とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

堺市立文化館ギャラリー 「日本のアール・ヌーヴォー」展('11.3.6 Sun)

 ミュシャ館や与謝野晶子文芸館のある堺市立文化館のギャラリーで、「第12回堺所蔵美術作品展 日本のアール・ヌーヴォー ―版画、ポスター、挿絵を中心に―」展('11.2.19~3.15まで。入場無料)が開催されてました。

 大阪の地下鉄の駅に貼ってあったポスターを見て、行きたいなと思っていた展覧会です。
 この展覧会はサブタイトルにもあるように、リトグラフやポスター、挿絵を中心にした展覧会なのですが、良かったですよ

 堺ですので、当然ミュシャの作品は展示されていますし、藤島武二、竹久夢二、橋口五葉などが装丁した本なども展示されていましたが、そのほとんどが与謝野晶子の本です。
 与謝野晶子って、アール・ヌーヴォー風の絵が好きだったんでしょうね。

     sakaig1.jpg
 いろいろ展示されていましたが、今回私が最も気に入った作品は島成園の「6月 夕涼」です(チラシ左端の絵)。
 キャプションには「流し目と長い髪が官能性を帯び、アール・ヌーヴォーの女性像を思わせる」と書いてありましたが、私は逆に、洗いざらしの髪を結いもせずにこちらを一瞥する姿に、アール・ヌーヴォーの甘く少し媚びた印象の女性像を通り越したさっぱりとした潔さを感じました。
 島成園の絵、やっぱり好きだなぁ

     sakaig2.jpg
 今回は高島屋史料館の作品も来ていました。
 岡田三郎助の「支那絹の前」(チラシ左下)、やっぱりちょっと絵の女性の顔が曇っていますが、何回観ても着物の描き込み方がすごいです。
 北野恒富の「婦人図」も色白の女性が美しい。
 この他にも、良い作品がたくさんありましたよ。

 これらの作品を観て、日本のアール・ヌーヴォーとはこれだ!とまでは、わかりませんでしたが、ミュシャの作品を手本にして日本独自のテイストも加えながら、近代日本のポスターや挿絵が発展していったように思えました。
 やっぱり着物の文化のせいか、日本は上品で少し控えめな感じかな。
 そこが魅力の1つなんですけどね

 最近、展覧会の値段も図録の値段も高くて、このままでは展覧会は限られた人しか観に行かなくなるのではないか、そうなると日本の美術文化が衰退していくかもしれないと危惧しているのですが、堺市はこんな良い展覧会を無料で見せてくれました
 堺市を見習って、国や地方は国民の文化向上のために、国民が良質な芸術を安価に鑑賞できるようにもっと支援していってほしいと思います。

 この展覧会は3/15(火)までです。
 良かったですよ


堺市立文化館ギャラリー
 住所:堺市堺区田出井町1-2-200(ベルマージュ堺弐番館内) TEL:072-222-5533
 開館時間:9時半~19時(入場は18時半まで) 休館日:月曜
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.03.11 (金) 17:44
  2. URL
  3. NANTEI
  4. [ edit ]

ありがとうございます。

いまのところ、火災、津波とも大丈夫です。
  1. 2011.03.11 (金) 18:28
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

どうもなくて良かったです。

被害がなくて、本当によかったです。
他の方も皆さん大丈夫でありますように。
  1. 2011.03.11 (金) 21:23
  2. URL
  3. 水無月
  4. [ edit ]

お心遣いありがとうございました。
れでぃさんのところも、なにもなかったのですね。

明日明るくなって知るのが恐いです。
あの阪神大震災の恐さを思い出します。
  1. 2011.03.12 (土) 01:03
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

どうもなくて良かったです。
こんな大きな地震や津波がおこるなんて・・・。

  1. 2011.03.19 (土) 11:15
  2. URL
  3. 黒究。(美島園)
  4. [ edit ]

島成園

版画では「新浮世絵美人合 七月 ゆあがり」が好きですが。「6月 夕涼」という作品ははじめて見ます。こちらも湯上りでせうか。代表作の「おんな」といい凄艶です。これぞ島凄艶???
島成園も北野恒富も挑戦的なところが好いですね。
  1. 2011.03.19 (土) 22:26
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

美人画はいいですね。

成園の「新浮世絵美人合 七月 ゆあがり」、私も好きです。
「6月 夕涼」は湯上りかどうかは見る人次第ですが(笑)、「七月 ゆあがり」より、もっとさっぱりきっぱりした感じがしました。
どちらも同じく12枚シリーズのようなのですが、「6月 夕涼」の方は「美人十二ヶ月」の中の1枚で、肉筆画です。
このシリーズの版画版が「新浮世絵美人合」なのでしょうか?

> これぞ島凄艶???
上手いです。座布団3枚差し上げたいです(笑)。

> 島成園も北野恒富も挑戦的なところが好いですね。
北野恒富も、清純な女性から艶っぽい女性まで幅広いですね~。
もちろん、どちらのタイプの美人も好きです。
  1. 2011.03.20 (日) 13:56
  2. URL
  3. 黒究。(美島園)
  4. [ edit ]

「新浮世絵美人合」

「新浮世絵美人合」の十二枚をカタログで見たことがありますが、このシリーズは競作(月ごとで別の絵師が担当)のようです。一人の画家が二枚担当している月もあったように思いますが、成園の作品は確かこの一枚だけでした。
  1. 2011.03.20 (日) 14:47
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

ありがとうございました。

「新浮世絵美人合」は、「美人十二ヶ月」と別シリーズなのですね。
疑問が氷解しました。ありがとうございました。

「新浮世絵美人合」は、7人以上の画家の競作なんて豪華で人気だったでしょうね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブログラム