京都 泉屋博古館「ちょっとパリまで、ず~っとパリで」展

 senparis1.jpg
 京都の泉屋博古館で開催されていた「ちょっとパリまで、ず~っとパリで 渡欧日本人画家たちの逸品」展('14.5.17~7.13まで。入館料730円)、紹介するのを忘れていました
 展覧会はもう終わっているのですが、黒田清輝つながりで少しだけ紹介しておきます。

      senparis2.jpg
 この展覧会は、19世紀末から20世紀前半にかけてパリに留学し、帰朝して日本にて活躍した画家と、そのままパリに居続けた画家の作品約50点が展示されていました。

 パリ留学後、日本にて活躍した画家は、黒田清輝、藤島武二、浅井忠などたくさん。
 ず~っとパリにいて、途中一時帰国したけれどパリで亡くなった画家は、有名どころとしては藤田嗣治、佐伯祐三、荻須高徳でしょうか。

 黒田清輝の「花と婦人」(チラシ一番上)は、人より花がメイン。
 それも大きくて華やかで豪華
 この前、黒田清輝展で観た花は「ダリア」で、こちらは菊かもしれませんが描き方がよく似ています。
 うん?今、見ると、花瓶は同じような
 描かれた年代はダリアの方が21年も後なのですが、花瓶はずっと愛用されていたのかもしれませんね

 藤島武二の「黒衣の婦人」(チラシ2段目左)は、有名な「黒扇」の女性とよく似ています。
 こちらは年代がほぼ重なりますので、モデルは同じ女性かも。
 黒扇が描かれたのはイタリア滞在中だったので、パリではないですが(笑)。
 でも、藤島武二がフランスに留学したのは確かですけどね。

 「黒衣の婦人」より、「幸ある朝」(チラシ3段目左)の方が私は好きかな。
 朝というよ夕方のような気がしましたが、なんとなく幸せな気持ちが感じられました
 
 幸せといえば、坂本繁二郎の「箱」という作品が私の今回の一番の気に入り
 ただ箱が5~6個パステル調の色彩で描かれているだけなのですが、なんか明るく穏やかな気持ちで観れる1枚でした。
 箱の中から幸せがにじみでているような

 もう終わっている展覧会なのにいろいろ書いてすみません。
 すぐには観れないかもしれませんが、住友グループの収蔵品ですのでまたいつか観る機会もあるかもしれません。
 その時にはチェックしてみてくださいね

泉屋博古館
 住所:京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24 TEL:075-771-6411
 開館時間:10時半~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日代替休)、展示替期間、展覧会の会期中にも臨時休館日がある場合有り。
スポンサーサイト
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示