とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. おみやげ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

和泉散策③ 前多の水茄子の糠漬け('10.7.24 Sat)

 maeta1.jpg
 久保惣美術館に行く途中、泉州水茄子のお漬物屋さんを見つけました。
 ここは泉州、水茄子の本場なので、おみやげにしようと帰りに寄ってみました。

 お店の名前は「前多」さん。
 ネットで調べても出てこないので、お店の店舗情報はわかりませんが、入ってみるとお店の人が水茄子の入った袋に機械で糠を入れる作業をされていました。

 maeta2.jpg
 水茄子のお漬物のところには、水茄子の生産者の写真入り説明書きが立ててありました。
 正真正銘の泉州産水茄子です(笑)。
 水茄子は結構高いので、1個だけ購入。430円でした。

maeta3.jpg maeta4.jpg
 ついでに和泉中央駅の近くのスーパーイズミヤにも寄り、こちらでも水茄子の漬物を1個298円で購入して、食べ比べです(笑)。
 写真左が前多さん、右がスーパーのものです。

maeta5.jpg maeta6.jpg
 さてさて、ここでクイズです。
 これらの水茄子の糠漬け、どちらが前多さんので、どちらがスーパーのものでしょうか(笑)?

 答えは、写真左が前多さんので、写真右はスーパーのものです。
 皆さん、当たりましたか

 前多さんの方が、皮の色が濃くて、中身が白いです。

 お味の方も、スーパーのお漬物もちゃんとした水茄子でジューシーなのですが、完全にお漬物となっており、ごはんのお供という感じです

 maeta7.jpg
 それに比べて前多さんの水茄子は、外側の糠漬けの塩加減が、内側の水茄子本来の甘さを引き立てて、めちゃめちゃおいしい~
 内側はまるでフルーツのような甘さで、お漬物というよりは一品料理という感じです。
 ちょっと感動するようなおいしさでした。
 丁度、皮の糠漬けの部分が、スイカに塩のような役割を果たしているんですね。
 いや~、絶妙な味のバランスです。

 とてもおいしかったです。
 ごちそうさまでした~

漬物・みそ 前多
 住所:大阪府和泉市緑ヶ丘1-1(この住所で地図検索をし、付近を拡大して見ればお店が見つかると思います)
 定休日:4~9月は10日・20日・30日、10~3月は10日・20日・21日・30日
関連記事
スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。