平木浮世絵美術館UKIYO-E TOKYO「江戸の英雄」展('10.2.26Fri)

hira1.jpg
 前回、夫が東京に来た時、平木浮世絵美術館UKIYO-E TOKYOの「江戸の英雄」展の前期展示を観て、すごく良かった!!と言っていたので、是非観たいと思い、ららぽーと豊洲までやってきました

hira3.jpg
 この展覧会は、~2/28までだったので、ぎりぎり後期展の最終近くに間に合いました。
 前期と後期では、作品全部の総入れ替えだったので、夫は大喜びです。
 私は後期だけなので、羨ましくもあり、妬ましくもありです(笑)。
 でも、この展覧会、めちゃめちゃいい~!

hira2.jpg 
 「江戸の英雄 初公開博覧亭コレクション」(入館料500円)、幕末の絵師が描いた武者絵ばかり展覧会で、私の好みにジャストミートです

 私の最も好きな浮世絵師の月岡芳年の作品が15点も展示されてました。
 今回は武者絵ばかりなので、芳年の作品の中でも迫力のある題材ばかりです。
 日本では目にする機会が少ない芳年の残酷絵も数点でてましたよ。

 芳年の作品をまとめて観れただけでもうれしかったのですが、今回いいなと思ったのは、豊原国周と歌川国貞の作品です。

 展示されてた国周の役者絵は、顔アップの作品が多く、それもみな眉目秀麗。
 かっこいい~

 国貞の役者絵もかっこいいのですが、こちらは顔アップではなく、立ち姿のプロマイド風のが多く、美しい
 (このブログの3枚目の写真は国貞の作。ハンサム)
 幕末の頃に生きてたら、どちらの浮世絵を買うか大いに悩んでたことでしょう(笑)。
 いや、今でも悩むなぁ~(笑)。

 国芳の作品も約30点でてました。
 国周や国貞のシュッとしたハンサムを見た後では、国芳の絵は濃い、濃い(笑)。
 でも、迫力ある国芳の絵はインパクトがあり、やっぱり人の目を惹きます。
 それに、この人は躍動感の表現が面白いし、すごい!
 なんかどの役者絵も、主人公が大暴れしてるように見えてしまいます。
 (このブログ2枚目の写真は国芳の作。弁慶が大暴れしてるでしょ?笑)
 国芳自身が、豪放磊落な性格だったのかもしれませんね。

 前回、お土産にこの展覧会の図録を買ってきてくれたのですが、これがコンパクトにまとめてあり、解説もしっかりと書いてあるのに値段が1500円で、かなり良かったです。
 こんな良い内容の展覧会の入館料とこの図録をあわせても2000円だなんて、本当にうれしい限りです
 最近、図録も拝観料も高くなってきてるので、他の美術館も見習って欲しいものです。

 好きな浮世絵をゆっくり、じっくり観れて、とても良い美術館であり、良い展覧会でした
 また来たいと思います

平木浮世絵美術館UKIYO-E TOKYO
 住所:東京都江東区豊洲2-4-9 TEL:03-6910-1290
 開館時間:11時~18時(入館30分前まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日火曜)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示