fc2ブログ

奈良 東大寺 お水取り(籠松明)

 otaimatu1.jpg
 奈良の東大寺では、天平時代から一度も中断したことのない宗教行事の修二会(しゅにえ)が毎年行われます。
 この行事は通称「お水取り」「お松明」と呼ばれ、お水取りが終わると春が来るとされ、関西では超有名な行事なのですが、毎年すごい人ということもあり、関西に住みながらまだ一度も参拝したことがありませんでした。
 
 今年は奈良国立博物館で「お水取り」展を見学したことと、新型コロナの影響で例年よりは人出も少ないだろうと踏んで、いそいそと出かけてきました。
 行った日は籠松明の3月12日です。

 otaimatu2.jpg
 池の辺りから大仏殿をゆっくり見たことはないかも。
 きれいでした。

 せっかくなので、修二会のことをもう少し書いておきます。
 修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言い、日常に犯しているさまざまな過ちを、二月堂の御本尊である十一面観世音菩薩(大観音・小観音。絶対秘仏)さまの前で懺悔し、その功徳により天下泰安・万民豊楽などを祈る法要だそうです。
 今まさに必要な法要ですね。

 otaimatu3.jpg
 「奈良太郎」と呼ばれる、日本三大名鐘の1つである大鐘の鐘楼の横を通って先に進みます。

 otaimatu4.jpg
 二月堂と三月堂(法華堂)の間の辺りに着いたのは、17時半前ぐらいだったでしょうか。
 初めて行ったので、いつもはどうかはわかりませんが、比較的すんなりと行けました。
 ですが、広場には既に人がいっぱい。
 どこが観覧に良い場所かわかりませんが、とりあえず二月堂の舞台が見える位置に行って、お松明が始まる19時半まで待ちました。

 二月堂の前の大きな木は「良弁杉」と呼ばれている杉で、立派です。
 謂れは、東大寺の初代別当の良弁(ろうべん)が赤ちゃんの頃ワシにさらわれ、この杉に引っかかっているのを後に師となる義淵に助けられ、僧侶として育てられたことからだそうです。
 良弁の生まれは、相模とも近江とも若狭ともいわれていますが、そんな遠いところから無事助けられたのですから、仏さまのご加護があるとされ、僧になられたのも納得です。
 ちなみに、この良弁杉は3代目だそうです。

 otaimatu5.jpg
 修二会の本行は、3/1~3/14(15日満行)までで、その間、お松明は毎日あがるのですが、12日だけは籠松明という他の日より大きなお松明が11本(他の日は10本)、時間も約45分(他の日は約20分、14日のみ約10分で10本)かけてあがります。

 otaimatu6.jpg
 時間になると、全ての灯りが消え、真っ暗になります。
 左の回廊を通って、舞台の左から右に向けてお松明をもって走られます。
 
 ちょっとうまく写真は撮れませんでしたが、まるで大きな火の玉が通っているように見えました。
 迫力があります。

 otaimatu7.jpg
 右の端に行くと、お松明の先が外に大きく出されます。

 otaimatu8.jpg
 そして、回転です。
 大きな火の花が咲き、火の花びらが舞っているようでした。
 美しくて、感動してしまいました。

 5本のお松明が終わったところで灯りが点いて、広場にいる人たちは帰路につかされ、広場に入りきれなかった人と交代です。
 私たちの観覧も終わりです。

 星がすごくきれいな夜空を見ながら、なんか満たされた気持ちになりました。
 良かったなぁ。
 また観に行きたいです。

東大寺

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト



プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる