兵庫陶芸美術館 「パリに咲いた古伊万里の華」展('11.1.10 Mon)

 昨日は予告編だけで失礼しました。
 今日は兵庫陶芸美術館を紹介しますね。

 昨日も少しお話しましたが、京都の「えき」美術館で「海を渡った古伊万里展」が開催されているのですが(拙ブログ記事はこちら)、この兵庫陶芸美術館でも 「パリに咲いた古伊万里の華」展が開催されていました。
 現在はもう終わっているのですが、「えき」美術館の展覧会が良かったので、こちらの展覧会にも最終日に行ってきました。

 togei1.jpg
 場所は、JR福知山線の「相野」駅から神姫グリーンバスに乗って約15分、「兵庫陶芸美術館」で下車して到着です。
 この日も寒くて、相野駅に着くと雪景色です。
 駅では雪は止んでいたのですが、美術館に着いた時は雪が舞ってました。
 バスは建物のすぐ近くまで行ってくれます。
 美術館の外観全部が写るポイントまで行きたかったのですが、もう寒くて写真どころではなかったので、エントランスから山の方に向けての1枚です(笑)。

togei2.jpg togei3.jpg
 この見取り図からもわかるように、敷地内は結構広いです。
 まずはエントランス棟でチケットを購入し、展示棟まで歩いていきます。

togei4.jpg
 展示棟に入ると展覧会の看板がありました。
 「日本磁器ヨーロッパ輸出350周年記念 パリに咲いた古伊万里の華」展('10.10.26~'11.1.10まで。観覧料1000円)です。

 この展覧会、面白かったです!
 前にも書きましたが、私は陶芸の方はよく知らなくて知識は皆無に近いのですが、この展覧会ではそういう人のためにか、小学生でもわかるようなやさしい解説のパネルが貼ってあったのです。
 陶芸に詳しい人にとっては常識かもしれないのですが、私は鑑賞に大いに役立ちました。

 読んでいくと、伊万里焼の歴史から始まって、見方までがわかるように書かれています。
 中国の陶磁器はヨーロッパで大人気だったのですが、中国の内乱により手に入れることが困難になったため、日本の有田の磁器に目をつけたオランダ東インド会社の注文によりどんどん生産されていき、17世紀にヨーロッパへの輸出が始まります。

       togei6.jpg
 日本の磁器ははじめ、韓国経由だったためと、日本国内での需要が主に染付(青色単色)技法だったため、染付中心の中国磁器の意匠を真似したものが多かったそうです。
 それが中国の内乱により、中国人の技術者も日本に流入し、色絵(多色)技術が有田に伝わり、染付、色絵を含めて美しい有田焼(伊万里焼)が作られるようになっていきます。

 ヨーロッパのお城に行った時、古伊万里と書かれた陶磁器なのに、なんか中国っぽい絵付けが多く、これ日本製?と思ったのはこういう理由だったのかと得心しました。

 はじめは中国のものを参考にしていた意匠も、だんだんと日本独自の絵に変わっていったのですが、中国の内乱が収まり価格供給に敗れたのと、自分たちの国内で陶磁器を作りたいという思いからできたマイセンなどの生産拡大により、18世紀日本の陶磁器の輸出は終了していくのですが、その変遷がわかるような展示内容になっていました。

 中国の物真似でぎこちなかった日本の陶磁器が、どんどん変化して独自の美を確立していく変遷を見るのはひじょうに楽しかったです。
 とくに色絵は、赤・青・金で花や風景が裏表に細かく描写され、ものすごく豪華で美しかったです。
 また、お皿や壷に模様として透かし彫りみたいな細工や、陶器の小花などを貼り付けて立体的造形にしたり、陶器に漆芸が施したりといろいろ工夫がされ、凝った作りになっていき、やっぱり日本の工芸品はすごいわと感心しました。
 
 そして、さらにヨーロッパで金細工などで加工され、新たな美に作りかえられるのを見るのも面白かったです。

      togei5.jpg
 写真は蓋付の鉢なのですが、蓋と容器の間に金細工を施し、わざと蓋を閉まらなくして中にポプリを入れていたそうです。
 発想の転換が面白いですよね。

 他にもインク壷やひげそり皿みたいなのもあり、造形は西洋風なのもたくさんありました。
 ピッチャーなどもありましたし、輸出する時にトランクなどに詰めやすいように、アルコール入れとして角瓶もありましたよ。
 角瓶は、旅行の携帯用だったのですね

 普段使いの日常品(といっても高価なものですので、使っていたのは王侯貴族だと思います)から、完全に観賞用のものまでさまざまな伊万里焼が輸出されたみたいですが、ヨーロッパで日本の伊万里焼が人気があったのも納得です。
 伊万里焼に金ぴか細工を施しても、金ぴかに決して負けていないのですから

 図録2000円で、なかなか良かったですよ。

 作品のほとんどにキャプションがついていましたし、伊万里焼の名品の数々を楽しめるだけでなく、伊万里焼の歴史、ヨーロッパ磁器への影響など、いろいろ知ることができ勉強になった展覧会でした。
 良かったです

 この展覧会を観て、はじめお手本にした景徳鎮や影響を与えたマイセンをまとめて見たいと思っていたら、マイセンの巡回展覧会があるみたいです。
 楽しみです
 
兵庫陶芸美術館
 住所:兵庫県篠山市今田町上立杭4 TEL:079-597-3961
 開館時間:4月~10月は10時~19時、11月~3月は10時~18時(7~8月の特別展開催中の金・土、4/29~5/5のGW期間は21時まで開館。いずれも入館は閉館の30分前まで) 休館日:月(月曜日が祝休日の場合は翌平日)、年末年始(12月31日と1月1日)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

立て続けに良いものを観ましたね。しかもマイセン展も控えているそうで大いに楽しみでしょう。
私の友人に焼き物作家がいます。広島県の福山では名士だそうですが、上京するたびにぐい呑みや皿、カップなどを持参してきて、ちょっとしたコレクションになっています。
それはそうと、日本古来の器の染めが「青色染」だったというのは興味深い話です。以前、古九谷のことを調べていたのですが、本当の古九谷の色は「藍染め」だと書いてありました。焼き物にあまり興味はないといいつつ、ぐい呑みはけっこう各地の陶器、磁器を買いあさってきました。どうしても酒関連になってしまいます(笑)。マイセンの記事待っています(^^)。

鬼が笑いそうです(笑)。

こんにちは。
焼き物作家さんのお友達だなんて、いいですね。
そのお友達の作品も、NANTEIさんが集められた焼き物も含めて、良いコレクションをお持ちなのでしょうね。
やっぱり良い器でお酒を飲むとおいしいですか?

私は本当に陶芸関係の知識がなく、九谷焼ってどこの産地の焼き物?というぐらいのレベルです(笑)。
ただ、ちょっと興味はわいてきましたので、10数年~数十年後ぐらいには、もしかするとNANTEIさんとお話できるようになるかもしれません。
それまでお待ちください(笑)。

マイセンの展覧会は、今東京のサントリー美術館で開催されており(~3/6まで)、この兵庫陶芸美術館には9月~11月まで、そして大阪は来年の4月~7月の開催予定になっていますので、私が観るのは1年以上も先の話です。
鬼も笑うでしょうが、気長にお待ちくださいませ(笑)。

こんにちは

ほんとに色々見ていらっしゃるのですね。
ずっと前に九州へ旅行したときに有田にも行きました。伊万里焼は絵も美しいから見ていて楽しいです。日本人の美に対する繊細さ、技術もすばらしいですね。

最も惹かれるのは、李朝の白磁なんですが。と言っても絵と同じで見るだけです。難しいことは分かりません。旅行先で、気に入った一輪差しをよく買いました。生け花の素養もないので一輪差しなら大丈夫かと(笑) 

一輪挿し、いいですね。

こんにちは。
有田、行かれたのですか。いいですね。
有田には、やっぱり陶芸の美術館などがあるのですか?

焼き物、今まであまり興味をもっていなかったのですが、解説付きで見ると見方がわかり面白かったです。
伊万里焼は、これからはちょっとポイントを押さえて見れそうです(笑)。

李朝の白磁、東洋陶磁器美術館で見たことがあります。
きれいですよね。

好きな一輪挿しを買われていらっしゃるとのこと、素敵ですね。
花を一輪飾るだけでも、部屋が明るくなりますものね。
お気に入りの花瓶で飾られると、気分が前向きになりそうですね。 
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示