とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

奈良国立博物館 「誕生!中国文明」展('11.4.9 Sat)

 GWも近付き、八重桜の季節も終わりかけだというのに、ずっと桜の記事のままでした。
 スミマセン

 cbunmei2.jpg
 ちょっと以前の話に戻りますが、東大寺の本坊等の特別公開を観た後、奈良国立博物館に行ってきました。

 cbunmei1.jpg
 こちらでは現在、「誕生!中国文明」展('11.4.5~5.29まで。観覧料1400円)が開催されています。

 この展覧会は、幻の王朝とされきた中国最古の王朝「夏」の中心地があった地であり、12世紀頃まで中国の政治・経済・文化の中心地であった河南省の至宝を一堂に集め、中国文明の誕生と発展の経過を振り返る展覧会とHP等に記載されていましたが、そんな難しいことは関係なく、ひたすら「ホー!」と感心しながら観てきました(笑)。

      cbunmei4.jpg
 展覧会は3部構成になっており、第1部は「王朝の誕生」ということで、幻の王朝「夏」の遺物である青銅の板にトルコ石を嵌め込んだ「動物紋飾板」から始まり、商(私たちの時代は「殷」と教わった)や西周時代の常用漢字にはほとんどない漢字を使った遺物、春秋・戦国時代、前漢時代のものがズラリと並んでいます

 商の時代の遺物は、形が複雑で呪術めいていて、見ていて面白いです。
 この時代のものは、ここ奈良国立博物館の常設展示や京都の泉屋博古館にたくさんあります。
 この2つの博物館、美術館のコレクションは、本場中国のコレクションに負けておらず、それも関西でいつでも観れるということにうれしく思いました。

 前漢の時代の金縷玉衣、前にも見たことがあるのですが、どこで見たかを思い出せない。
 どこだったかなぁ・・・、思い出せず気持ち悪い
 でも、玉で作った衣(鎧みたい)なんて、何回見てもすごいです。

 この他にも、やっぱり中国は玉がよく採れるので、玉の加工品はすごいです。
 そうそう、顔の輪郭を44個の玉器で表した「玉覆面」はなんか珍しく面白かったです。

 第2部は、「技の誕生」ということで、細工の美しさなどが際立っていました。
 「銀製十花形杯」など、形も彫りも美しい細工でした。
 金細工のアクセサリーも、ものすごく美しい~

 「澱青釉碗」は、ルーシー・リーの器に似ていました。
 きれいでした。
 トンボ玉もルーシーのボタンを連想しましたが、もちろん時代はこちらの方が古いです。
 それだけ、この時代の細工物は現代にも通じる美しさということでしょうね

      cbunmei3.jpg
 第3部は、「美の誕生」という部門です。
 仏教美術を中心に目が輝くような宝物がいっぱい。
 とくに注目なのが、ポスターにもなっている「宝冠如来坐像」です。
 この仏さま、結構大きくて高さ2m40cmあります。
 キリッとした表情で、かっこよかったです

 「菩薩半跏思惟像」も笑みを湛えた表情で、独特の優雅さがありました。
 「比丘立像」は、3Dみたいな印象です(笑)。

 天王や力士のレリーフは、高さを縮めた分力強さがでていました。
 小さな准胝観音さまや文殊さま、お不動さま、お地蔵さまも優しく美しく彫られていました。
 見ているだけで幸せな気分になれる仏さま方です。

 その他、動物の表現も巧みでした。

 それらを全部収録し、詳しい解説も載っている図録は2300円です。
 
 中国の宝物150点の展示、見応えがありました。
 良かったです

 cbunmei5.jpg
 この後、もちろん仏像館にも行きました。
 ここに古代中国の青銅器コレクションもありますので、見比べてみるのも面白いと思いますよ。
 仏像ともどもオススメですので、展覧会に行かれた方は忘れずに寄ってくださいね

奈良国立博物館
 住所:奈良市登大路町50番地 TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)
 開館時間:9時半~17時(会期中の4/29以降の金・土は19時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(ただし'11年5月2日は開館)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.04.29 (金) 12:44
  2. URL
  3. NANTEI
  4. [ edit ]

こんにちは。

この中国文明展は、名前も内容も多少違っていたようですが、4年前だったか上野の国立博物館で開催されていました。夏、殷(商)、から前漢までだったと思いますが丁度、当時「十八史略」という壮大な中国の史書を読んでいたさ中だったので、小さな土偶の一つでもリアルに迫ってきた記憶があります。世界三大文明といわれていますが、装飾品の精巧な作りはいちばんではないでしょうか。そのころ倭の国はまだ竪穴式の縄文前期だったわけですから、あまりのへだたりに驚くばかりでした。よいものをご覧になりましたね。
  1. 2011.04.29 (金) 20:02
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

こんばんは。

この展覧会は、確かに昨年(2010年)7月~9月まで上野の国立博物館で開催されており、そのあと九州にも行った巡回展ですが、4年前にも同じような展覧会があったのですか。
中国文明展、結構人気があるということでしょうね。

中国文明もすごいのですが、4大文明の中では、私はエジプトが一番だと思っています。
子どもの頃からエジプトに憧れ、新婚旅行にエジプトに行ったぐらいのファンですから(笑)。
エジプトの細工も洗練されていて、美しいですよ~。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。