fc2ブログ

大阪中之島美術館 「モディリアーニ」展

 静岡の旅シリーズに戻る前にもう1つ展覧会の記事を。

 amnakabi1.jpg
 今年(2022年)の2月に開館した大阪中之島美術館では「開館記念特別展 モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」展('22.4.9~7.18まで。観覧料1800円)が開催されています。

 amnakabi2.jpg
 この展覧会、構成がめちゃくちゃ良い!
 初めに社会的背景、モディリアーニの初期の作品、彼を取り巻く周辺の画家の作品、互いの影響下で完成されていったモディリアーニ独特の肖像画、そしてクライマックスに裸婦像をドーンと。
 もう盛り上がる、盛り上がる(笑)

 モディリアーニの肖像画の特徴の1つとして、アーモンド型の瞳を塗りつぶした目があるのですが、目を塗りつぶしても意外と表情は読み取れるものですね。
 目は口ほどにものを言うというので、目からの印象が薄まると皆同じように見えるのかと思ったら、ちゃんと内面が滲み出ています。
 これはモディリアーニの作品を並べて観てわかった収穫でした。
 そして、瞳のある作品も思ったより多くあるなぁという感想も持ちました。

 amnakabi3.jpg
 面白かったのは「ルネ・キスリング夫人の肖像」
 キスリングの描いた絵とモディリアーニが描いた絵が2枚並べて展示されていたのですが、キスリングが描いた妻の肖像画は、チラシの真ん中辺りの赤い服を着た女性です。
 本物の作品は、チラシで見るよりパッと目が惹きつけられる程色鮮やかでした。
 それに比べてモディリアーニが描いたルネ夫人は、男っぽい。
 確かにルネ夫人は男装を好んでいたそうですが、それでもモディリアーニの作品はヒゲまで生えていそうです^^;
 2人のルネ夫人への思いの違いを見るようですね。

 モディリアーニを多角的に見れる面白い展覧会でした。
 良かったです。

     amnakabi4.jpg
 会場を出て、エスカレーターに乗っていると、ヤノベケンジさん作の「ジャイアント・トらやん」が見え始めました。
 大きいです。
 高さ7.2Mもあるのですって。

 amnakabi5.jpg
 屋外の芝生広場には同じくヤノベケンジ作「シップス・キャット」がいます。
 芝生広場はカフェになっていましたが、この暑さでは外での休憩はちょっと厳しいかな^^;

 amnakabi6.jpg
 この美術館からは、隣の国立国際美術館と大阪市立科学館の姿がよく見えます。
 (この後、国立国際美術館の展覧会も見ましたが、よくわからなかったので感想はパスです。)

 amnakabi7.jpg
 渡辺橋駅に向かう途中で寄った、関電ビルとダイビルに挟まれたところにある「中之島四季の丘」にはアガパンサスがたくさん咲いていました。
 都会のオアシス、癒されますね^^

大阪中之島美術館
 住所:大阪市北区中之島4-3-1 TEL:06-4301-7285(なにわコール。受付時間:8時~21時)
 開館時間:10時~17時(入場は16時30分まで)
 休館日:月曜日休館(祝日の場合は翌平日)
 
ポチポチっと押して励ましていただけるとうれしいです。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓ 
スポンサーサイト



プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる