fc2ブログ

大阪 あべのハルカス美術館「ムーミン展」

 moominh1.jpg
 今回はあべのハルカス美術館で開催されている「ムーミン展」('20.7.4~8.30まで。観覧料1500円)の感想です。

 この展覧会は開幕直後の日曜日に観に行ったからかいっぱいで、別の日にもう一度観に行ってそれから記事にしようかなと思っていたのですが、この暑さでは多分もう行けないと思います。
 記憶も薄れてきていることですし、簡単に紹介しますね。

 moominh2.jpg
 ハルカス美術館では、2015年にトーベ・ヤンソンの生誕100周年の展覧会が開かれて、ムーミン関連の作品がたくさん展示されたのですが、今回は「日本フィンランド外交関係樹立100周年記念 ムーミン75周年記念 ムーミン展」なので、更に規模が大きくなって原画など約500点の展示です。

 moominh3.jpg
 7章に分かれているのですが、ムーミンって元は1945年から1970年に書かれた計9作からなる小説で、第1章はそれらの小説の構想段階スケッチや原画など240点が展示されています。
 1946年と1968年の原画が並べて展示されていたので、ムーミンの容姿の変化が見れて面白いです。
 初期のムーミンは簡素な線で目も小さいですが、1968年のは私たちの知っているムーミンに近くなっています。

 私たちの知っているムーミンといっても、日本のアニメでもムーミンはいろいろ変化しているのですけどね。
 ムーミンのガールフレンドのフローレンも、昔はノンノンでしたものね。
 原作では「スノークのお嬢さん」で名前もなかったのに、日本のアニメではノンノンになってるし、ムーミンも原作のシャープさがなく、トーベ・ヤンソンから「私のムーミンじゃない」とクレームがきて、かなり拒否されたみたいですが、トーベ・ヤンソンが来日してやっと「日本的なムーミンがあってもよいと考えるようになった」と言ってもらったみたいです。
 実際、原作のムーミンよりアニメのムーミンの方がポヨヨンとしてかわいいですもんね。

 第2章は、政治風刺雑誌「ガルム」のイラストを担当したトーベが、イラストの端っこにムーミントロールを描いており、その作品の展示です。
 これがトーベがはじめイメージしていたムーミントロールなら、日本のムーミンは全然違うと思うのも納得です。
 ガルム内のムーミンは、あまりかわいくなかったです(苦笑)。

 3章以降はヤーベの愛用品、絵本のムーミン、ムーミングッズなど、ムーミン関連の作品が多彩に紹介されています。

 moominh4.jpg
 最後の7章は、トーベが来日した時の写真やスケッチなどの資料の展示でした。
 チラシに載っていたものですが、トーベは浮世絵も参考にしていたみたいですね。
 こういうのを見ると、日本人としてはちょっと嬉しくなりますよね

 moominh5.jpg
 トーベ・ヤンソンを含めて、ムーミン全般を紹介した展覧会で、楽しかったです。
 でも、やっぱりムーミンといえば、私にとっては日本のアニメ版のムーミン(「楽しいムーミン一家」も含めてね)です。
 スナフキンもミーも、原作より日本版のキャラの方が安定感があり魅力的ですもんね
 
あべのハルカス美術館
 住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階 TEL:06-4399-9050
 開館時間:火~金10時~20時、月・土・日・祝10時~18時(入館は閉館の各30分前まで) 休館日:2020年7/6、7/13、7/20

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる