とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

明石市立文化博物館 「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展」('11.2.5 Sat)

 akashiu1.jpg
 今日は明石駅から徒歩5分ぐらいのところにある明石市立文化博物館に行ってきました。

      akashiu2.jpg
 こちらでは「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展-歌麿・写楽から幕末バラエティーまで-」展('11.1.4~2.6まで。観覧料800円)が開催されています。
 
 この展覧会、面白かったですよ~。
 歌川広重の「東海道五拾三次」(保永堂版)と同じく広重の「五十三次名所図会」、葛飾北斎の「東海道五十三次」(小判シリーズ)、広重の五十三次名所図会とほぼ同じ場所、同じ構図で大正時代に撮った写真、その4枚を1組にして、江戸から京都までの東海道五十三次の全部を紹介しています。
 それに加え、歌麿や写楽、国芳や芳年、この前神戸市立博物館で開催されていた貞秀の作品まで展示されており、まさにタイトルどおり幅広く盛り沢山の内容になっています。

      akashiu3.jpg
 今回メインの東海道五十三次案内は、並べてみると広重の「東海道五拾三次」(保永堂版)が一番面白いですね。
 旅の人情、旅情がよくでているのです。
 例えば、雨の描写で有名な「庄野」は、急な夕立で急いで走り出す旅人たちに、気は焦るけれど体力的にそんなに急げない駕籠かきたち、自分ではどうしようもない駕籠の中の客はこぶしを握って「早く、早く」と内心緊張している様子などが伝わってきます。
 そんなに大きくない画面に登場している人物全ての心理描写までが表現されているのですから、すごいです。
 当時から評判だったのもうなづけました。
 
 北斎の五十三次の方は、旅行者の立場ではなく、そこに住んでいる人を中心に描かれていますので、広重の絵と一緒に見ると北斎単独で見るより面白くて、こういう組み合わせで展示されたのはすごく良かったと思います。
 
 ちなみに北斎の五十三次は、広重の保永堂版より30年前に作られたそうで、ところどころ抜けているところもあります。
 その穴を埋めたのが、北斎の長女美予の娘婿・柳川重信です。
 この画家はその後美予と離縁して大阪に住んで、上方の絵師に影響を与えたそうです。
 ちょっと名前に記憶がないのですが、上方浮世絵展に出ていたかもしれないので、その時の図録を見てみようと思います。

 保永堂という出版社のことも解説に書いてありました。
 保永堂の出版者は竹内孫八という人だそうです。
 蔦屋重三郎みたいに、最近では出版者も取り上げられるようになり面白いですね。

 そういえば、広重の保永堂版の五十三次の36番「御油」は、真ん中の通りをはさんで両脇に店があり、右の店の宿札には摺師や彫師の名前が書いてあり、出版スタッフが紹介されています。
 店の壁には大きな「竹之内坂」と書かれており、左の店の暖簾には「大當(おおあたり)や」の字が。
 保永堂の紹介と大ヒット御礼という意味なんですって。
 広重と保永堂・竹内孫八の蜜月時代の作品なんでしょうね。

 保永堂は、小さな出版社だったので大手出版社仙鶴堂とはじめは共同で出版していたそうです。
 ですが仙鶴堂が火災などで延焼してしまったため、保永堂単独になったそうです。
 仙鶴堂の火災の折、広重の版木なども燃えてしまったため、このシリーズは後摺りや異版が多いのですって。
 何枚か、参考図として初摺りと後摺り、異版が並べて展示されていましたが、描かれている人数が増えていたり、昼と夜が違っていたりと、全然違うのでびっくりしました。
 好みもあるでしょうが、私は初摺りの方が好みかな。

 広重の作品を見て、ゴッホは模写をして勉強をしましたという証拠の絵も展示されていました。
 ゴッホの本物の絵を借りてくるとなると別の展覧会になるので、参考図として写真だけでしたけどね(笑)。
 模写といっても、ゴッホが描くとゴッホの色になるんだなぁと感心しました。

 ところで、東海道五十三次といえば、弥次さん喜多さんです。
 三代豊国の弥次喜多の顔を描いた作品がありましたが、とくに弥次さん、太りすぎでイメージと違います(笑)。
 どっちか一人は太くても、もう一人は細くないと、二人ともお相撲さんみたいに太っていたら到底旅に出るようには見えませんもんね(笑)。

 その他の作品は、美人画、役者絵、風景画から幕末の劇画、滑稽絵までサラッとですが、浮世絵の流れを掴めるような作品が展示されており、時代の流れも感じられる工夫がされていました。

 いろいろ展示されていましたが、やはり今回のメインは、誰もがなじみのある東海道五十三次、見に来るお客さんもいっぱいで、みんな楽しそうでした

 akashiu4.jpg
 もちろん私たちも楽しかったです(笑)。

 この展覧会、良かったですよ
 明日(2/6)までですので、浮世絵ファンの方はお見逃しなく。

明石市立文化博物館
 住所:明石市上ノ丸2-13-1 TEL:078-918-5400
 開館時間:9時半~18時半(特別展開催期間中の金・土は19時半まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(祝日、特別展開催期間中を除く)、年末年始(12/29~1/3)
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.02.06 (日) 19:27
  2. URL
  3. Hokurajin
  4. [ edit ]

re:明石市立文化博物館

浮世絵とは大変見ていて楽しいものです。
現代のアニメに通ずるのか、庶民の文化として世界に誇れるものかと思います。

明石に来たなら、魚の棚でタコの天ぷらをお土産に買うのが最近の習慣となりつつあります(笑)
  1. 2011.02.06 (日) 21:20
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011.02.06 (日) 23:08
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

おっしゃるとおりだと思います。

日本の漫画、アニメの文化は、浮世絵からきていると私も思います。
浮世絵の出版のノウハウがあったから、早くから漫画雑誌が刊行されたのではないでしょうか。
もちろん内容も、漫画やアニメの原型が浮世絵や絵草子に見られますものね。
海外では、漫画の刊行も単行本と同じなので1冊が高い。これでは漫画が文化として発達しにくいなと思いました。
今でもヨーロッパの現地産の漫画より、日本の漫画本を翻訳したものの方が安いし、内容も面白いので、浮世絵が海外で人気があったように、日本の漫画は海外で大人気です。
やっぱりルーツは浮世絵ですよね。

> 明石に来たなら、魚の棚でタコの天ぷらをお土産に買うのが最近の習慣となりつつあります(笑)
魚の棚、タコの天ぷらやタコの煮物、おいしそうでしたね~。
でもちょっと高かったのと、どこの店のがおいしいのかわからなかったので、今回はタコ関係は買いませんでした。
もし、オススメのお店がありましたら、是非教えてくださーい。
  1. 2011.03.16 (水) 10:34
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011.03.18 (金) 00:55
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

良いことを教えていただきました。

はじめまして。コメント、ありがとうございます。

重信の作品が一覧できる良いサイトを教えていただきまして、ありがとうございました。
この画家の絵は、今まで関心をもっていなかったので、この展覧会以外に見たことがあるかわからないのですが、重信の美人画の本物を見たくなりました。
ボストン美術館のサイトの絵は少し小さいのではっきりわかりませんが、重信の美人画の顔は、渓斎英泉に似ているような。
実際に見てみたいですね。

それと、「大坂新町ねりもの」、大阪市西区の区役所がある辺りが新町なので調べてみたら、昔この辺りに大きな遊郭があり、新町ねりものとは、ここの遊女たちが住吉大社の御田植神事の際に、仮装行列で詣でたことだと知りました。新町から住吉大社まで5kmぐらいでしょうか。人気の太夫たちの仮装行列、豪華で大人気だったでしょうね。浮世絵に描かれたのもわかるような気がしました。

いただいたコメントから、面白いことを知ることができました。良い情報を本当にありがとうございました。
  1. 2011.03.18 (金) 14:34
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011.03.31 (木) 09:40
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011.04.02 (土) 00:14
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

こんばんは。
返事が遅くなってすみません。
ズームができるようになったこと、お知らせいただいてありがとうございます。
やっぱりズームができると細かく見えていいですね。
見えても、団扇の中のくずし字が自分で読めないのが悲しいですが(苦笑)。

そんな高級な作り方で作られた上方浮世絵(といっていいのかわかりませんが)でしたら、摺られた数自体が少ないでしょうから、今はあまり残っていないのでしょうね。
  1. 2011.04.02 (土) 08:43
  2. URL
  3. 黒究。(美島園)
  4. [ edit ]

どうぞ、お気づかいなく。

何枚ぐらい摺られて、そのうちどれくらいが遺っているのか判りませんが、この作品は「重信の代表作」としての知名度があるようで、初期から幕末までの浮世絵をモウラして収集しているところは大抵持っているようです(なかでもボストンはかなり枚数が揃っているようですが)。以前、「写楽の肉筆」で話題になったギリシャ国立コルフ・アジア美術館にも作品がありました。
  1. 2011.04.02 (土) 09:40
  2. URL
  3. 黒究。(美島園)
  4. [ edit ]

紗綾形(さやがた)

>今ふと思ったのですが、この絵の壁の模様と柳川重信の初船太夫の袴の模様は同じですね。
よくご覧になられていますね^^
この模様は「卍(まんじ)つなぎ」や「卍くずし」「雷紋つなぎ」「紗綾形(さやがた)」などいろいろな呼び方をしますが、基本的にすべて同じものです。
「卍(まんじ)」をくずして繋げていますから、「卍くずし」「卍つなぎ」が覚えやすくてよいかもしれません。浮世絵には比較的よく描かれる模様ですので一寸覚えておくと便利です。例えば美人画だと「襦袢(じゅばん)の襟=内側一枚目の襟」によく使われます。この模様は実際の着物の「綸子(りんず)」の地にもよく使われるようです。
 
参考資料
ボストン美術館 歌川国貞作「当世三十二相 あずまのお客もうけ相」 
少し大き目の紗綾形が水色で襦袢の襟に使われています。
http://63.252.33.14/fif=sc1/sc183539.fpx&obj=iip,1.0&wid=960&cvt=jpeg

京都国立博物館「打掛 浅黄綸子地貝桶模様 」
左にある青いボタンを上にスクロールすると、菊と蘭と一緒に織りだされた紗綾形模様の綸子の地がズームで見られます(花の模様が邪魔で少し判りにくいかも、、)。
http://www.kyohaku.go.jp/cgi-bin/detail2.cgi?mz_synm=0000005782&gazo_no=1&fa=c001263&limit_no=0&name1=%E5%C5%BB%D2
  1. 2011.04.02 (土) 11:20
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

勉強になりました。

こんにちは。
私のブログの方に詳しいお返事をくださってありがとうございます。
私も自分で「紗綾形」までは調べたのですが、参考資料のページまで教えていただいて勉強になりました。
以前は、着物の襟などあまり見ていなかったのですが、次回からは着物地や襦袢にも注目して見れそうです。

それから、重信の版画も詳しく教えていただいてありがとうございました。
もし作品の数が少なくても、豪華な摺物であれば貴重品として残りやすいのかもしれませんね。

話は変わりますが、国芳展がもうすぐ始まりますね。
400点もの展示とのことで、大変楽しみです。
  1. 2011.04.02 (土) 16:44
  2. URL
  3. 黒究。(美島園)
  4. [ edit ]

国芳展行きます!!

国芳展!!
知人が「猫飼好(みょうかいこう)五十三疋」を観たいというので、後期の展示を見に行く予定です♪
公式ホムペに出品リストが出ないかな~
図録、あったらぜったい買った方が好いですよ。
その場で買えば2000円(ぐらい?)ですが、後から入手しようとしたら歴代の国芳展の図録の相場は10000円。びっくり。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。