fc2ブログ

大阪歴史博物館 「あやしい絵」展

 降ってわいたような4連休、私は美術館巡りをしてきました。
 楽しかったのですが、行く道中が暑くて、暑くて。
 そして感想を書こうにも、何かボーっとして考えがまとまりません。
 ・・・というのは、更新をサボってる言い訳でした ^^;)
 スミマセン。

 新型コロナの感染が再拡大しているため、寄り道もせず、お店にも入らずひたすら美術館だけをまわりましたので、しばらくは展覧会ネタになるかもしれませんが、興味のない方はご勘弁を。

 ayasireki1.jpg
 さて、最初に紹介するのは、大阪歴史博物館で開催されている「あやしい絵展」('21.7.3~8.15まで。観覧料1500円)です。

 この展覧会、面白かった~!

 ayasireki2.jpg
 展示されている絵は、今までに見たことがある作品が多かったのですが、同種類の絵を集めて展示されると面白味が増しますね。
 たとえば鏑木清方展というような中で展示されていれば、近代日本画の美人画の中の1作品として見てしまうところが、ちょっと一癖も二癖もあるような作品と一緒に展示されていると、単なる美人画ではなく凄みがでてくるような。
 そういった展覧会のタイトルに引きずられるところがある内容でした。

 ですが、展示されている作品は、海外・日本を交えて有名どころの作品が多い。
 西洋ではミュシャやロセッティ、バーン=ジョーンズ、日本では藤島武二や青木繁、鏑木清方、上村松園、村上華岳などそうそうたるメンバーの作品が揃ってました。
 あやしいといえば、血みどろ芳年の作品をはじめ明治の浮世絵も展示されていました。
 日本画の中でもデロリ系の甲斐庄楠音や岡本神草の作品も当然出品です。
 私は大正デカダンスの作品って、きれいとはっきり言いにくいところがあるのですが妙に惹かれます。

      ayasireki4.jpg
 こちらの作品は北野恒富の「道行」です。
 本当はもう一対屏風があり、そちらの方には喧嘩しているカラスが描かれています。
 近松門左衛門の「心中天網島」を題材にした作品で、遊女小春のなんともいえない表情に目を奪われました。

 写真はありませんが、青木繁の「黄泉比良坂」はなんとなくクリムトの作品に似てました。
 今回の展覧会には出展はありませんでしたが、クリムトの作品も「あやしい絵」に分類されると思います。

 この展覧会の良かったところは、単にあやしい絵を集めたというだけでなく、その妖しい作品が日本に入ってきた理由を系統立てて説明するような展示になっていたことです。

 西洋でラファエロ前派などで「宿命の女(ファム・ファタル)」が流行し、それが日本にも流入し文学で取り上げられ、それが既存の絵画にも影響を与え、今までの人形のような美人画から新たな美人画が出現したという流れになっていました。
 それらは時代や社会的背景を反映しているように思え、明治や大正の世相も感じ取れるところが良かったです。

       ayasireki5.jpg
 束縛と自由との葛藤の中で生まれたのが「あやしい絵」なのかもしれませんね。

 図録は2800円です。
 どうしようかと迷ったのですが、買っちゃいました。
 この展覧会は人気があるようで、夜間拝観で行ったのにも関わらず最後まで結構な人でした。
 グッズ売り場も昼間はいっぱいかもしれませんので、行かれる方は混雑覚悟で行った方が良いかもしれません。
 ですが、絵画好きにはオススメの展覧会です。

大阪歴史博物館
 住所:大阪市中央区大手前4丁目1-32 TEL:06-6946-5728
 開館時間:9時30分~17時(会期中金曜日は20時まで。入館は閉館30分前まで)
 休館日:火曜日(8/10は開館)、展示替え期間、年末年始(12/28~1/4)

ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは…

休日に美術館巡り…素敵ですね☆彡
私は…本当に絵画や文学に疎く…とっても難しいお話に…
今涼しい中で読ませて頂いても頭が働きませんが💧
最後の絵は怪しいというか怖いです(>_<)
でも…なんとなく理解できるような気もします……

的を得ていないので非公開にした方が良いと思いながら…
公開してしまい…すみません💧💧

SOTOさん…残念です…教えて頂き…ありがとうございました(^^)/

Comodoさん

こんばんは。
ご興味のない分野なのにコメントをありがとうございます。
すごく嬉しいです。

最後の絵を気にかけてくださってありがとうございます!
これは道成寺というお寺に伝わる安珍と清姫を題材にした作品です。
ご存知かもしれませんが、よかったら伝説についてはこちらを参考にしてください。
http://www.dojoji.com/anchin/

この絵は橘小夢の絵で、安珍が清姫に捕まって、一緒に鐘の中で燃え尽きるという、実際とは違って清姫の願望が満たされた状態が描かれています。
こういう男性の運命を狂わす女性を「宿命の女」と呼んでいますが、こういう絵を描く段階で、魅力的な女性に狂わせてほしいという男性側の願望が見え隠れしているような。
自由を欲していながら束縛にも憧れる、そういった葛藤があやしい絵の土壌になっているというのが私の解釈ですが、どうでしょう?

またまた訳のわからない長い返答になってすみません ^^;)
懲りずにまた展覧会についての感想をお聞かせ下さいね。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる