fc2ブログ

兵庫 六甲アイランド 神戸ファッション美術館「深堀隆介」展

 fukahorik1.jpg
 10月の下旬に神戸ファッション美術館で開催されている「金魚絵師 深堀隆介 金魚鉢、地球鉢」展('21.9.11~11.7まで。観覧料1000円)を観てきました。
 まだ記事にしていませんが、大山崎山荘で開催されている展覧会でも展示されていて、そこでの作品を見て興味を持ち行ってきました。

 会場には金魚・金魚のオンパレードです。

 fukahorik2.jpg
 これはチラシに載っていた作品ですが、こういった金魚がたくさんいました。
 ただ動いてはいません。
 止まっています。
 本物のようにしか見えないこれらの金魚は、全部「絵」なのです。
 って、金魚絵師と書いている段階でわかりますかね(笑)。

 でも実際に見ても、立体的で本物そっくりでした。

 作り方(描き方?)が会場でもチラシにも載っていましたが、容器(桝や金魚鉢など。これは本物)樹脂(水のように見える部分)を流し込んで乾かし、その上からアクリル絵具で少しずつ絵を描いていき、また樹脂を流し込んで乾かし、その上から続きを描くということの繰り返しで、このような立体的な金魚絵が出来上がるそうです。

 下描きもなしだそうで、中には少しですがずれたかのような金魚もありましたが、本当に絵なのだなと思われ、それもまた楽しい。
 樹脂を乾かすのも2日かかるそうで、時間も手間もかかっている繊細な作品なのだなと思いました。
 
 それに自分が見つけた画法をチラシに載せるなど、惜しみなく公開するところもすごいですよね。
 つくり方を教えても、簡単には描けないよということでしょうか。

 fukahorik3.jpg
 こちらもチラシからの抜粋ですが、本当に細かくて、金魚の他に藻なども浮かんでいて、よけいにリアルに感じます。
 古道具と組み合わせている作品も趣きがありましたよ。

 fukahorik4.jpg
 会場は撮影禁止なのですが、ここだけ写真可だったのですが、暗かったのでボケボケです(苦笑)
 
 fukahorik5.jpg
 縁日の金魚すくい、それまでの展示の後に見ると、これだけの規模の作品を作るにはどれだけの時間がかかったのでしょうね。
 すごいです。
 
 会場では、この金魚絵を思いついた時のことなどを綴った制作ノートなども展示され、金魚への想いも感じ取れます。
 最近は本物の金魚を見せる展覧会もありますが、生き物ですのでね。
 私はこちらの方が安心して楽しめます。
 楽しく、驚きの展覧会でした ^^)

神戸ファッション美術館
 住所:神戸市東灘区向洋町中2-9-1 TEL:078-858-0050
 開館時間:10時~18時(入館17時半まで)、休館日:月曜、年末年始(12月29日~1月3日)

ポチポチっと押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
 ↑
ありがとうございます。
 ↓
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

なるほど。全然わからないわ。^^;
金太郎飴みたいに描いていくのかな?
樹脂の中に、金魚の立体的な絵が埋まっている状態になるのかな?

見て見たかったなあ。^^
リポートありがとう!

No title

こんばんは^^

美術館…絵師…金魚の写真???
頭に?をいっぱいつけて読ませて頂くと…
こちらは絵だったのですね!?
あまりにもリアルで混乱しました(^-^;

画法も…匠の技という感じで…手間がかかっていますが
お祭りの様子には…遊び心があって…
素敵な展示会……近かったら行きたかったです

金魚とお祭りが好きなので…すっかり楽しませて頂きました♪

らいとNGC7000さん

こんばんは。
金太郎あめですか、なるほど。
私は重ね合わせるところが版画みたいだなと思いました。
実際は、樹脂とアクリル絵具のミルフィーユ状態を上から見るという感じでしょうか。
多分、樹脂の上に金魚の絵を1枚全部描いても立体には見えないんだと思います。
何層にも重ね合わせているからこその立体感なのでしょう。
難しそうでしたよ。
見る方は楽しかったですけどね。

コメントをありがとうございました。

Comodoさん

こんばんは。
そうなんですよ。
私もチラシを見た時は、枡に入った金魚の写真かと思いました。
(ちなみに枡は本物です)

金魚すくいの屋台、下の桶(?)の中の金魚はもちろん、袋の中に
入ってる金魚も絵です。
そして水に見えるのが樹脂です。
おっしゃるとおり、匠の技ですよね。
見るのは楽しかったです。

コメントをありがとうございました。

Ms.れでぃ様

深堀隆介さんの展覧会を以前大丸京都んのイベントホールで見ました。
展示会の志向が非常に面白かったです。

又、先日 大山崎山荘で開催された「和巧絶佳展」でも展示されていました。本当にリアルですね。

捨楽斎人さん

こんばんは。
私は大山崎山荘での展覧会を見て、今回の展覧会を観に行こうと思いました。
絵とは思えないぐらいのリアルさですよね。
大丸京都の展示はどのようだったのですか?
面白い展示方法だったのですか?

大山崎山荘の展覧会の記事も書かないといけないのですが、
正倉院展も見てきたので、会期の関係から先に奈良博の
記事を書くと思います。
なかなか忙しいです ^^;)
コメントをありがとうございました。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる