fc2ブログ

奈良国立博物館 「第74回正倉院展」

 奈良県立美術館の「野田弘志」展と同じ日に、奈良国立博物館で開催されていた「第74回正倉院展」('22.10.29~11.14まで。観覧料2000円)を観てきました。
 調べてみると、去年と同じ日(11/14)に正倉院展の記事を書いてます。
 観に行ったのも、去年と同じくもう少し前なのですけどね^^;
 
 r4syosoin1.jpg
 展覧会は3年連続当日券なしの完全前売日時指定制でした。
 今年は少し遅い時間(16時)に予約をしたのですが、それでもすごい人。
 やはり正倉院展は毎年人気ですね。

 r4syosoin2.jpg
 さて、内容ですが、今年の私が勝手に名付けたテーマは「THE 文様」
 布や箱、鏡などに細かい文様が施されている品々の展示が多かったです。

 r4syosoin3.jpg
 チラシからの抜粋ですが、こちらは金銀平脱皮箱(きんぎんへいだつのかわばこ)です。
 皮をベースにした箱に布を貼り、その上から黒漆を塗って、文様の形に切った金銀を貼り付け、更に上に漆を塗り、金銀の部分の漆を削る「平脱(へいだつ)」という技法で作られているそうです。
 凝ってますよね~。
 残念ながら銀の部分が黒っぽく変色していましたが、金色部分がきれいでした。

 r4syosoin4.jpg
 こちらは銀壺(ぎんこ)
 写真では銅みたいな色に写ってますが、実際は銀色です。
 かなり大きな壺で、正倉院宝物の中では最大の金属壺だそうです。
 この壺の表面にもびっしりと文様が彫られています。
 絵の内容は狩りのようでした。

 この他にも、およそ20㎝前後の小さな刀子(とうす)の鞘にきれいな文様が施されていたり、衣装や布なども文様がありました。
 どれもすごく細かいので、夫からのプレゼントの単眼鏡が大活躍。
 それでも捉えきれないほどの細かい文様の品もあり、拡大写真のパネルを見て「こんな文様なのかぁ~」と感心しました。

 r4syosoin5.jpg
 こちらは文様ではないのですが、力士の伎楽面です。
 このお面、思ったより後頭部が後ろに張り出していました。
 顔の穴は、ひげを植え付けていたのでしょうかね?

 去年も書きましたが、正倉院の宝物は、大きくは次の4つに分かれています。
 ・光明皇后による東大寺への献納品(聖武天皇の愛用品など) 
 ・東大寺での法要の関連品 
 ・造東大寺司(東大寺の造営に携わった役所部門)関連品
 ・聖語蔵の経巻(元は尊勝院所蔵だったが、明治26年に皇室に献納。正倉院が管理することになった)


 ということで、展示の後半は、経典や東大寺に関する文書が展示されていました。
 比較的読みやすい字で書かれているので、読めば面白いのでしょうが、もう既に疲れてしまっていて字が読む気力がわかない^^;
 なので図録(1300円)を購入。
 あとで図録を読もうと思いながら、まだ読めていません^^;

 今回は小さな文様を施した品々が多く、少し地味めの内容でしたが、小さな文様ということはそれだけ細かい作業を要するということだと思いますので、凝った品々を見せてもらったと言えるかもしれません。

 奈良公園バスターミナル菊人形展('22.10.29~11.6まで)は今年も開催されていました。

 r4syosoin6.jpg
 今年の正倉院展のメインの1つである「漆背金銀平脱八角鏡(しっぱいきんぎんへいだつのはっかくきょう)」です。

 r4syosoin7.jpg
 菊人形でも作られていました。
 いや、作っている最中かな?
 行った日が菊人形展の終わりの方だったので、痛んだ菊を替えているところだったのかもしれません。

 r4syosoin8.jpg
 華やかな菊人形によってでも、正倉院の宝物やいにしえの奈良の都人の様子が楽しめました^^

 奈良国立博物館
 住所:奈良市登大路町50番地 TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)
 正倉院展の開館時間:9時~18時(金・土・日・祝日は20時まで。入館は各閉館の30分前まで) 休館日:会期中無休

ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます^^

今年も…菊人形が素晴らしいですね☆彡
正倉院の宝物を菊で表現されているのがなんとも素敵……

「金銀平脱皮箱」は手が込んでいるだけあって…とても味がある作品です
素敵な作品と菊人形の記事をありがとうございました(^^)/ 
読ませて頂き…東大寺で写仏をした仏像を見た後…
正倉院へも足を延ばしたいと思いました

Comodoさん

こんばんは。
いつも嬉しいコメントをありがとうございます^^
正倉院の中は入れませんが、外側はいつでも見ることができます。
東大寺に行かれた折には、国宝の正倉院の校倉造を見てください。
そして、中には今回の記事のような宝物が保管されているのだなと
思っていただけると有難いです^^

No title

奈良公園バスターミナルの菊人形展 知りませんでした。
漆背金銀平脱八角鏡の菊人形上手く出来ていて、素晴らしいです。

今年の正倉院展は、膝の調子とコロナの状況、懐事情で久々に行くのを諦めました。
人数制限されているので、落ち着いて観られるのが良いですね。

こんにちは♪

正倉院展、ずーっと昔に行ったきりです。
私の友達はよく見に行かれているようですが・・
これって毎年違うものを出すのかしら?
どんだけたくさんあるのぉって感じですけど、テーマ毎になんですね。
私はチケット取るのが苦手なんです。
誰かがやってくれたらホイホイ行きますけどね。pp

八角鏡はよく出来ていますね。
特に縁の感じが素晴らしいです。

捨楽斎人さん

こんばんは。
正倉院展は、人数調整の予約制でありながら入る前にも並びましたし、
会場の中もすごい人でした。
正倉院展の人気は根強いですね。

奈良公園バスターミナルの菊人形展は、あやめ池遊園地の流れを
くんでいるそうですよ。
写真は皇極天皇ですが、天智天皇、天武天皇、額田王などの菊人形がありました。
それに正倉院宝物。
奈良らしいです^^
コメントをありがとうございました。

美風さん

こんばんは。
予約観覧は私も苦手です。
手続きが面倒なのと、1度出掛けると何か所もまわることが多いので、
予約時間を決めると自由度が減って効率よく回れないのです。
来年は自由観覧にしてほしいです。

正倉院の宝物は約9000件で、そのうち約60件が正倉院展で
展示されているそうです。
基本毎年違う宝物が展示されています。
計算上では全部見ようと思えば150年かかることになりますが、
文書関係も多いのです。
テーマにもよるのでしょうが、展覧会のメインとなるような見映えの
する工芸品は、数年から数十年ぐらいで2回目を見ることができるの
ではないかと勝手に思ってます^^

バスターミナルの菊人形展の八角鏡は、まだ途中みたいでしたが
きれいでした^^
コメントをありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる