大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室 「海と水のものがたり」展

 citysee1.jpg
 いつもいつもギリギリの紹介ですみません。
 心斎橋の旧出光美術館が、現在、大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室になっているのですが、こちらでは「―シニャック、福田平八郎から杉本博司まで―海と水のものがたり」展('11.4.29~6.19まで。観覧料500円)が開催されています。

 大阪は、「江戸の八百八町」に対して「浪華の八百八橋」と言われるほど、昔から水と縁の深いところす。
 そこで大阪市は、水を題材にした絵画、写真、彫刻、版画など60点を展示した展覧会を開催しています。

      citysee2.jpg
 まずは、チラシの表紙になっているシニャックの「アンティーブ、朝」からの展示です。
 ピンクが中心のきれいなパステル色調の絵です。
 シニャックといえば点描画。
 私は目がしんどくなるので、あまり点描画は好きではないのですが、この絵は点というよりは短い棒ぐらいの大きさで見やすく、優しくかわいい印象の作品でした。
 柔らかい日差しの朝の風景です。

 岡田三郎助の「甲州山中湖風景」も色がすごくきれいでした。
 この作品もパステル調でしたよ。

 かわって、都路華香の「波千鳥」は墨画の淡彩で、デザイン的でシブイ!

      citysee3.jpg
 児玉希望の「群貝」は、チラシの上段真ん中の絵なのですが、日本画らしい色使いの穏やかで美しい絵でした。

 チラシ下段右図は「浄瑠璃船」という作品で、木谷千種が描いています。
 船で水遊びをしながら浄瑠璃を聴く、風情がありますね。
 この絵が一番今回の展覧会にしっくりくる気がしました。

 下段真ん中の作品は、福田平八郎の「漣」です。
 味がありますよね。

 チラシには載ってませんが、アルチンボルドの「ウエイター」や土田麦僊の作品もあり、結構面白かったです。
 この展覧会は今日(6/19)までです。 
 名画をゆっくり楽しめますよ

大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室
 住所:大阪市中央区南船場3-4-26出光ナガホリビル13階 TEL:06-4301-7285
 開館時間:11時~19時(入館は18時半まで。) 休館日:水曜
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

水のある風景画は素敵ですよね。心がなごみます。
描く人の好みもありますが、特に海の色はその土地の
気候や季節、描いた時間やその日の天候などもきちんと
反映されていて、とてもおもしろいと思います。

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、水のある風景画は、観ていて穏やかな気持ちになれます。
もものあきさんは、いつも絵が描かれた背景まで絵から感じ取られており、感心しています。
ステキな感性ですね。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示