fc2ブログ

京都国立近代美術館 「岸田劉生と森村・松方コレクション」展

 今日(3/7)で会期終了や前期展示が終わる展覧会がいくつかあったので、福田美術館、嵯峨嵐山文華博物館、京都文化博物館、京都国立近代美術館の計4館をまとめてまわってきました。
 行ったばかりなので、まだ整理ができていないのですが、今日で終了の近美の展覧会の感想を簡単に書いておきます。

 riuseikinbi1.jpg
 京都国立近代美術館では「岸田劉生と森村・松方コレクション」展('22.1.29~3.6まで。観覧料1500円)が開催されています。

 この展覧会は、京都国立近代美術館が2021年にあるコレクターから岸田劉生の作品42点を購入・寄贈で新たに入手したため、今までに所蔵していた作品と合わせて計55点を展示。
 いってみれば、岸田劉生の新収蔵品のお披露目のような展覧会でした。

 それらの作品を、生まれた場所である「銀座時代」、結婚と結核の発覚で療養のための転居地「代々木・玉川時代」、更なる療養先「鵠沼時代」、関東大震災からの避難地「京都時代」、関東へ帰るための「鎌倉時代」というように、場所別に分類し、劉生の画業を展望する内容でした。

 riuseikinbi3.jpg 
 初期である銀座時代の作品は、ゴッホの影響を受けていたとのことで、看板の右のように明るく激しい色遣いの絵が多かったです。
 ゴッホだけでなく、ムンク風の作品もありましたよ。

 代々木・玉川時代の作品は、少し宗教がかった作品が多かったような。
 
 鵠沼時代は麗子像がよく描かれた時代だそうで、今回のメインの作品の1つである「麗子裸像」もこの時期に描かれています。
 こんなに小さいのにモデルをして、しんどかったでしょう。
 麗子の気張りのようなものを感じる作品でした。

 京都時代は、お茶屋遊びを始めた劉生が描いた「舞妓図」がありました。
 モデルは贔屓にしていた舞妓ではなかったみたいですが、この絵は「麗子十六歳之像」につながっていくように思いました。

 鎌倉時代は、穏やかな風景画や、茄子や冬瓜などの野菜の絵などがありました。
 昭和3年の自画像はふくよかで元気そうだだったのに、翌年に亡くなるなんて本人も思っていなかったでしょうね。
 
 これらに加え、作品の旧所蔵者であった森村義行氏と弟の松方三郎氏のコレクション、劉生最大のスポンサーであった芝川照吉のコレクションも展示もされていましたが、今回それらは劉生以外の作品でした。
 このコレクションの方も良い作品が揃ってましたよ。
 とくに、ここで青木繁の「女の顔」を観れるとは!
 坂本繁二郎のらしくない暗めの色の作品もありました。

 ちなみに森村・松方兄弟は、国立西洋美術館の松方コレクションで有名な松方幸次郎氏とも兄弟みたいですよ。
 皆すごいですね。

 以前に大阪で観た岸田劉生展(その時の記事はこちら)より少し規模は小さめですが、コレクション展でも岸田劉生関連の展示がされていて劉生のことを多角的に楽しめる展覧会でした。
 コレクション展の方は、また別の機会に書けるようなら書きますね。

京都国立近代美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
 開館時間:9時30分~17時(金・土は20時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(月曜日が休日にあたる場合は開館し、翌日休館)、年末・年始、展示替え期間 
 
ポチポチっと押して励ましていただけるとうれしいです。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓ 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

れでぃさんは一日に4カ所も行かれたのですか!
私の2ヵ所を上回るスケジュールですね。
私は日本の画家さんはおとんど知りませんのでチンプンカンプンです。ごめんなさい。。
昔の方は結核になることが多かったのですね。
実家の近所にもいて、大きなお屋敷の別棟に隔離されて療養していたそうです。

美風さん

こんばんは。
あまり外出は推奨されてませんので、夜間拝観日にまとめて行きましたが、
さすがに疲れました^^;

結核は、今はBCGを赤ちゃんの時から打ちますし、良い薬もでているので
そんなに怖い病気ではなくなりましたが、昔は大変だったと思います。
家にいながら別棟で隔離と、サナトリウムのような療養所に入院とでは
どちらの方が良いのでしょうね。
どちらにしろ辛かったと思います。
良い薬ができて良かったとつくづく思います。
コメントをありがとうございました。

Ms.れでぃ様

京都国立近代美術館 「岸田劉生と森村・松方コレクション」展に行かれましたか!
私は掛け軸の方が良かったと思っています。
同時代の画家の洋画に比べると一部の作品を除き、洗練さが少しス即していると思いました。
でも、当時の日本の洋画家の中では優れた画家と思います。

捨楽斎人さん

おはようございます。
会期終了の前日に行けました!
まさにギリギリです。

掛軸って、釣りしたり雪見風呂に入ったりしていた作品ですか?
あれは楽しそうでしたね^^
確かに劉生の絵は土臭いところがありますよね。
でも、重すぎないところが私は好きです。
この時代の洋画は重すぎ・暗すぎのところがありますからね。
コメントをありがとうございました^^

No title

おはようございます^^

先日の宝塚ポタリングにも驚きましたが…
今回はミュージアム4か所…素晴らしい行動力です☆彡

住居が何回も変わるって大変だったと思います
鵠沼は江の島ですと…とても海が綺麗な素敵な所ですが…
結核療養となると……
伯母が結核病棟の看護師をしていて…
当時はとても大変な病気だったと聞いていました

看板の右の風景が…素敵すぎます☆☆☆
苦労された方だからこそ…このような抒情的な作品を残されたかも…
素人ながら…そんな風に思いながら読ませて頂きました!

Comodoさん

こんばんは。
美術館や博物館は、金・土曜日に夜間開館しているところが多いのです。
それで4館まわれました。
閉館時間が5時までなら難しいです。
でも4館も行くと、さすがに疲れますけどね^^;

引っ越しって大変ですものね。
転地療養なんで仕方がないとはいえ、ほんと大変だったと思います。
この岸田劉生のところは、奥さんが良くできた人だったみたいです。
奥さんが頑張られたのだと思います。

結核は、昔は怖い病気でした。
昔の画家や小説家で早逝されている人は、ほとんどが結核か自殺です
ものね。
不治の病でなくなって良かったです。
新型コロナも早く薬ができたら良いですね。

Comodoさんの伯母さんというのは、この間の優しい伯母さんのこと
ですか?
看護師さんでしたか。
きっと患者さんから好かれる看護師さんだったでしょうね。

Comodoさんもさすがに音楽をやってられるだけあって、感性が
豊かですね^^
コメントをありがとうございました。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる