fc2ブログ

大阪 国立国際美術館「久保田成子/鷹野隆大」展

 kton1.jpg
 行ったのはだいぶん前になりますが、どう感想を書けばいいか思いあぐねて放っておいた展覧会、いよいよ会期終了となりますので、行った記録として記しておくことにします。

 大阪国立国際美術館では2つの展覧会が開かれています。

 1つは「Viva Video!久保田成子」展'21.6.29~9.23まで。観覧料1200円)です。
 
 kton2.jpg kton3.jpg
 こちらは新潟生まれでニューヨークを拠点に活躍したヴィデオ・アートのパイオニア久保田成子(1937-2015)さんの個展です。

 私はこの方のお名前も作品も今回初めて知りました。
 1960年代の前半、女性が海外で注目を集めるには、ここまでしなければならなかったのかと少々ショックを受けましたが、なにがなんでも注目を浴びなければという強い決意があったのだろうなということはわかりました。
 同じ女性として、そこまでしたことにある種の嫌悪感を持ちましたけどね。

 初めは写真を作品の媒体にしていましたが、そのうちビデオが安価になり、ビデオの映像と彫刻を組み合わせる「ヴィデオ彫刻」の制作がされます。
 その頃の作品になると、誰にでも受け入れやすくなり、普通に見てまわれました。
 
 映像も光を放ちますから、その移り行く映像の光を配置された水や鏡に反射させるといった作品が多かったように思います。
 写真OKの作品もあったのですが、撮った写真はほとんどブレブレ ^^;)
 まだマシなものを1枚だけ載せておきますね。

 kton4.jpg
 こちらは「スケート選手」という作品です。
 時間になると動くようですが、タイミングが合わず動いているところは見れませんでした。
 時間になると、この人形の胴体のところのビデオから映像が流れ、下のプリズムのような反射板に反射して、壁に映ったスペクトルの変化を楽しむのでしょうか?
 よくわかりませんが、動いてなくてもスペクトルはきれいでした。

 久保田さんの展覧会はこういった作品でした。

 kton5.jpg kton6.jpg
 もう1つの展覧会は「鷹野隆大|毎日写真1999-2021」展'21.6.29~9.23まで。観覧料1200円)です。
 この展覧会も私は何も刺さらなかったですね。

 「毎日撮るから[毎日写真]。それ以外に特段のテーマはない。むしろテーマやコンセプトといったものから離れて、無目的に撮ってみたいと思っていた。(-以後、略-)」そうです。
 この行為によって、写真家本人は得たもの、わかったことが多かったようですが、ただ写されたものを見せられても、こちらとしてはなんの感想も湧いてこなかったですねぇ。

 写真を「撮る」ことって、自分が興味を持ったものに対して残しておきたいという欲求によるものだと思うのです。
 その興味を持つ動機というのは、愛情のような愛着であったり、面白いと思った好奇心であったり、不思議さへの探求心であったりするわけですが、写真を「見る」ことで起こる感情は、動物や植物のようにパッと見て「きれい」だとか、「かわいい」などのわかりやすいものの他には、自分の過去の記憶に起因してることが多いのではないかと思っています。
 動植物のきれいやカワイイでさえ、記憶と結びついている可能性があります。
 多くの人がカワイイと思うものでも、嫌な記憶と結びついている人にはカワイイと思えませんものね。
 
 写真を撮る人がどんなことに興味をもっているのかは人それぞれですが、その興味の対象が狭ければ狭いほど、細かければ細かいほど、見る方の記憶との一致点が少なくて、見る側としては感想を抱きにくい。
 (それでも興味がドンピシャの人は必ずいますので、そういった人はコアなファンになってくれるでしょうけどね)
 記憶だけが全てではなく、なんの記憶や予備知識がなくても、バーンと人に衝撃を与える写真もたまーにありますが、それはもう別格といえるでしょう。
 
 写真の被写体には、多少たりとも写真家のそういった「思い入れ」のようなのが写っていると思うのです。
 見る方はそれを受け止めて、感想が出てくると思うのですが、そういったものをできるだけ入れないよう意識された写真というのはどうなのでしょう?

 たくさんのいろんなものを写した写真なので、中には記憶と一致させている人もいるかもしれません。
 毎日写真の他に、木村伊兵衛写真賞を受賞した作品も展示されていたみたいですが、私はどれもあまり興味も感想もわきませんでした。

 kton7.jpg
 ただこの作品は面白いなと思いました。
 「2017.12.2.♯a14」です
 これ、私が上下ひっくり返したのではないですよ。
 この状態で展示されていたのです。
 人ではなく影が主人公ですね (^^)

 あまりたいした感想もないと言いながら、つらつらと長文を書いてしまいました。
 多分私は、納得がいかないと怒っているのでしょう(苦笑)
 私はもっと単純にきれいだと思える、素直な写真が好きだわと思った展覧会でした。
 (あ~、ほったらかしにしていた記事がやっと書けた~。ホッ)
 
国立国際美術館
 住所:大阪市北区中之島4-2-55 TEL:06-6447-4680
 開館時間:10時~17時(金・土は~20時まで。入館は閉館30分前まで)
 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、展示替え期間、年末年始
 
ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓
スポンサーサイト



プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる