に観るに限るんです。色彩が涼しげで暑さも和らぐ。
この特別展は私も観に行きたいです。ダンナに坊ちゃんを預けて行こうかな。
  1. 2011.07.31 (日) 00:38
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

ナイスアイデア

こんにちは。
オルメカ展、行きたかったのですが、気付いたら終わってて行けなかったのですが、エントランスに本物のオルメカヘッドを展示していたのですか!
確かオルメカヘッドは、あの展覧会の目玉展示品の1つでしたよね?
無料で見れたなんて、なんと豪気な(笑)。

文化博物館の常設展は、今までジオラマなどの作り物が多かったのですが、本物を展示していこうということになったみたいで、かなり変りました。
う~ん、以前に比べたら少し地味(苦笑)?
以前の常設展示は偽物ですが、あれはあれでイメージしやすく作ってあったので、本物展示は京博などに任せて、文博は偽物のジオラマなどで、というのは私は有りだと思うんですけどね。

特別展の展示会場も少し変わっていたような。
どこがどう変わっていたかは、もものあきさん自身で確認してもらわなくっちゃ(笑)。
坊ちゃんとだんなさんにちょっとお留守番を頼んで、展覧会を観に行くというのはとっても良い考えだと思います。
24時間休みなしなんですもの、育児ほどの重労働はありません。
ちょっとぐらいのリフレッシュは絶対必要だと思いますよ。
トラットリア宝さんのランチとのセットがオススメです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログラム