fc2ブログ

京都国立近代美術館 「清水九兵衛/六兵衛」展

 もう少し早くにブログ更新をするつもりだったのですが、夜は眠くて眠くて・・・。
 すぐ横で気持ち良さそうに寝ているうちのニャンコを撫でていると、つられてうたた寝してしまいます。
 それでもさすがにそろそろ更新しないと展覧会が終わってしまうと、淡い危機感を募らせて書いています。 

 kiyomizukinbi1.jpg
 少し前になりますが、京都国立近代美術館で開催されている「生誕100年 清水九兵衛/六兵衛」展(’22.7.30~9.25まで。観覧料1200円)を観てきました。

 「清水久兵衛/六兵衛」とあるので、親子か師弟の展覧会かなと思っていたら、同一人物でした。
 彫刻家としての名前を清水(きよみず)九兵衛、陶芸家としての名前を清水六兵衛とされていたそうです。

 この人は本名を塚本廣(1922-2006)さんといい、東京藝大の彫刻科で学んでいらっしゃったのですが、在学中に京焼の清水(きよみず)家の娘さんと結婚して婿養子となって、陶芸を始められたそうです。
 1950年代から1960年代にかけて、日展の特選を連続受賞するなど陶芸家として高い評価をうけていたのですが、元々彫刻に興味を持ってられたので、「清水九兵衛」の名で抽象彫刻の制作をされたそうです。
 1980年に六代目清水六兵衛が急逝し、七代目清水六兵衛を襲名されました。

 ちなみに京焼とは京都でつくられた焼物のことで、清水焼とは清水寺の参道である清水坂、五条坂エリアで作られた焼物のことをいい、清水六兵衛の窯でつくられたものだけを清水焼というのではありません。

 この展覧会では、九兵衛を名乗る前の作品から晩年の作まで約170点展示されていました。

 初期の陶芸作品は花器が多かったのです。
 作品単独でも良い感じですが、花を生けたら更に表情を変えそうな作品が多かったです。
 芸術品なので花器として使うことは難しいのかもしれませんが、1点ぐらい花を生けた状態で見てみたかったです。

 この人の作品は、端正な形の中に丸みやゆがみ、へこみをつけたりして、直線と曲線の融合という感じでした。
 シャープさの中にも丸みがあり、冷たすぎず暖かすぎず、バランスの良い作品という印象です。

 kiyomizukinbi2.jpg
 大きなオブジェなどもありました。
 曲線もありますが崩しすぎず、秩序を感じる作品が多かったです。

 kiyomizukinbi3.jpg
 作品が周囲の環境に溶け込み、調和するような「親和(アフィニティー、AFFINITY)」をテーマにした作品作りをされたそうです。
 1階のロビーですが、確かにこの空間用に作られたものではないのに、それほど違和感はなかったですね。

 コレクション展では、五代目六兵衛の作が展示されていました。

 kiyomizukinbi4.jpg
 こちらは「色絵秋草手焙」です。
 五代目は日本画家・幸野楳嶺に師事したそうです。
 秋草が美しい。

 kiyomizukinbi5.jpg
 こちらも五代目の作品で、看板にもなっている「大札磁花鳥文香炉」です。
 上品で優しい風合いの作品でした。

 kiyomizukinbi6.jpg
 こちらは六代目六兵衛の「燿青壺」という作品です。
 写真ではわかりにくいかもしれませんが、すごい緑色で、透明感がありました。
 この作品を見て、河井寛次郎を思い浮かべましたが、五代目・六代目は河井寛次郎とも関係があったそうです。

 kiyomizukinbi7.jpg
 同じく六代目の「古稀彩弦月壺」です。
 シブい美しさです。
 六代目は、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で竹内栖鳳や山元春挙に日本画を学んだそうです。

 kiyomizukinbi8.jpg
 清水九兵衛/六兵衛の初期から晩年までの作品と、先代・先々代の作品も見れる展覧会でした。

京都国立近代美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
 開館時間:10時~18時(金曜は20時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(月曜日が休日にあたる場合は開館し、翌日休館)、年末・年始、展示替え期間 
 
ポチポチっと押して励ましていただけるとうれしいです。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓ 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは^^

すみません…私は兄弟の芸術家だと思ってしまいました💧
陶芸と彫刻…2つの才能をお持ちとは凄い方ですね☆彡

「色絵秋草手焙」という作品は…透明な器に生花が入っているような
とても素敵な作品で…直接見たくなりました!
渋めの「古稀彩弦月壺」にススキを活けて…
隣りにお団子を置いてお月見したら雰囲気満点だろうな〜と
素人丸出しの意見で恐縮ですが…
美しい作品の数々に…目を奪われました^^

最後のお写真は…平安神宮の鳥居でしょうか?
↑違ったらすみません💧
また京都へ行きたくなりました!

Comodoさん

こんばんは。
そうなんですよ、私も同じ人だとは思っていませんでした。

「色絵秋草手焙」、きれいでした。
「古稀彩弦月壺」にススキを飾ってお月見だなんてステキ!
実はこの壺の銀色部分は月の形をしてまして、この壺をそばに置いて
おくと、遠くの月と近くの月の両方を楽しめますね^^

この鳥居はお察しの通り、平安神宮の大鳥居です。
この美術館の4階の窓からは、こんな感じで鳥居が見えます。
なかなか鳥居の上の部分は見れないので、ちょっと楽しいです。
ステキなコメントをありがとうございました^^

Ms.れでぃ様

「生誕100年 清水九兵衛/六兵衛」展は少々玄人好みの展示会と思い、今の所行く予定は入れていません。
写真を見せて頂く限りでは、現代的な作風の作品もある様で、少し興味をそそられます。

先日の京都新聞チャリティー美術展で、初めて陶芸家(14代今泉今右衛門氏)の作品を落札しました。今後は陶芸家さんの展示会にも出来る限り行きたいと思っています。

捨楽斎人さん

こんばんは。
私も陶芸などは詳しくなくて、この展覧会もなんとなく行っただけ
だったのですが、思っていた以上に良かったです。
それに九兵衛さんのオブジェを一度しっかり見ておくと、
他所で見てもすぐに九兵衛さんの作品だと認識できるようになります。
九兵衛さんの赤いオブジェは、京都市内のあちこちにあり、
捨楽斎人さんもいくつか目にされてますよ^^
私もこの展覧会を見終わってから「あっ!」と思いました(笑)
陶芸にオブジェ、コレクション展も観れてのこのお値段は、
お値打ちの展覧会だと思いました。


ところで、この前、落札されたのは今右衛門さんの作品だったのですね。
すごいじゃないですか!
焼物に詳しくない私でも名前を知っています。
落札できて良かったですね^^
コメントをありがとうございました。

こんにちは♪

彫刻家でもあり陶芸家でもある方ですか!すごいですねぇ。
赤の作品はインパクトがありますが、京都のあちこちに置かれているんですか!
京都・・いつから行ってないことか。。紅葉狩りに行きたいけど、すごい人でしょうねぇ。

暑い暑いと言いながらもこの台風の後は日差しもやわらいで、芸術の秋本番になりますね。
れでぃさんも忙しくなりそう^^

美風さん

こんばんは。
赤くて大きなオブジェはインパクトがありますよね。
これが九兵衛さんの作だったのかと、私も今回の展覧会を見て
知りました。
美術館に「九兵衛さんマップ」というのが置いてあり、
赤いオブジェがある場所が書いてあるマップがあったのですが、
それを見ると、市内に8個ぐらいありました。
京都駅の大階段にあるのは、美風さんも見られたことがあるかもしれません。

京都の紅葉狩りはきれいで良いのですが、移動手段のバスが
混むし渋滞するのが難です。
それでも、うちからだと奈良に行くより京都に行く方が近いので、
今年も紅葉狩りは京都に行くと思います。

実は今日、京都の展覧会巡りをしてきました。
忙しなく4か所まわって、超絶技巧の数々を観てきて大満足しました。
でも、疲れました^^;
コメントをありがとうございました^^
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる