fc2ブログ

京都 国立近代美術館「ファイバーアート」展

 この前から約2週間お休みさせてもらいました。
 しょうもないところでこけてしまいトホホだったのですが、ようやく治ってきました。
 心配して温かいコメントをくださった方々、ありがとうございました。
 落ち込んでいたのですが、元気をいただきました^^

 さて、2月の中頃にいろんな展覧会に行って記事にしようと思っていたのですが、今となってはほとんどが会期終了になってしまいました(T_T)
 かろうじて間に合いそうな京都国立近代美術館で開催されている「小林正和とその時代―ファイバーアート、その向こうへ」展('24.1.6~3.10まで。観覧料1200円)の紹介をしたいと思います。
 
 itokinbi1.jpg
 「ファイバーアートって何?」、「小林正和って誰?」という状態で観に行ったのですが、この展覧会、めちゃ面白かった!

 ファイバーアートとは、簡単にいうと繊維を使ったアート(字面そのままでスミマセン笑)で、小林正和さんは日本におけるファイバーアートのパイオニアなんだそうです。
 小林さんはとくに「糸」を使った作品が多かったです。

 会場は写真撮影OKだったので、ここから先は写真でお見せしますね。

 itokinbi2.jpg
 こちらは「WIND-4」という作品です。
 綿と麻の糸を綴織にした作品で、写真で伝わるかどうかわかりませんが、正面から見ると起伏のある立体的なものに見えます。

 itokinbi3.jpg
 ですが、実際は織ったものを少し重ねてあるだけで、ほとんど起伏はありません。
 錯視(目の錯覚)がおこるデザインなのです。
 このような青海波(せいがいは)の模様は、錯視がおきやすいです。

 itokinbi4.jpg
 この写真だと、奥の「吹けよ風」が平面だということがわかりやすいですかね?
 紫の作品も少し立体的に見えるかもしれませんが、こちらも実際は平面です。
 小林さんの作品は錯視手法を使ったものも多かったです。
 この写真の手前の白い物体は、見える通り立体です(笑)
 でも、これも糸で作られているのですよ。

 itokinbi5.jpg
 こちらがそのアップです。
 糸というよりかは細い紐の集合体みたいですが、紐も糸を撚り合わせたものですからね。
 では、なぜ糸がこんなしっかりした形に?
 実は中に芯が入っているのだそうです。
 糸の柔らかさと相まって、白木の木材のように見えました。

 itokinbi6.jpg
 巨大コキアのようなオブジェも、竹ひごに絹糸を張ったようなものでできていました。

 itokinbi7.jpg
 このきれいな壁掛けも

 itokinbi8.jpg
 糸!

 itokinbi9.jpg
 この人は、デザインも良いですが、色遣いもきれいです。
 なにより、発想力が豊か。
 糸のことを熟知しながら、糸を当り前以上のものにして、私は糸に対する固定観念を覆されました。
 それどころか、糸の無限の可能性を感じた展覧会でした。
 
 展示数は約100点。
 近くから、遠くから、正面から、横からと、いろいろ視点を変えて見るのも楽しいです。
 オススメの展覧会ですよ^^
 
京都国立近代美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
 開館時間:10時~18時(金曜は20時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(月曜日が休日にあたる場合は開館し、翌日休館)、年末・年始、展示替え期間 

 「来たよ~」ということでポチポチ押しをお願いします。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます
  ↓ 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^

繊維のアートですか!?
素敵ですね☆彡
手芸に興味があるので…興味深く読ませて頂きました!
京都で10日まで…本当に残念です(T_T)

Comodoさん

こんばんは。
コメントをありがとうございます^^
この展覧会はComodoさんも気に入られると思いますよ。
関東でも巡回すればよいのですが、その情報は今のところないのが
残念です。
またいつか関東でもありましたら、観てみてくださいね^^

ところで、私が訪問もお休みしている間にComodoさんのところでは
お話しできなくなっていて寂しいです。

こんにちは♪

糸?!これが糸なんですか!
すごい発想ですね。芸術家は考えることが違いますね。
おっしゃる通り色も綺麗ですね。

こちらで先日、漁網を使った作品展があったのですが、
車が停めにくいし寒いし、写真がたまるしで見に行きませんでした。
それも意外な作品だったでしょうね。
今となっては悔やまれす(;´Д`A ```

美風さん

こんばんは。
そうなんです、これ糸で作られているの!?という作品がいっぱいで、
驚きの連続でした。
糸といっても、絹糸や綿糸、麻糸、化繊糸、ビニールの糸など
いろんなものを使ってられて、それも面白かったです。
そちらで開催されていた、漁網の作品展も面白そうですね。
でも、条件が合わなくて行けない時が私もよくあります。
またの機会のお楽しみですね^^
コメントをありがとうございました^^
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる