fc2ブログ

お伊勢参り③ おかげ横丁とおみやげ

 isemiyage1.jpg
 伊勢神宮にお参りした後に内宮近くにあるおかげ横丁に寄ってみました。

 isemiyage2.jpg
 写真ではそんなに人がいないように見えますが、実はここは人がいっぱいでした。
 というか、内宮や外宮はそれほど人はいなかったのですが、おかげ横丁だけが人だかりでした。
 それでも、通常よりはだいぶん少ないのでしょうが、2回目の緊急事態宣言が解除になったばかりの頃だったので、人の多さに圧倒されて飲食店には入りませんでした。
 美味しそうなお店はたくさんありましたし、伊勢うどんは1度食べてみたかったのですけどね。

 isemiyage3.jpg
 横道に入るとすぐに五十鈴川です。
 景色の良さにホッとしました。

 isemiyage4.jpg
 比較的空いている土産物店に入り、少しだけおみやげを買いました。

 isemiyage5.jpg
 伊勢は松坂に近いので、松阪牛の佃煮を購入。
 
 isemiyage6.jpg
 こちらはしぐれ煮ですが美味しいです。
 脂の融点が低いのか、口の中ですぐに溶ける感じです。
 ただ量が少ない。
 もっと食べたかった~。

 すじ肉の方は、もう少し肉質がしっかりしていて、こちらの方がまだ食べ応えがありました。

 isemiyage7.jpg
 こちらは私へのおみやげだと言って、夫がくれました。
 かわいいニャンコはみたらしちゃんという名前みたいで、しっぽがみたらし団子みたいになってます。

 isemiyage8.jpg
 思わぬプレゼントにニマニマして眺めていたら、すぐに袋を裏にされました(笑)

 今回の旅行記はこれでおしまいですが、次回は番外編として、御朱印をお見せしますね。
 
ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

もうもう、羨望の記事、そして羨望の風景。
実は去年の秋、お伊勢さまと犬山城の旅を考えていたのですが、
コロナの感染拡大と癌の転移が見つかったことで、
断念せざるを得なくなりました。
お伊勢さんは名古屋勤務の時代、何度か訪れたことがあります。
五十鈴川の清らかさには、神域の結界かと思うほどでした。
今、何十年ぶりかで五十鈴川の写真を拝見し、
当時の感激が蘇ってきました。
ただ、もっと川幅が狭かったように思えたのですが・・・
それから「おかげ横丁」!
お伊勢さんに来たら、絶対外せませんね!

と、書いてきたところで・・・?
ご主人からのおみやげ。
なんともはや、ごちそうさま(^^♪

NANTEIさん

こんばんは。
喜んでいただけて良かったです。

五十鈴川、本当にきれいですね。
私も神域だと思いました。
倭姫がこの地を聖地に選んだのも納得です。
以前はもう少し川幅が狭かったのですか?
私は小6の修学旅行以来なので、ほぼ初訪問に近いのでわかりませんねぇ。
すみません。

おかげ横丁は楽しそうでしたが、人気店は間隔も空けずに行列だったので飲食店には入らず、
餡策もすぐに終えましたが、新型コロナが落ち着いたら、またゆっくりと行きたいところです。

みたらしちゃんのお土産の件は、嬉しかったのでちょこっとだけ惚気てしまいました(笑)

コメント、ありがとうございました。

Cさん

こんにちは。
拍手コメントをありがとうございます。

伊勢神宮、内宮も外宮も大きな森の中を歩くという感じですが、とくに内宮が明るく清々しいです。
内宮の鳥居のすぐ近くにあるおかげ横丁は、レトロ風の建物が並んでいて、賑やかで、江戸時代の伊勢神宮の参拝者の気分が味わえます。
新型コロナが落ち着いたら、ぜひ ^^)
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる