fc2ブログ

京都 泉屋博古館②「泉屋ビエンナーレ」展

 biensen1.jpg
 今回は泉屋博古館で開催されているもう1つの展覧会「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」展('21.9.11~12.12まで。企画展込み観覧料800円)の紹介です。

 泉屋博古館には、前回櫻谷さんの記事の時に紹介した第15代住友家当主・住友吉左衞門友純が蒐集した古代中国の青銅器のコレクションがあります。
 すごく充実したコレクションなのですが、私は何回も見ているので最近では企画展を観に行っても青銅器館の方はパスしていました。
 今回久しぶりに見ると、展示数も絞ってずいぶんとすっきりしていました。
 文様についてや中国の青銅鏡について書かれた解説チラシなども置かれ、わかりやすいです。

 biensen2.jpg
 これは「虎卣(こゆう)」といいますが、古代中国の青銅器ってこういった呪術めいた文様がいっぱい施されています。
 青銅器館には、こういった精緻ですが不思議な青銅器がたくさん展示されています。

 今回の展覧会は、現代の鋳金作家にこれらの中国青銅器からインスピレーションを受けた作品の制作を依頼し、できた作品を展示したものだそうです。
 新しく新作を依頼って、小さい作品もありましたが、9人の作家さんによる計33点もの作品がありましたよ。
 さすがは住友家!
 芸術に新しくお金をかける心意気が良いですね~(拍手)

 この展覧会は写真撮影可だったので、少しだけですがお見せしますね。

 biensen3.jpg
 ちょっとピンボケしてますが、元型の写真です。
 「鴟鴞尊(しきょうそん)」という商(殷)後期のミミズク形のお酒入れです。

 biensen4.jpg
 この鴟鴞尊からインスピレーションを受けて作られたのが山下真守美さんの「夜の集」です。
 これはなんとなくわかります。

 biensen5.jpg
 そして、こちらが同じく鴟鴞尊からの着想の三上想さんの「鳥の青銅花器と繋ぐ花」です。
 ここまでくると、共通点は「鳥」でしかないような ^^;)
 ずいぶんとかわいくなりましたけどね。

 biensen6.jpg
 かわいいといえば、佐治真理子さん作の「きいてみたいこと~Who are you?~」
 饕餮文など、元々怪獣の顔なのですが、それをそのまま顔にしてヒト型にするとは!

 biensen8.jpg
 またそれがなんとなくカワイイ。
 でもよく考えてみれば、入れ物に顔の文様を施した古代青銅器の時代の発想と似ているといえば似てます。
 看板やポスターのメインになるだけあって、私もこの3体の人形の作品が一番気に入りました ^^)

 biensen7.jpg
 作家さんの発想力ってすごいな~と感心するとともに、形は変わっても、こうして文化はつながっていくのだなと思った展覧会でした。
 (写真は山下真守美さんの「おはこびうま」です)
 
 この展覧会は12/12までです。
 青銅器館の展示と一緒に見ると面白いですよ。

泉屋博古館
 住所:京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24 TEL:075-771-6411
 開館時間:10時半~17時(入館は16時半まで)
 休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日代替休)、展示替期間、展覧会の会期中にも臨時休館日がある場合有り。

ポチポチっと押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
 ↑
ありがとうございます。
 ↓
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
ビエンナーレですから、2年に一度あるんですね。
個性的で面白い青銅器だなあ、と思って読みました。
文様の施し方が丁寧で、当時もこうしていたのかなと
想像力がふくらみます。
コロナが終息宣言すれば、喜んで大阪に行くのですが。
もうしばらくの辛抱、様子を見ています。

らいとNGC7000さん

こんばんは。
コメントをありがとうございます。

言われてみればそうですね。
泉屋さんのは今回が初めてですが、ビエンナーレですのでこれから
2年に1回開かれるのかもしれません。

3000年前の中国の青銅器の不思議な文様は細かいです。
当時の青銅器は写真撮影が可能かわからなかったので撮っていませんが、
ちゃんと元型となった青銅器も展示されていました。

今日のニュースで、京都の観光客が戻って来たとのことです。
こちらの美術館は京都ですので、機会があれば行ってみてください。
大阪もだいぶんコロナ感染者数は減ってきたのですが・・・。

こんにちは♪

3000年前の中国ですか?
この前1000年前の韓ドラを見ていましたが、想像もつきません。
でもどの時代にも芸術性のある貴重なものがありますね。

✿コキアは甘樫丘の道路沿いの植えられています。
多分まだ最近のことでしょうね。
明日香も私は石舞台のところしか行ったことがなかったです。
ブログで知ることができて良かったです♪

Ms.れでぃ様

泉屋博古館に先週、子供が行ってきました。
「泉屋ビエンナーレ」展も非常に良かったと言っていました。
売店の前で販売していた花瓶を購入してきたようです。
この花瓶、私も購入するか迷ったものです。

佐治真理子さんの作品も売店で販売している様で、購入しに行こうと思っています。

No title

こんばんは^^

青銅器の事は…絵画よりも疎いですが…
遊び心がある…面白い展示会ですね♪

「鳥の青銅花器と繋ぐ花」の
Ms.れでぃさんの感想に…思わずクスっと笑ってしまいましたが…
繋いだ花が素敵で…ほのぼのする作品です^^

昔の文化を大事にしながら新しい作品が生まれるって
素晴らしいと思います☆彡

miyakoさん

こんばんは。
1000年前が舞台の韓国ドラマですか。
歴史ドラマですね。
1000年前でも十分古いですが、日本だと1000年前だと平安時代ぐらいでしょうか。
飛鳥時代は約1400年前。
明日香村にある石造物も面白いと思っていましたが、それより1600年前の
中国の青銅器は、もっと呪術的で不可思議でした^^;)

甘樫丘について教えてくださってありがとうございます。
甘樫丘・雷丘の両方に昔行ったことはあるのですが、
結構しんどかったので、10年前にサイクリングで明日香村を
まわった時はパスしたのです。
今はこんなにきれいになっているなら、今度行った時は丘に登って
みないといけませんね ^^)
コメントをありがとうございました。

捨楽斎人さん

こんばんは。
お子さんはお父様と趣味が一緒だなんて、嬉しいですね ^^)
それも捨楽斎人さんが、欲しいなぁと思っていたものを
購入されたなんてお目が高い。
良かったですね ^^)

コメントをありがとうございました。



Comodoさん

こんばんは。
古代中国の青銅器、以前ブログにも書いたことがあるのですが、
あまり思い出したくない苦い思い出がありまして、
私もちんぷんかんぷんなのですが、今回の花とハトの置物は、
元の形からずいぶんとメルヘンチックに変身したなぁと思いました(笑)

おっしゃるとおり、こうやって昔の文化を引き継ぎながら新しいものが
作られるのだなと思いました。
コメントをありがとうございました。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる