とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 映画
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

午前10時の映画祭② 「ベン・ハー」

 昨日の夜中(1/4の2時18分から)、何気なくTVのチャンネルをまわしていたら「小さな恋のメロディ」をやっていました。
 懐かしいなと思って見たら、こんな内容だったか!?とびっくりしてしまいました
 まぁ大人のふがいないこと(笑)。
 昔、淀川長治さんがこの映画を「ファンタジー」と解説していたそうですが、ファンタジーを通り越してブラックコメディみたいでした(苦笑)。
 ピュアな子どもの感性をうまく描いていると思いますし、マーク・レスターとトレーシー・ハイドがかわいかったのと音楽が良かったので、BGMのようにさらりと流す分にはいいのかもしれませんけどね

 さて、本題に入りますが、今日紹介させていただくのは「ベン・ハー」('10年25本目)です。
 この映画も昔から何回かTVで見ているのですが、戦車シーンを映画館の大画面で観てみたいと思い、行ってきました。

 昔の作品って、映画が始まる前に映画音楽だけを映像もなしに流していたのですね。
 暗い中で音楽だけがジャンジャカ鳴っていたのが6分も続いたので、知らない間に少し寝てしまってまして、気が付くと映画はもう既に少し進行してました
 でも、大丈夫!なんとなく、話は通じましたので(笑)。

 この映画は、ユダヤ人ベン・ハーの半生をイエス・キリストの思想や生涯を絡ませて描いた作品です。
 もう少し詳しく書きますと、紀元26年頃、ユダヤ人貴族のベン・ハーとおさななじみのローマ人メッサーラが、エルサレムで再会し喜び合うのですが、この地においてはベン・ハーとメッサーラは被支配者側と支配者側に分かれています。
 メッサーラはローマでの地位向上のため、反ローマの人の名前を教えて欲しいとベン・ハーに頼むのですが、ベン・ハーはそれは同胞を売ることになると断ります。
 そのことをきっかけに2人の友情に亀裂が入り、メッサーラによりベン・ハーは無実の罪を着せられ、ベン・ハーは罪人としてガレー船の漕ぎ手に、母と妹は地下牢に閉じ込められてしまいます。
 母と妹の救出と、メッサーラへの復讐心を心の糧に生きていたベン・ハーですが、海戦の折、ローマの司令官を助けた功績で司令官に取り立てられ、当時花形であった戦車競争の御者としての力をつけていき、司令官の養子にまでしてもらいます。
 そんな中、都市対抗の戦車競争にユダヤ代表として出て欲しいと土地の族長から頼まれます。
 ローマ代表は無敵のメッサーラ。
 メッサーラの戦車の車輪の横には巨大な棘が付いており、その車輪を相手の戦車や馬に接触させ敵を次々と倒していきます。
 最後はベン・ハーとメッサーラの一騎打ち!
 私情と国の威信をかけたどちらも負けることの出来ないルールなしのサバイバルゲーム
 勝利はどちらの手に!?
 
 それが有名な戦車シーンです。
 これは大画面で観ると、TVとは比較にならないほどの大迫力です
 まるで自分が戦車に乗っているようなスピード感と臨場感!
 興奮する馬の顔のアップや息遣いが更に迫力を増強させます
 いや~、手に力が入って観てしまいました(笑)。
 約3時間半の映画なんですが、この戦車シーンだけをそのままにして、残りは大胆に削って1時間半ぐらいに再編集したら、もっとスピーディーで面白いエンターテイメント映画になるのではないかと思えるほど戦車シーンは素晴らしかったです。
 でも、監督が作りたかったのはエンターテイメント映画ではなかったでしょうから、長くても仕方ないのでしょうけどね(笑)。

 この映画を見ていると、旧約聖書のダビデの話のようなユダヤ人にとっての一種のヒーロー物語のような印象を受けました。
 もちろん、ベン・ハーは架空の人物なのですが、虐げられたユダヤの人々は神によって守られている、正義は勝つみたいな(笑)。
 ですが、ベン・ハーは人間です。
 業病(伝染病)にかかった母や妹を助けたいが、自分もうつるのではないかと思い、助けに行くことができません。
 そんな時、キリストの処刑の後の慈雨により母も妹も病気が治り、3人は抱き合って再会を喜び合うところで映画は終わります。
 ラストはちょっとご都合主義ですね
 
 映画は、ベン・ハーの心の動きや行動の理由付けを丹念に描いていますが、仏教徒である私には、ちょっと長くてしんどかったです。
 この映画は、やっぱり欧米でウケる映画だと思いました。

ベン・ハー 1959年 アメリカ MGM ウィリアム・ワイラー監督 223分(序曲6分&間奏曲含む)
 つい最近ピラト総督を描いた絵を見たなぁと思った、Ms.れでぃの勝手な映画採点:69点
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011.01.05 (水) 21:08
  2. URL
  3. NANTEI
  4. [ edit ]

おつかれ。

大作をご覧になられて、お疲れだったでしょう。
私は映画館で3回、ビデオで4,5回は観た筈です。この映画はおっしゃるとおり、せめてもう30分短く編集したほうが、と思いますが。
メッサラ役のスティーブン・ボイドは、次のスペクタクル映画「ローマ帝国の滅亡」では、残虐な皇帝を倒そうとする正義の将軍を演じており、残虐な皇帝コモドゥスを演じたクリストファー・プラマーが、ご存じ「サウンド・オブ・ミュージック」でトラップ大佐になっているという、アウトサイダー好みの私にとって、たまらない裏話になっています。きりがありません。このへんで!
  1. 2011.01.05 (水) 21:44
  2. URL
  3. 夢織工房しゃんない
  4. [ edit ]

ベンハーは観ましたよ。

今晩は。
ベンハーはリアルタイムだったか忘れましたが映画館で観ました。スケールの大きかった事は覚えているのですが、それと馬車だったかに乗って戦闘シーン?があった記憶もあります。

小さい頃から映画が好きで、町(滋賀県長浜市)には東映系、松竹系、洋画、大映系の4館の映画館が近くにあり小学生から一人で行っていました。
今思えば娯楽が少なく遊びは映画が主流だったのかもしれません。一人で行く事には今と違って何の抵抗も無かったですよ。
でも、高校生になってからは少し恐い目に有ったから座る場所には気をつけるようにはしていました。

今は、あの映画を観たいなぁと思いつつその殆どが観られず終わってしまっています。


問屋さんは電車で行っています。持ち帰れるものは持って帰りますが、重い物や、量が多い時は宅配で送ってもらっています。
行っても一日2軒ですね。娘にとっては退屈な時間だと思います。いつまで行ってくれることでしょうね。
最近はどうしても急ぐ時にはネットで注文しますが、やっぱり自分の目で見ないと駄目だなぁと言うのが感想です。
またご一緒出来れば嬉しく存じます。

私は、仲良くさせていただいているお友達は同級生以外は全員年下ですよ。歳の差は13歳下から10歳下、5歳下ばかりです。私が一番年長ですが何とか今はお付き合いが出来ているのですが、これから体力的にもついて行けないかと思っています。

今年の夏はは共通の知り合いがいるイギリスに行こうなんて言っていますが、13時間の飛行機はパス。せいぜい行けても韓国か沖縄ぐらいの体力しかもう持ち合わせていないのですよ。
かといってお断りばかりしていると誘われなくなるし、お若いお友達も楽しいのですが、これからどうするかが難しいです。
でも、今のところはお互い忙しいのでたまに会ってお食事をしてたわいのない話に大笑いして別れます。
今度はあそこに行こうねなんて言って別れますがいつも誰かが都合が悪くなって行けないのが現実です。

スプーンを褒めていただき有難うございました。いつの間にかたまっていました。
今思うとどれも綺麗ですね。ほっておいたのに保存も良く使うのがもったいないなぁと思っています。

今困っているのは、主人がお土産にいただいた洋酒があるのです。ブランデーやコニャック、ウイスキー等です。
主人は退職したらゆっくりいただこうと封も開けずに「世界の洋酒」という雑誌を見て楽しんでいましたが結局一滴も飲めませんでした。
15年以上前の洋酒って飲めるものでしょうか?
お酒って揮発性でコルクや栓で締められていたも蒸発して目減りしているお酒もあります。
私はあまり飲めないのでわかりませんよ。

なんて色々書きすみませんでした。
またお手紙書きます。

  1. 2011.01.05 (水) 22:59
  2. URL
  3. 水無月
  4. [ edit ]

はじめまして

南亭さんのお言葉で訪問させていただきました。
最初はすてきなことがいっぱいで、どうお声をかけていいのか迷ってしまいました。
これから、少しずつ、ゆっくりと読ませていただきます。楽しみです。
ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
  1. 2011.01.06 (木) 01:05
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

コメント、ありがとうございます。

水無月さん、こんばんは。
コメントを書いてくださって、ありがとうございます。

遊びに来てくださってうれしいです。
長い文章なので読みにくいかもしれませんが、共通の話題でお話できることを楽しみにしていますね。
私の方もまた水無月さんのブログに遊びに行かせてもらいます。
こちらこそよろしくお願いします。
  1. 2011.01.06 (木) 01:13
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

すごい!

しゃんないさん、こんばんは。
しゃんないさんもベン・ハーを映画館で観られたのですか。

> ベンハーはリアルタイムだったか忘れましたが映画館で観ました。スケールの大きかった事は覚えているのですが、それと馬車だったかに乗って戦闘シーン?があった記憶もあります。

そうです、そうです、馬車による戦車の戦闘シーンが大迫力なんです。
ベン・ハーは、映画館向けの映画ですよね。
臨場感、切迫感がリアルに伝わってきますものね。

この続きは、ちょっとお時間をいただくことになるかもしれませんが、そちらの方にお便りしますね。
  1. 2011.01.06 (木) 01:23
  2. URL
  3. Ms.れでぃ
  4. [ edit ]

はい、疲れました(笑)。

NANTEIさん、こんばんは。
ベン・ハーは映画館で3回も観られたのですか!
それはスゴイ。
映画館で観たら、TVサイズでは物足りなくなかったですか?

メッサラ、最後まで誇り高い悪役で、存在感がありましたね。
ある意味、ベン・ハーより魅力的でした。
「ローマ帝国の滅亡」は見てませんが、私にとってジョン・ボイドといえば「ミクロの決死圏」です。
初めて観た時は、ドキドキワクワクしてしまいました(笑)。
この映画も午前10時の映画祭で上映されていたのですが、見逃してしまいましたね。残念。

「サウンド・オブ・ミュージック」は一昨日(1/4)にTVでやっていましたね。
クリストファー・プラマーが若くて、かっこいい!
私は昨年、「Dr.パルナサスの鏡」、「終着駅トルストイ最後の旅」で彼を観たのですが、味のある役ではありましたが、どちらの作品でもすごい髭のおじいさん役でした(笑)。

プラマーの裏話、楽しみにしてます。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログラム