fc2ブログ

大阪 あべのハルカス美術館 「超絶技巧、未来へ!」展

 展覧会感想記事、まだ続きます・・・ぜーはー・・・

 tyozetuhar1.jpg
 あべのハルカス美術館では「超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA」展('23.7.1~9.3まで。観覧料1600円)が開催されています。

 この展覧会、すごかった~!

 tyozetuhar2.jpg
 チラシのスルメは、前原冬樹さんの「<一刻>スルメに茶碗」(部分)です。
 これが木彫りだというのもびっくりですが、更に1本の木(1枚の板?)を彫ったもので、パーツを組み合わせたものでないというのも驚きです。

 tyozetuhar3.jpg
 距離の関係から、作品全体は撮れなかったのですが、タイトルにある「茶碗」も古びた割れた陶器の茶碗にしか見えません。

 この作家さんの「<一刻>グローブとボール」も、そのものにしか見えませんでした。
 柔らかい物から硬質の物まで木彫りで表現できるなんて、まさしく超絶技巧です。

 tyozetuhar4.jpg
 展覧会の最初の展示が前原さんの作品だったのですが、続々と超絶技巧の作品が続きます。
 何点か写真撮影可の作品もありましたのでお見せしますね。

 tyozetuhar5.jpg
 こちらは福田亨さんの「吸水」です。

 tyozetuhar6.jpg
 木彫りでここまで繊細な蝶を彫るというのもすごいですが、蝶の羽は色を塗ったのではなく、木材の自然の色を組み合わせた作家独自の立体木象嵌という技法だそうです。
 水にしか見えない水滴部分もすごい工夫がされているようですが、もう理解不能なので説明は割愛します^^;

 写真はないのですが、同じく木彫の岩崎努さんの作品も、象牙彫刻の超絶技巧で有名な明治の安藤緑山に勝るとも劣らないリアルな作品でした。
 岩崎さんの作品は、彩色を日本画家の平井千香子さんにお願いしているみたいで、色も本物そっくりでしたよ。

 比較できるように安藤緑山の作品展示もあり、痒いところに手が届く展覧会だなと心の中で拍手しました^^

      tyozetuhar7.jpg
 こちらは大竹亮峯さんの「月光」です。
 花びらの部分を鹿の角で作った月下美人ですが、花器に水を入れると、なんと花が開くのですって!
 (写真は花が完全に咲いた状態だと思います。)

 tyozetuhar8.jpg
 金工の吉田泰一郎さんの「三毛猫」と「粗」です。
 三毛猫が振り返った先には・・・

 tyozetuhar9.jpg
 鯛のお頭、鯛のアラですね。
 これも本物そっくりでした。

 tyozetuhar10.jpg
 銀で作ったプチプチは、長谷川清吉さんの「銀製 梱包材」です。
 長谷川さんは、この他にも「真鍮製の爪楊枝」や「銅製 紙袋」を作られていました。
 この作家さんは、金属製であることを隠そうとはしませんが、不思議と違和感なく本来のものと同等の物と認識させられます。
 面白いですね。

 写真はありませんが、漆工の樋渡賢さんの作品も、明治の帝室技芸員に選ばれた白山松哉の作品と並べても遜色ないほど美しかったです。

 この他にも現代の作家さんや明治の有名な工芸家の作品がたくさん展示されており、どれも素晴らしかったです。
 超絶技巧といわれた明治の作品に現代も負けてないなと思う作品もあれば、やっぱり明治はすごいと思う作品もありましたが、人を驚かせるようなモノづくりをしたい、という気持ちは共通なんだなと思える展覧会でした。
 驚きの連続で、すごく楽しかったです^^

あべのハルカス美術館
 住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階 TEL:06-4399-9050
 開館時間:火~金10時~20時、月・土・日・祝10時~18時(入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:年末年始、展示替え期間、月曜日休館日あり

ポチポチっと押して励ましてくださるとうれしいです。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます。
  ↓ 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^

おぉ~!あべのハルカスの記事ではないですか!?💗💗💗
待っていました(^^)/~~~
イカは一枚の板で作られた木彫りだったのですね!
割れたお茶碗も木!?嘘ーーーっ!なんとリアルな……

木だけでなく金銀細工まで……
思わず写真をプチプチ押したくなるほどリア!!
鯛のアラは本物じゃなくて良かったというほど…です(^-^;

そして一番驚いたのは月下美人!!
美術館に飾ってある本当の花だと思ってしまうほどリアル…
鹿の角で水を入れたら開くという仕掛けも面白いです♪
リアルという言葉を何回使ったか……どれも素晴らしい作品でした☆彡

おかげさまで展示会に行った気分になりました!
素敵な記事をありがとうございました(^^)/

佐々木さん

こんばんは。
せっかくのご提案ですが、マイペースでしかできないので、
今のままで続けたいと思います。
お気遣いありがとうございました。

Comodoさん

こんばんは。
お待たせしました。
やっと行ってきました^^

私もスゴイ、スゴイ!と心の中で連呼しながら観てまわりました(笑)
スルメは、写真では色がちょっと実物とでは違うかもしれませんが、
実物は炙って食べたら美味しいだろうなぁと思いました(笑)
月下美人もきれいでした♡
人工物なのに、水で花が咲くなんて、超絶技巧とは、作る前の
発想からして違うのだなと思いました。

感想を喜んでもらえて良かったです。
いつも嬉しいコメントをありがとうございます^^

こんにちは♪

うわぁ、これはどれもこれも見事なものですね!
写真だけでも興奮しますよ。実際に見てみたいです。すごーい☆彡
水を入れると開花する月下美人!どうしてそうなるの?(笑)
れでぃさんが見られた月下美人はこれだったのですね。

美風さん

こんばんは。
そうなんです。
月下美人はここで見ました(笑)
ねぇ。どうやったら鹿角の花を開かせられるのですかね?
私も不思議に思いました。
それに、咲くまでの時間経過まで人工で作ろうと思う発想もすごいです。
この他にも、これから何十年かすると金属が腐食して、
中の物が出てくるという作品もあったのですよ。
どれも美しく、おぉ~!と驚く作品がいっぱいの展覧会でした^^
嬉しいコメントをありがとうございました^^

Ms.れでぃ 様

今晩は

あべのハルカス美術館 「超絶技巧、未来へ!」展 行きたいのですが、
金欠状態と勉強で、行けそうにありませんでした。

木彫りの スルメ・蝶 凄く良いですね!金工の粗も凄いです。


捨楽斎人さん

おはようございます。
この展覧会は、現代の作家さんと明治の帝室技芸員などの作品との
コラボですごかったです。
捨楽斎人が気に入りそうな展覧会でしたよ^^
でも、大阪は遠いですものね。
私も先日奈良に行きましたが、電車賃が高くなっていましたし、
展覧会料金も高くなって、気軽に行きにくくなってきました。
遠いとランチ代も必要になりますし、結構キツイですよね。
来年は京都の市バス1日券も廃止になりますし、私も展覧会に
行く回数が減るかもです。
朝から世知辛いリコメになってしまいましたが、お互い元気を
出していきましょうね。
コメントをありがとうございました^^
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示